最近のニュース 新着一覧≫


2018/11/25ツアー選手権

大山志保 ベテランが“乗る”ために…

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(24日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6471yd(パー72) 大山志保は後半、勢いに乗り切れず「14番からずっとバーディトライ。それを
2019/06/11GDOEYE

国内女子ゴルフ 若手の台頭とキャリアのピークを探る

たくさんあるはず」 前年の「ヨネックスレディス」を制した42歳の大山志保は、30歳を過ぎてから明らかに故障が増えたという。実際18年5月まで、頸椎椎間板ヘルニアで8カ月離脱した。それ以外にも故障で離脱
2018/11/21ツアー選手権

最終戦で唯一の40代 大山志保の失せない闘志

初出場するフレッシュな顔ぶれがそろう中、唯一の40代である大山志保が2年ぶり11回目の舞台に臨む。 宮崎県での地元大会を前に、41歳は「ここに戻って来られたことは何より嬉しい」と笑い、険しい道のりを
2019/06/05ヨネックスレディス

帰国組の比嘉、勝、鈴木ら欠場 前週初Vの原英莉花が出場

。108人が出場し、賞金総額7000万円、優勝賞金1260万円を争う。シーズン唯一の北陸開催になる。 前年優勝は42歳の大山志保。頸椎椎間板ヘルニアによる離脱から同年5月に8カ月ぶりに復帰し4戦目。通算10
2019/09/29ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

4年前の悪夢も払しょく 柏原明日架の胸に響いた言葉

見るため、今年からゴルフの記事を読んだ。「(上田)桃子さん、大山志保)さん。客観的にどういう風に私が見えるのか。アドバイスを求めた」と先輩にも頼った。 「どうしても勝てないのは、なんでなんですか
2019/11/01樋口久子 三菱電機レディス

鈴木愛と蛭田みな美が首位発進 プロデビュー戦の古江彩佳43位

9位に賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)、キム・ハヌル(同)、金田久美子、原英莉花、大山志保、葭葉ルミらがつけた。前年覇者ささきしょうこは2アンダー19位とした。 元賞金女王の森田理香子をキャディに
2019/09/20日本シニアオープンゴルフ選手権競技

谷口徹は3打差独走で週末へ 倉本昌弘が5位タイ

初めて良いパットが打てた」と強気のパッティングにも手ごたえがある。「渋野日向子ちゃんに負けないくらい…いや、昔は僕の方が、負けないくらい打っていた。負けるのは大山志保ちゃんくらいだった」。空模様が気に
2018/08/10NEC軽井沢72

ヤマハの新ドライバーに好感触 大山志保が2位発進

◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日(10日)◇軽井沢72ゴルフ北コース (長野県)◇6655yd(パー72) 41歳の大山志保が新しいドライバーに好感触だ。今季初優勝をとげた6月の
2018/06/04GDOEYE

大山志保のガッツポーズ “定番”に秘められた流儀

打ち出す前方に陣取ってレンズを向けるのが一般的だ。しかし、大山志保の場合は勝手が異なる。パットが決まるたびに別の方向を向いてガッツポーズを繰り出し、ときにはクルリと後ろを向いて右こぶしを握りしめる。方向が
2019/06/02全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人成績

51位T横峯さくら、鈴木愛、宮里美香、川岸史果、森田遥、渡邉彩香 予落 2016 野村敏京 11位T横峯さくら、渡邉彩香 38位T原江里菜 69位T宮里美香、佐藤絵美、松森彩夏、大山志保、堀琴音、澤田
2018/06/03ヨネックスレディス

“引退のススメ”に闘志 「1%」をかなえた大山志保の気持ち

大山志保の目は、すでに濡れていた。「感動して涙が出た。今年はケガが続いていたので、うれしさ、悔しさ、いろいろな感情がよぎった」。頸椎椎間板ヘルニアによる離脱から、8カ月ぶりにツアー復帰して4試合目。通算
2019/03/06ダイキンオーキッドレディス

笠りつ子がクラブ契約フリーに 再起へ気分一新

ながら、自信をもって自分らしいプレーをしたいです」。再起を図る31歳が、思いを新たにシード奪還、そして3季ぶりのタイトルを目指す。 また、今季は笠のほか、ツアー通算18勝の大山志保、前年大会覇者のイ
2019/07/04資生堂レディス

ペ・ヒギョンが首位発進 1打差にキム・ハヌルと稲見萌寧

、林菜乃子、イ・ミニョン(韓国)の5人が続いた。首位から4打差の9位グループにはイ・ボミ(韓国)、大山志保、成田美寿々、青木瀬令奈ら12人がひしめく。 前週の「アース・モンダミンカップ」で今季3勝目を
2019/05/16ほけんの窓口レディース

前週途中棄権の勝みなみ&鈴木愛 欠場の上田桃子も元気に復帰

リフレッシュし「体調はばっちりです。いい状態なので今週からまた頑張りたい」といつも通りの笑顔を見せた。 最終ラウンドのスタート前に背中痛で棄権した鈴木は、翌日の今週月曜日に大山志保に紹介された病院に行っ