ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保、6番で手痛いトリプルボギー!

2010/10/09 17:39


国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」の2日目、1アンダー9位タイからスタートした大山志保は、序盤の2番、3番パー3で連続バーディを奪い、首位に迫る勢いを見せた。ところが、5番はティショットが左に曲がり、スタンスを取ると足元が溶岩の上という状況になった。

ところが、この2打目をナイスショットでリカバリーしてパーで切り抜けたが、続く6番で深いラフに苦しめられる。ティショットはラフとセミラフの境目に行き、2打目はそのラフがクラブに引っかかり、ボール左サイドの窪地のラフへ。

<< 下に続く >>

脱出が不可能と判断した大山はアンプレイアブルを宣告し、ドロップをしたが、その場所がまたしてもセミラフとラフの境目。その4打目も再び左サイドに引っ掛けて深いラフに捕まる。このホールを6オン1パットのトリプルボギーとした大山は、続く7番でもボギーを叩き通算1オーバーに後退してしまった。

「もう大変でしたよ。1パットでようやくトリプルボギーで済んだ感じです。でも、(ケガで)休む前だったら、気持ちが切れてしまったと思いますが、今は楽しいので、その後持ちこたえられました。明日も頑張れる気がしてきました」と、1ホールでの大たたきにもめげずに戦う。毎週上位に入ることを狙っている大山にとっては、現在の22位タイから巻き返すことも楽しみの一つになっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!