世界ランキング 一覧≫


2018/08/17インディ女子インテック選手権

畑岡奈紗が2打差2位発進 単独首位にリゼット・サラス

レキシー・トンプソンは、横峯さくらとともに4アンダー22位。世界ランキング1位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)は2アンダー55位、野村敏京はイーブンパー100位と出遅れた。
2018/08/15ウィンダム選手権

好感触の手応えは「もうない」 松山英樹の苦闘は続く

ツアー最終戦「ウィンダム選手権」に出場する。次週からスタートする4試合にわたるプレーオフシリーズに備えて欠場する選手が多い中、世界ランキング16位はフィールド最上位。大会の公式サイトでは松山の出場を写真
2018/08/14GDOEYE

「全米プロ」は8月から5月へ 日本ツアーに影響は

、歴代優勝者や直近1年のPGAツアー優勝者などに加え、156人のフィールドが埋まるまで、大会直前の世界ランキング上位100位前後の選手に、ランク順に出場資格を付与している。 8月開催の場合は7月末頃の
2018/08/13ヨーロピアンツアー公式

奮闘しつつ惜敗も ラームら欧州勢3人

世界ランク5位の彼が2016年にプロへ転向したばかりであることは忘れられがちだが、ベルリーブCCで充実の1週間を送ったラームは、ベスト5入りを果たした今春の「マスターズ」に続くメジャーでの上位
2018/08/13全米プロゴルフ選手権

ウッズは2打差惜敗 18番で渾身のガッツポーズ

ホールアウトした。年明けの時点では「自分のスケジュールがどうなるか、何試合に出られるかすら分からなかった。毎試合が僕にとってチャレンジだった」。昨年末の世界ランキングは656位。それがいまや、26位にいる
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

メジャー2勝目なるか スコットの亡き仲間への思い

ランキングは現在76位に低迷しながら、久々にメジャータイトルを競い合う喜びを感じている。 今大会は開幕前日、悲報に揺れた。白血病で闘病生活を送っていた米下部ツアー2勝のジャロッド・ライル(オーストラリア
2018/08/11全米プロゴルフ選手権

時松隆光は予選落ちへ メジャー2戦とWGCの経験を日本に

)から国内ツアーでの戦いを再開する。現在の賞金ランキングは堂々のトップにいる。「ここ1カ月の経験を絶対に生かしたい。(目標は)賞金王とまでは言えないですけど、毎週コンスタントに15位以内に入って、徐々に
2018/08/11全米プロゴルフ選手権

悪天候順延で池田勇太が暫定16位 松山、ウッズは23位

「63」をマークしたブルックス・ケプカが通算8アンダーの暫定3位になった。 第2ラウンドを終えた世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、トーマス・ピータース
2018/08/10全米プロゴルフ選手権

松山英樹と池田勇太が16位発進 首位にウッドランド

アンダーの3位にブランドン・ストーン(南アフリカ)とザック・ジョンソンが続く。11人がひしめく3アンダーの5位グループに、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、2015年覇者のジェイソン・デイ
2018/08/10全米プロゴルフ選手権

【速報】松山と池田が2アンダー発進 DJがトップでプレー中

ランキング1位のダスティン・ジョンソンが13ホールを終えた時点で、5アンダーまで伸ばした。 タイガー・ウッズはイーブンパー、前年覇者のジャスティン・トーマスは1アンダーでホールアウトした。 【速報】日本勢
2018/08/09全米プロゴルフ選手権

メジャー初制覇なるか フリートウッドの職人気質

・フリートウッド(イングランド)唯一人だった。昨季の欧州ツアー年間王者は今季「アブダビHSBCゴルフ選手権」の1勝(通算4勝)ながら、欧州のポイントレースで3位、米ツアーでは23位。世界ランキングは11
2018/08/08ヨーロピアンツアー公式

F.モリナリ 「全米プロ」へ“メジャーな”変更はなし

「イタリアオープン」でも2位に入り、年間ポイント争いの「レース・トゥ・ドバイ」ではトップを快走中。最新の世界ゴルフランキングでも6位に上げている。 昨季、この大会で2位に入ったモリナリは、これまで
2018/08/08ヨーロピアンツアー公式

データで見る「全米プロ」注目の欧州勢3人

ランキングを駆け上がった。また、今季はその好調ぶりを数字に反映させており、25ラウンド以上プレーしている選手の中では平均飛距離(317.3yd)で2位にランクインしているほか、ティからグリーンにかけて
2018/08/06全英リコー女子オープン

「スモウレスラー」との婚約 比嘉真美子に海外勢も興味

た。日本の報道陣も海外メディアから「真美子がスモウレスラーと結婚するって本当か?」と確認された。 興味を持ったのはメディアだけでなく、決勝ラウンドの2日間で同組だった世界ランキング8位のミンジー・リー
2018/08/05バラクーダ選手権

A.パットナムが首位 ツアー唯一のポイント積み上げ方式

ポイントの7位に後退。大会連覇を目指すクリス・ストラウドも33位から出て通算26ポイントの7位で最終日に臨む。 世界ランキング上位選手が同週開催の「WGCブリヂストン招待」に出場する中、ツアーでは唯一