ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

世界で活躍する日本選手たち

【 先週のREVIEW 】 10月21日- 27日

10月27日に発表された世界ランキング(日本人選手)
(500位までの選手)
丸山茂樹 26位 変わらず
谷口徹 44位 3アップ
伊沢利光 49位 変わらず
片山晋呉 50位 5アップ
中嶋常幸 102位 1ダウン
佐藤信人 104位 変わらず
尾崎将司 118位 変わらず
田中秀道 124位 2ダウン
手嶋多一 132位 2ダウン
宮本勝昌 142位 6ダウン
久保谷健一 155位 7アップ
今野康晴 158位 3ダウン
藤田寛之 161位 1ダウン
近藤智弘 176位 6ダウン
桑原克則 186位 6ダウン
室田淳 198位 4アップ
尾崎直道 204位 1アップ
深堀圭一郎 208位 変わらず
鈴木亨 210位 3ダウン
宮瀬博文 223位 3アップ
宮里聖志 236位 4ダウン
飯合肇 237位 16アップ
平石武則 246位 2ダウン
平塚哲司 252位 変わらず
横尾要 259位 21ダウン
細川和彦 269位 8ダウン
横田真一 273位 14アップ
檜垣繁正 285位 6ダウン
宮里優作 302位 4ダウン
丸山大輔 304位 11ダウン
友利勝良 310位 4ダウン
湯原信光 327位 1ダウン
米山剛 328位 4ダウン
加瀬秀樹 335位 5ダウン
菊地純 353位 2ダウン
渡辺司 358位 18アップ
川原希 365位 8アップ
今井克宗 366位 12ダウン
中川勝弥 380位 6アップ
小山内護 386位 4ダウン
真板潔 387位 4ダウン
井戸木鴻樹 394位 4ダウン
尾崎健夫 394位 1ダウン
星野英正 449位 1アップ
福澤義光 455位 8ダウン
東聡 464位 24アップ
野仲茂 471位 2ダウン
矢野東 473位 7ダウン
堺谷和将 484位 14ダウン

★米国男子ツアー 『Buick Challenge』
先週までに ツアー初優勝者が16人となっていた今年のUSPGAツアー、BUICKチャレンジを制したのは ツアールーキーのジョナサン・バードだった。 バードは クレムソン大卒の24歳、昨年は2部ツアーのBuy.Comツアー8位でPGAツアーに昇格していた。 優勝スコアーは27アンダー、最終日の63が光る。 2位には デビット・トムス。 トムスは最終ホールで6メートルのバーディパットを決めればプレーオフ突入だったが、ここで決める事はできなかった。 4打差の3位には最終日63を記録したミケルソンが入った。来週のツアー選手権に向けて、調子は良さそうだ。 新しいパター(キャメロン FUTURA)も話題になった。 日本勢は 5アンダーのカットをギリギリでクリアーした 田中秀道(71‐68)だったが、3日目体調不良で棄権となった。 賞金ランキングは90位に下がってしまった。田中はこれで今年のPGAツアーを終了した。(来週のサザンファームには出場しない)。 一方、シード権保持が気になる横尾要は 68-72、今週も先週に続き 1打カットラインに及ばず 予選落ちという厳しい結果に終わってしまった。 ランキングは127位変わらず。 来週の最終戦の逆転シードに期待したい。 USPGAツアーは賞金ランキング125位までがシード権獲得となる。126位から150位の選手は準シード権が与えられる。 準シードだと大体20試合前後に出場はできる。

・賞金ランキング (Buick Challenge 終了時)
順位/推移/選手/ 獲得賞金額/ 出場試合数
1位/(-)/タイガー・ウッズ/ $6,747,625/ 17試合出場
16位/(↓1)/丸山茂樹/ $2,103,594/ 23試合出場
90位/(↓4)/田中秀道/ $766,423/ 31試合出場
127位/(-)/横尾要/ $490,473/ 27試合出場
ノンメンバー/谷口徹/ $170,773/ 8試合出場
ノンメンバー/伊沢利光/ $114,204/ 7試合出場
ノンメンバー/片山晋呉/ $66,277/ 8試合出場

★米国男子ツアー 『2003年1次予選会』
2003年USPGAツアー出場を目指し、1次予選(13会場)のうち、8会場で試合が開かれた。 フロリダ州ブルックスビル会場で受験した レックス倉本(倉本泰信)は68 71 70 71 通算 4アンダー、18位タイで通過を果たした。 一方、同じフロリダ州ペンサコラ会場でトライした中村龍明は72 72 75 70、通算1オーバーで40位、カットラインに6打及ばず落選となってしまった。 同じ会場では 津田哲哉が通算11オーバー(77 80 70 72)で競技を終了している。カリフォルニア州ロンポック会場では ケン・タニガワ(アメリカ国籍)が2アンダーの5位で通過、渡辺トモは74 73 75 72、6オーバー、カットラインに2打足りなかった。
一次予選通過者: 松尾ヒロシ、貞方章男、倉本泰信(レックス)
二次予選予選から出場:今田竜二
最終予選から出場:佐藤信人久保谷健一

