ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

世界で活躍する日本選手たち

【 先週のREVIEW 】 9月16 - 9月22日

9月23日に発表された世界ランキング(日本人選手)
(500位までの選手)
丸山茂樹 25位 2アップ
伊沢利光 48位 4ダウン
片山晋呉 58位 1アップ
谷口徹 60位 3ダウン
中嶋常幸 101位 1ダウン
佐藤信人 113位 1ダウン
手嶋多一 123位 3アップ
尾崎将司 127位 6ダウン
田中秀道 137位 2アップ
宮本勝昌 140位 1アップ
久保谷健一 152位 5ダウン
近藤智弘 158位 3ダウン
今野康晴 164位 変わらず
藤田寛之 174位 1アップ
尾崎直道 191位 1ダウン
鈴木亨 198位 変わらず
室田淳 200位 1アップ
宮瀬博文 214位 4ダウン
深堀圭一郎 217位 4ダウン
桑原克則 219位 5アップ
横尾要 229位 3ダウン
平塚哲司 243位 1ダウン
平石武則 248位 3アップ
飯合肇 253位 3アップ
細川和彦 277位 3ダウン
宮里聖志 280位 8ダウン
檜垣繁正 288位 1ダウン
横田真一 291位 3アップ
米山剛 299位 3アップ
丸山大輔 302位 7ダウン
友利勝良 306位 1アップ
宮里優作 311位 1アップ
加瀬秀樹 336位 5アップ
湯原信光 343位 6アップ
今井克宗 346位 14ダウン
菊地純 357位 7ダウン
小山内護 360位 2アップ
真板潔 368位 4ダウン
渡辺司 376位 2アップ
井戸木鴻樹 387位 1アップ
尾崎健夫 400位 4アップ
福澤義光 443位 変わらず
東聡 450位 8アップ
堺谷和将 467位 18ダウン
檜垣豪 477位 4アップ

★米国男子ツアー 『Michelob Championship At Kingsmill』
昨年の新人王 チャールス・ハウエル3世が最終日ベストスコアとなる67を記録、逆転で念願のツアー初優勝を飾った。 優勝スコアは14アンダー。 2位にはブラント・ジョーブスコット・ホーク田中秀道は初日7アンダー64のトップスタート。 最終日は2オーバーの73と後退したが、最終順位は 14位、62900ドルを獲得し、ランキングも8ポジション上げることができた。 横尾要は73‐72、3オーバーで予選落ちだった。 ランキングは1つ下がり122位。 125位までがシード権獲得となる。 2002年のPGAツアー、残り試合はあと4週間で5試合残っている。ツアー選手権とサザンファーム・ビューロー・クラシックは同時週開催。

・賞金ランキング (Michelob Championship At Kingsmill 終了時)
順位/推移/選手/ 獲得賞金額/ 出場試合数
1位/(-)/タイガー・ウッズ/ $6,496,025/ 16試合出場
12位/(-)/丸山茂樹/ $2,103,594/ 23試合出場
104位/(↑8)/田中秀道/ $593,123/ 28試合出場
122位/(↓1)/横尾要/ $490,473/ 24試合出場
ノンメンバー/谷口徹/ $170,773/ 8試合出場
ノンメンバー/伊沢利光/ $114,204/ 7試合出場
ノンメンバー/片山晋呉/ $66,277/ 8試合出場

★米国シニアツアー 『Turtle Bay Championship』
賞金ランキングトップを走るヘール・アーウィンがハワイで行われたタートルベイクラシックで大会3連覇を飾った。 通算8アンダーで並んだ アーウィン とゲーリー・マコード のプレーオフは 1ホール目、アーウィンのバーディで決着がついた。 この優勝でアーウィンのチャールス・シュワブカップ獲得(ポイントレース) と 賞金王がほぼ確定した。 2ラウンド目に67の好スコアを記録した青木功は 73‐67‐70の6アンダー、プレーオフには2打足らずで6位で競技を終了した。青木のランキングは2ポジションアップし27位。 31位までが賞金ランキングシードを獲得できる。(青木は生涯獲得賞金シードは確保している。)

★BUY.COMツアー 『Bank of America Monterey Peninsula Classic』
北カリフォルニア、ペブルビーチの近くにある難コース、ベイヨネットを攻略し、モントレーペニンシュラクラシックで初優勝を飾ったのはローランド・サッチャー。サッチャーはこれまでのランキングは112位だったがこの優勝でランキングは33位までジャンプアップ。 初日66の6アンダーでトップスタートを切ってからはトップをキープし通算5アンダー、追撃してきたアーロン・バデリー(豪)を2打差で振りきり優勝をした。 バデリーは単独2位でランキングを35位から17位にあげた。 今週は試合に出場せずに今後の試合に調整をして欠場していた今田竜二のランキングは96位から99位に下がった。

★米国女子ツアー 『Samsung World Championship』
昨年に続き今年も絶好調のアニカ・ソレンスタムがサムソン世界選手権も制した。 優勝スコアは66-67-68-65、22アンダー。 2位のクリスティー・カーとは6打差の圧勝。 これで今季LPGAツアーで9勝、他にヨーロッパとオーストラリアで各1勝、通算11勝目となった。アニカの賞金女王が決定した。 注目は 1963年にミッキー・ライトの記録を破る事ができるか? 残りのLPGAツアーは5試合残っている。(日本で2試合) 日本ツアーの代表で参加した久保樹乃は自分の力を出す事ができずに最下位の20位で競技を終了、スコアは 73-74-73-77=297 +9 、アニカとは 31打差だった…。

★2002年(第14回) アジア競技大会 アマチュアゴルフ
韓国・釜山、アジアドカントリークラブでアジア大会が開かれた アジア大会。 形式は1日18ホール、4日間計72ホールのストロークプレーの個人戦とチーム戦。 チーム戦は各日とも、各チーム男子は4名中3名、女子は3名中2名のベストスコアをその日のチームスコアとし、4日間の合計スコアで争われた。

男子の部では チーム戦の銅メダルのみとなってしまった。
★チーム戦
金メダル 台湾 874ストローク
銀メダル 韓国 884ストローク
銅メダル 日本 885ストローク
★個人戦
金メダル シーブ・カプアー(インド) 70‐75‐69‐70 284ストローク
銀メダル ロハナ・アヌーラ(スリランカ) 71‐70‐73‐73 287ストローク
銅メダル キム・ヒュンウー(韓国) 76‐75‐68‐73 292ストローク
4位 宮里優作(東北福祉大学4年) 78‐70‐71‐73 292ストローク
9位 藤島豊和(東北福祉大学3年) 76‐71‐72‐80 299ストローク
15位 池田 力(日本大学4年) 71‐78‐74‐80 303ストローク
22位 藤田 大(皐月GC・佐野) 81‐71‐77‐78 307ストローク

女子の部では 団体戦で韓国に2打差での惜敗で銀メダルだったが、宮里藍が最終日70で回り 見事金メダルを獲得した。
★チーム戦
金メダル 韓国 577ストローク
銀メダル 日本 579ストローク
銅メダル フィリピン 603ストローク
★個人戦
金メダル 宮里藍(東北高校2年) 70‐75‐69‐70 286ストローク
銀メダル キム・ジューミ 71‐70‐73‐73 291ストローク
銅メダル パク・ウォンミ 76‐75‐68‐73 293ストローク
4位 上原彩子パームヒルズゴルフリゾート) 78‐70‐71‐73 297ストローク
7位 横峯さくら(明徳義塾高校2年) 76‐71‐72‐80 301ストローク

【 今週のPREVIEW 】 10月7 - 13日
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。