ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保が猛チャージ!逆転で今季初優勝

三重県の涼仙ゴルフ倶楽部で行われている、国内女子ツアー第23戦「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。2位タイからスタートした大山志保が2003年「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」以来のツアー通算2勝目、今季初優勝を飾った。

この日の大山は、終始攻めのゴルフを展開した。3番からの連続バーディでリズムに乗ると、さらに8番、9番と連続バーディを奪取。先行するトップの肥後かおりを捕らえて一歩抜け出すと、後半に入り、12番、13番とバーディを重ね後続を引き離した。終わって見れば、2位以下に3打差をつけ、通算10アンダーで逃げ切った。大山は、優勝インタビューで「昨日終わった時点で65か66を出さないと勝てないと思っていて、その通り66を出して優勝できたので嬉しいです」と、満面の笑みで語った。

3打差トップでスタートした肥後は、前半バーディが決まらず、我慢のゴルフが続いた。そして逆に1打差をつけられた後半、勝負どころの11番、13番をボギーにしてしまい優勝争いから脱落。通算7アンダー単独2位に終わった。

3週連続優勝が期待された不動裕理は、前半からボギーが先行し、通算1アンダー16位タイでホールアウト。2位タイからスタートした期待の若手、古閑美保は、出だし1番のダブルボギーが響き、通算3アンダー8位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。