★米国シニアツアー 『Tour Championship』
アメリカの中西部 オクラホマ州で行われたシニアツアー選手権は 気温が下がり、厳しい戦いとなった。 そんな中、過去全英OPを5回制しているトム・ワトソンが最終日に5アンダー、67を記録し、ギル・モーガンを振りきって優勝した。 ワトソンは今シーズン2位が5回あったが、優勝はこれまでなかった。最終戦で優勝を飾るシーズンフィナーレとなった。 賞金王を決定していた ヘール・アーウィンは7打差の4位で競技を終了。 今年の獲得賞金額は 3,028,304ドル(約3億7600万円)。 この最終戦、青木功は出場していなかった。 青木のランキングは29位から31位にランクダウンしたが、青木功の賞金ランキングでのシード権獲得が決定している。(青木は生涯獲得賞金シードも確保している。)このUSシニアツアー、来年からは 名称を 「チャンピオンズ ツアー」と呼ばれる事が決まっている

★欧州シニアツアー 『Estoril Seniors Tour Championship』
ポルトガルで行われた ヨーロピアン シニアツアーの最終戦で優勝したのは イングランドのデニス・ダーニアン。 ダーニアン と イーモン・ダーシー(アイルランド)の2人は通算5アンダーで並び、決着はプレーオフとなった。 プレーオフ1ホール目でハプニングが起こった。 ダーシーが右の林に打ち込んでしまい、素振りで枝を落としてしまった。 ここで自らペナルティーを申告、コンシードとなり、あっさりとティショットだけで決着がついてしまった。 この優勝で ダーニアンがオサリバンを抜き、ランキング2位に上がった。この試合に海老原清治 とドラゴン滝は出場していなかった。 賞金王は 今シーズン3勝をあげた 海老原清治。 海老原の獲得額は 33万ユーロ強。 ドラゴン滝は32位。 全英シニアOPを制した 須貝は今年メンバーを辞退したのでランキングに載っていない。 須貝は来シーズン、ヨーロピアンシニアツアーに参戦予定。このあとシンガポールで試合が予定されているが、これは2003年の賞金ランキングに加算される。

★米国女子ツアー 『Sports Today CJ Nine Bridges Classic』
初めてアメリカLPGAツアー競技が 韓国で行われた記念の第1回大会を制したのは 朴セリ。 2週間前のトーナメント オブ チャンピオンズに続き、2連勝で今季5勝目を飾った。 朴は初日65という好スコア-でスタート、その後、天候が崩れ、強風となった中でもその貯金をキープし、6打差で優勝を飾った。 2位にはスウェーデンのカリン・コークアニカ・ソレンスタムは 朴と9打差の6オーバーで競技を終了した。この試合に日本人選手は出場していなかった。

★BUY.COMツアー 『Tour Championship』
最終戦、ツアー選手権は 悪天候の為、54ホールに短縮された。 ここで71‐69‐66、通算12アンダーで優勝したのは 今年3勝目となる パトリック・ムーア。 今季はマンデー参加で優勝したリッチモンド とレークエリーで優勝があった。 ムーアはシーズン3勝、バトルフィールドプロモーションで 来週のサザンファームビューロ クラシック(PGAツアー最終戦)に出場できる。 PGAツアー昇格となった15人の中には、オーストラリアの新鋭 アーロン・バデリー やニュージーランドのS・アルカーがいる。 この試合、今田竜二はランキングが下位の為、出場することはできなかった。 今シーズン、今田竜二の獲得賞金は$33.613、ランキングは105位で今シーズンを終えている。 ベストフィニッシュはオレゴンクラシックの9位。今田竜二は 2000年Buy.Comツアー優勝の資格で ツアー予選会は2次からの参加資格を持っている(フロリダ州オーランド会場で11月中旬に受験予定)。2003年シーズンは ツアーの名称が「ネーションワイド ツアー」に変わる事が決定した。

★ 世界アマゴルフチーム選手権
世界アマ選手権(男子の部)はマレーシア・クアラルンプールのサウジャナG&CCでが行われた。 優勝したのはアメリカチーム(DJトラハン、リッキー・バーンズ、ハンター・メーハン)が8アンダーで2位のフランス、3位のオーストラリア、フィリピンを振りきった。 個人の部ではオーストラリアのマーカス・フレージャーが8アンダーでメダリストに輝いた。 日本チームは 前週の日本OPの疲れがあったのか、初日チーム11オーバーで36位と出遅れた。 最終日は雨の為、特別ルールで上位20チームのみのプレーとなり、日本は21位で予選落ちとなってしまった。 宮里優作(東北福祉大学4年)は78‐71‐73、藤田 大(皐月GC佐野コース)は77‐85‐73、藤島豊和(東北福祉大学3年)は79‐72‐76。競技方法は 3名中2名のベストスコアーをその日のチームスコアとし、合計スコアで勝負を競う。


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~