2018/05/17関西オープン

47歳の歴代覇者・野仲茂が首位発進 石川、谷口は87位

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 初日(18日)◇小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7124yd(パー72) 歴代チャンピオン(2010年)の野仲が、ノーボギーの5アンダー「67」をマークし
2018/05/17関西オープン

シニア入りまで2年半 野仲茂が狙う2勝目の価値

野仲が5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、自身初めての単独首位スタート。「上出来です。一番上に立って調子が悪いとは言えません」と、表情を緩ませた。 2014年にシード権を失ってから下部ツアーを
2017/09/29elite grips challenge

野仲茂が逃げ切り優勝 下部ツアー4勝目

三重県のジャパンクラシックカントリー倶楽部 キングコースで開催された国内男子下部チャレンジツアー「elite grips challenge」最終日。46歳の野仲が5バーディ、1ボギーの「68
2017/09/28elite grips challenge

近藤龍一と野仲茂が首位発進 横尾要が1打差3位/チャレンジ初日

スタートしたが第1ラウンドを完遂。近藤龍一と野仲が6アンダーの「66」でプレーして首位を分け合った。 首位と1打差、5アンダー3位に横尾要、小野田享也、海老根文博の3人。4アンダー6位に山岡成稔、松本成太、前川太治、冨山聡の4人が並んでいる。
2018/12/03日本シリーズJTカップ

今平周吾が最優秀選手賞 最多6冠

(初) バーディ率賞:今平周吾(初) イーグル率賞:ウォンジョン・リー(初) ドライビングディスタンス賞:額賀辰徳(3年ぶり5回目) フェアウェイキープ率賞:稲森佑貴(4年連続4回目) サンドセーブ率賞:野仲(初) トータルドライビング賞:池田勇太(初) ゴルフ記者賞:今平周吾(初)
2018/10/05石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

嘉数光倫ら5人が11アンダーで首位/AbemaTVツアー

大祐、野仲、高橋賢、北川祐生、ヤン・ジホ(韓国)の5人が並んだ。 推薦で出場した13歳のアマチュア清水蔵之介(東京・八坂中1年)は3バーディ、5ボギーで、2オーバーの90位で予選落ちした。
2018/04/18i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘

宮里美香が予選通過圏内でスタート 首位に高柳直人

ツアーのシーズン第2戦が開幕。3日間競技の第1ラウンドが行われ、29歳の高柳直人が8バーディ、1ボギーの「65」で回り、7アンダーの単独首位発進を決めた。 1打差の2位に野仲と伊藤有志。さらに1打差の5
2017/06/30南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント

金子敬一が逃げ切りチャレンジ3勝目

、逃げ切って優勝した。2015年8月の「PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総」に続く、2年ぶり同ツアー通算3勝目。 2打差の通算8アンダー2位に竹内廉、通算7アンダー3位に野仲。通算6アンダー4位に塩見好輝が続いた。
2016/12/05

20歳星野が単独首位 堀川は7位で最終日へ/最終予選会

。 6日間108ホールを終えて上位35名に、優先出場権が付与される。 なお、野仲、横田真一、長谷川祥平、上井邦裕、塩見好輝、宮里聖志、金谷拓実(アマチュア)らは前日までの予選ラウンドで姿を消した。
2014/08/30アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント

昨年も芥屋から上り調子 2位の野仲茂は突然の好スコアに困惑

国内男子ツアー「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」の3日目。第3ラウンドを終えて、野仲が通算10アンダーの単独2位に浮上した。 前日の2日目は、18時31分に後半8番
2015/06/11ISPSハンダグローバルチャレンジカップ

野仲茂が逆転優勝 矢野東は25位/チャレンジツアー最終日

国内男子チャレンジトーナメントの第6戦「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」(千葉県・オークビレッヂゴルフクラブ)最終日、首位と2打差11位から出た野仲が7バーディ、ノーボギーの「64」を
2015/10/09石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

大会プロデュース石川遼の後輩 中里光之介が首位発進

あたる。 首位と1打差の2アンダー3位には秋吉翔太、清田太一郎、野仲の3選手が続いた。さらに1打差の1アンダー6位には西裕一郎、杉本晃一(※)、岩本高志、小斉平優和(アマ)の4選手が並んだ。 大会は2日間競技で、10日に最終日の競技が行われる。
2013/08/31VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント

野仲茂「ジャストタッチ」で高麗グリーン攻略

、ツアー2勝目を狙う野仲は36ホールを消化し、通算6アンダーの7位タイにつけている。 2日目の第2ラウンド前半プレー中にサスペンデッドとなっていた野仲は、この日残りの12ホールをプレーして3バーディを奪取
2015/05/16日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

右利き左打ちブランドが独走で最終日へ 6打差2位に川村と岩田

を追う。 通算10アンダーの4位に、イ・サンヒ、K.T.ゴンの韓国勢と、今季開幕戦を制したマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、野仲の4人が続く。 前年覇者の手嶋多一は36位からスタートし、最初の1番(パー5)でトリプルボギーを叩くなど「75」と崩れ、通算1オーバーの67位に沈んだ。