2012/05/29プリンシパルチャリティクラシック

好調のJ.クック、B.ギルダーの連覇を阻めるか

約7万5千人を集客し、アイオワ政府観光局から表彰を受けるなど、地域貢献にも尽力している。 昨年の大会では、3位タイからスタートしたボブギルダーが、最終日にスコアを6つ伸ばし、初日から首位を守った
2012/06/02プリンシパルチャリティクラシック

混戦の初日、M.グッデスが「64」をマークして単独首位

選手、さらに4アンダーの7位タイには、ジェフ・スルーマン、ラス・コクラン、ピーター・シニアら9選手が並ぶ大混戦となっている。 そのほか、昨年覇者のボブギルダー、現在賞金ランク2位のベルンハルト
2011/08/28ボーイングクラシック

首位タイに4選手が並ぶ大混戦!尾崎直道は32位タイに浮上

タイにはチェン・スン・ルー(中国)、ボブギルダー、チップ・ベックの3選手、通算4アンダーの単独8位にはニック・プライス(ジンバブエ)が続き、上位争いも混戦模様を呈している。日本の尾崎直道は2日目をイーブンパーでラウンドし、通算2オーバーの32位タイに順位を上げている。
2011/06/06プリンシパルチャリティクラシック

B.ギルダーが逆転優勝!尾崎直道は68位タイに終わる

アイオワ州のグレン・オークスCCで行われている、米国チャンピオンズツアーの第10戦「プリンシパルチャリティクラシック」の最終日。通算8アンダー3位タイからスタートしたボブギルダーが、スコアを6つ
2011/06/05プリンシパルチャリティクラシック

M.ブルックス、復活の1勝に王手!

、この位置で復活の1勝を懸けた最終日に臨む。 通算8アンダー、3位タイにはボブギルダー、ピーター・シニア(オーストラリア)の2選手。通算6アンダーの5位タイにはジェイ・ドン・ブレイク、ロッド
2010/09/25SAS選手権

R.コクランが単独首位に立つ!

イーグル、ノーボギーの快進撃。通算8アンダーで単独トップとなった。 コクランを追う1打差の単独2位には連覇を狙うトム・パーニス.Jr。こちらも5バーディ1イーグルと好発進。続く3位タイにはボブギルダー
2009/09/06ウォルマート・ファーストティーオープン

好調L.ロバーツが単独首位!尾崎直道は35位、青木功は67位

・レーマン。続く通算7アンダー、単独4位にはボブギルダーが名を連ねている。首位で2日目を迎えたジェフ・スルーマンは5位タイに後退。尾崎直道は4バーディ2ボギーとスコアを伸ばし35位タイの上昇。青木功は1つスコアを落したが、67位タイとわずかに順位を上げている。日本勢の2人の最終日の活躍に期待したい。
2009/03/07東芝クラシック

B.ランガーが単独首位! 倉本昌弘が12位タイと好スタート

・ロメロ(アルゼンチン)、ボブギルダー、ジム・コルベートの3人。注目したいのは1イーグル、8バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと荒波の展開のコルベート。攻めの姿勢を貫ければ面白い存在となりそうだ
2008/04/26リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

T.ワトソン・A.ノース組が単独首位スタート!

で初日を終えている。 10アンダーの2位タイにはR.W.イークスとボブギルダーのペアの他、モーリス・ハタルスキー、ドン・プーリー組ら5組が続いている。そこから1打差の9アンダー、7位タイにはラリー
2008/04/27リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

T.ワトソン・A.ノース組が首位をキープ!

・ブライアント、ロニー・ニールセンのコンビが、10位タイから浮上。ジェフ・スルーマンとクレイグ・スタドラー組もここに並び、最終日に逆転優勝を狙う。 R.W.イークスとボブギルダーのペアと、モーリス・ハタルスキー
2007/08/31ウォルマート・ザファーストティーオープン

M.ハタルスキーとB.ヴォーンが首位に並ぶ!

ヴォーンと共に、首位に並んでいる。 これに続くのは、3度の連続バーディを記録した、ボブギルダー。1打差の6アンダーで単独3位につけている。さらに1打差の5アンダー、4位タイには、強豪トム・ワトソンと
2007/06/09プリンシパルチャリティクラシック

J.ハースが単独首位! 日本人最高位は青木功の45位タイ

。 単独の2位には、デーブ・アイケルバーガーが5アンダー。続く3位タイには、4アンダーでジム・ソープ、ボブギルダーら4人が追走している。 注目の日本勢では、青木功が2オーバーの45位タイで日本人最高位。その他、飯合肇が3オーバーの53位タイ、倉本昌弘が5オーバーの62位タイと出遅れを見せている。
2007/06/04ボーイングチャンピオンシップ

L.ロバーツが逆転勝利! 倉本昌弘は11位タイでフィニッシュ

13アンダーの単独2位には、スコアを2つ伸ばしたエドゥアルド・ロメロ(アルゼンチン)が入り、通算12アンダーの3位タイに、トム・パーツァーとボブギルダーの2人が並んだ。 注目選手では、ジェイ・ハース
2006/09/12コンステレーション・エナジークラシック

昨年の大会で8位に入った飯合肇を始め、日本人勢の活躍に期待!

、最終日単独の首位からスタートしたボブギルダーが、3日間一度もトップを明け渡すことなく、通算18アンダーで「完全優勝」を成し遂げた。また飯合肇が8位タイに入っている。 今年の大会でも、連覇を狙うギルダー
2006/10/27チャールズ・シュワブ・カップ選手権

J.ソープが単独トップ! トム・カイトがこれを追う

クレイグ・スタドラーとボブギルダーが並んだ。 注目選手では、ヘイル・アーウィン、ジェイ・ハースらが2アンダーの8位タイ。ローレン・ロバーツは4バーディ、3ボギーの1アンダー、14位タイで初日を終えている。