世界ランキング 一覧≫


2018/06/21

宮里藍さんが結婚を発表 33歳の誕生日に入籍

ていけるよう、温かい家庭を築いていきたいと思います」と結んだ。 宮里さんは元世界ランキング1位で女子ゴルフ人気をけん引。プロ転向から14年間で築き上げた通算23勝(日本14勝、米国9勝)の華々しい
2018/06/21トラベラーズ選手権

心に残るモヤモヤと切り替え 小平智メジャー明けの連戦へ

・マキロイ(北アイルランド)らの姿がある。世界ランキングトップ10のうち、5選手がメジャーからの連戦を迎える。 米ツアーのフィールドの厚さを再認識しながら、ショットメーカー有利とされる6841ydの短い林間コースに「予選
2018/06/20NW アーカンソー選手権

畑岡、野村、上原が出場 ユ・ソヨンが連勝&連覇に挑む

のユ・ソヨンが通算18アンダーで制し、自身初の世界ランキング1位に上り詰めた。昨年に引退した宮里藍さんが、歴代チャンピオン(2012年)に名前を並べる大会でもある。 ユは前週の「マイヤーLPGA
2018/06/19マイヤーLPGAクラシック

鈴木愛は20位、ユ・ソヨンは5位へ浮上/女子WR

18日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表された。前週、国内女子ツアー「ニチレイレディス」を制して今季4勝目を挙げた鈴木愛は、19ポイントを獲得して1ランクアップの20位。同じく米女子ツアー「マイヤー
2018/06/18ヨーロピアンツアー公式

ケプカがシネコック・ヒルズで歓喜の連覇

位には通算3オーバーとした世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。さらに1打差の4位には「マスターズ」王者のパトリック・リード、2打差の5位には米国のトニー・フィナウが入った。 通算6オーバーの6
2018/06/18全米オープン

ケプカが29年ぶり「全米OP」連覇 松山英樹は16位

オーバーの3位に、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。通算4オーバーの4位に、4月「マスターズ」に続くメジャー連勝がかかっていたパトリック・リードが続いた。 54位からスタートした松山英樹は、前半
2018/06/17全米オープン

特別推薦で出場の48歳フューリック 最年長優勝へ3打差

、成績は下降をたどり、現在の世界ランクは279位。今大会は全米ゴルフ協会(USGA)の特別推薦によって出場権を得た。 快挙の可能性を前にしても、米ツアー通算17勝のベテランは「この出場機会をもらえて感謝している。目の前の一つ一つに集中していくよ」と冷静だった。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)
2018/06/16全米オープン

首位とは9打差 松山英樹「伸ばすしかチャンスない」

からの大会最大逆転差は1975年のルー・グラハムの11打だが、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンがトップを快走する厳しい状況。ただ、天候次第でコンディションが大きく変わるのも事実だ。 「9
2018/06/16全米オープン

唯一アンダーパーのDJが首位 松山英樹は26位で決勝へ

伸ばし、フィールド唯一のアンダーパーとなる通算4アンダー単独首位で決勝ラウンドに進出。後続に4打差をつけて、世界ランキング1位が2016年に続く大会2勝目へ前進した。 通算イーブンパーの2位にスコット
2018/06/16マイヤーLPGAクラシック

横峯さくらは1差2位で決勝へ 前週に続いて首位争い

アンダーの単独首位には世界ランキング6位のユ・ソヨン(韓国)。横峯と同じ通算12アンダーに、こちらも「64」と伸ばしたサンドラ・ガル(ドイツ)が並んだ。さらに1打差の4位にカロリン・マソン(ドイツ)が続く
2018/06/15全米オープン

D.ジョンソンが2大会ぶり制覇へ首位 松山英樹は6差46位

したのはわずか4人(出場156人)にとどまった。前週の「フェデックス セントジュードクラシック」で優勝して世界ランキング1位に返り咲いたダスティン・ジョンソンが「69」で回り、1アンダー。スコット
2018/06/15マイヤーLPGAクラシック

横峯さくらは4打差10位発進 ユ・ソヨンら首位

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 初日(14日)◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6451yd(パー72) 元世界ランキング1位のユ・ソヨン(韓国)とケリー・ションが「64」をマークして
2018/06/14ツアーギアトレンド

開幕の前に!「全米オープン」仕様のヘッドカバーをチェック

ロングアイランドの最東端、モントークポイント灯台をあしらった。同社が展開するオデッセイパターももちろん同じ。 ■ニューヨークと言えば…のテーラーメイド 世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンをはじめ
2018/06/14全米オープン

米ツアーメンバーで臨むメジャー 小平智の戦略と目標

保つ。 予選ラウンドは世界ランキング11位のポール・ケーシー(イングランド)、欧州ツアー8勝のブランデン・グレース(南アフリカ)と同組。「身の丈に合わない期待はしない。最低、予選は通過して上位争いをしていきたい」。(ニューヨーク州サウサンプトン/林洋平)