2003/04/03東建ホームメイトカップ

昨年まで仲間だった米山剛が首位、鈴木亨が単独2位

、シーズンの開幕となるのは今週だ。 3ヵ月を超える長いオフシーズンを終え、開幕初日から各選手好スコアをマークしている。単独首位に立ったのは、8アンダーをマークした米山米山は今シーズンから新しいクラブ
1999/05/30三菱自動車トーナメント

米山剛、シード11年目の初勝利!

意外なことにジャンボが伸びなかった。伸びるどころか後退ムード。後半さすがにバーディを放りこんで、かろうじてのパープレー。 試合は米山、細川和彦の2人のデッドヒートとなった。お互い一歩も譲らずの
1999/11/28カシオワールドオープンゴルフトーナメント

またも逆転。米山剛が3回目のV

日替わりでトップの入れ代わる今週。もう後のない最終日は片山晋呉、田中秀道がスコアを伸ばしきれず、かわって前日5位集団の米山、手島多一が大きく伸ばした。激しい首位争いは最終18番でバーディ、65
2020/08/30マルハンカップ 太平洋クラブシニア

篠崎紀夫が同級生プレーオフ制しシニア初優勝 藤田寛之は3位

洋雄、米山らと並び2打差の3位タイで終えた。 最終組のひとつ前の組で回っていた篠崎は正規の上がり2ホールでバーディを奪い、同じ1969年生まれの塚田とのプレーオフに持ち込んだ。「塚田くんとは同級生で
2003/04/06東建ホームメイトカップ

2日目以降イーブンパーのA.ストルツがツアー初優勝!

日のストルツは、首位と1打差の6アンダーでスタート。最終組でラウンドし、初日から首位をキープしていた米山をぴったりマークしていた。そして、4番パー5と5番ホールで連続バーディを奪い8アンダーの単独
2003/04/05東建ホームメイトカップ

雨と風、最悪のコンディションに米山が首位をキープ

時間が大幅に遅れてしまった。 そして、第3ラウンドがスタートしても雨は止む気配を見せず、風も強くなり選手たちはスコアを維持するために我慢のゴルフを強いられた。 首位は7アンダーの米山。初日8アンダー
1999/08/29久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント

米山剛、つば競り合いを制して2勝!

本来なら要注意の4連覇候補・ジャンボ尾崎がカヤの外。米山、野上貴夫、R.バックウェルなどが激しく競り合う試合展開となった。 米山が9番でひとつ落とし、この時点では野上初優勝の可能性も出てきたのだが
1997/10/16ゴルフダイジェストトーナメント

米山剛、10バーディの9アンダー!

ちょっと珍しいというか新鮮。米山が猛烈なバーディラッシュを見せて、なんと9アンダー。インスタートでいきなりバーディとし、以後とり続けてハーフ6バーディの30。アウトにまわってからも1番2番を連取し
1997/10/16ゴルフダイジェストトーナメント

米山剛、10バーディの9アンダー!

ちょっと珍しいというか新鮮。米山が猛烈なバーディラッシュを見せて、なんと9アンダー。インスタートでいきなりバーディとし、以後とり続けてハーフ6バーディの30。アウトにまわってからも1番2番を連取し
2002/12/26

世界で活躍する日本選手たち

320位 米山 323位 小山内護 342位 菊地純 356位 加瀬秀樹 364位 川原希 367位 今井克宗 368位 中川勝弥 369位 野仲茂 383位 真板潔 411位 井戸木
2002/04/12

世界で活躍する日本選手たち

196位 8ダウン 友利勝良 209位 1ダウン 飯合肇 212位 2ダウン 藤田寛之 216位 2ダウン 米山 225位 変わらず 真板潔 232位 5ダウン 平石武則 242位 2ダウン 細川和彦
2003/07/26サトウ食品NST新潟オープンゴルフ選手権競技

加瀬秀樹、米山剛が加わり、上位は混戦状態に突入!

新潟県の中峰ゴルフ倶楽部で開催されている、国内男子ツアー「サトウ食品NST新潟オープンゴルフ選手権競技」は、新たにスコアを伸ばす選手が現れ、混戦状態になってきた。 この日7ストローク伸ばした米山
2002/11/21

世界で活躍する日本選手たち

260位 ↓4 横田真一 263位 ↓2 檜垣繁正 285位 ↓1 宮里優作 292位 ↑13 友利勝良 293位 ↑17 丸山大輔 298位 - 米山 310位 ↑8 湯原信光 324位 ↓2
2002/12/19

世界で活躍する選手たち

320位 ↑1 米山 323位 ↑3 小山内護 342位 ↓1 菊地純 356位 ―― 加瀬秀樹 364位 ↓2 川原希 367位 ↑3 今井克宗 368位 ↑3 中川勝弥 369位 ↑3 野仲
2003/04/04東建ホームメイトカップ

上位勢スコア伸ばせず、混戦状態になってきた!

単独首位からスタートした米山と、米国のトッド・パーディ、オーストラリアのクレイグ・ジョーンズの3人が並んでいる。 朝から曇り模様の2日目は、冷たい風が吹き選手のスコアメイクを苦しめた。そして午後には
2002/11/07

世界で活躍する日本人選手

↓4 横田真一 264位 ↑9 細川和彦 276位 ↓7 檜垣繁正 286位 ↓1 丸山大輔 303位 ↑1 宮里優作 306位 ↓4 友利勝良 316位 ↓6 米山 324位 ↑4 湯原信光
2013/01/29週刊GD

「デッドゾーン」は右手1本練習で攻略できる!

3勝を挙げている米山プロが、このデッドゾーン」を攻略するポイントをレッスンしている。その中から、効果的な練習法をひとつ、ご紹介しよう。 * * * 短いアプローチが苦手な人は
2000/09/10サントリーオープンゴルフトーナメント

逃げきって真板潔、ツアー初優勝

かかっている。米山の場合は11年。その米山と同じ11年目にしてついに念願の優勝を手に入れた。 真板潔の前半はスコアカード通りだった。「辛抱することができた。(11番、14番バーディのあと)15番