ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

今季2戦目の74歳・青木功 目指すは「アンダーで」エージシュート

◇国内シニア◇富士フイルムシニアチャンピオンシップ 事前情報◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉)◇

昨季から4試合増の17戦で行われる国内シニアツアーは、今週を含めて残り4試合。優勝賞金1400万円を懸けた高額大会は、3日から予選カットなしの3日間、54ホールストロークプレーで開催される。千葉県木更津市にある名匠・加藤俊輔設計コースが舞台となる。

昨年大会は、2日目に首位に立った渡辺司が、昨季賞金王の室田淳との最終組対決を制してシーズン1勝目を挙げた。その渡辺は、今季5度のトップ10入りも未勝利でシーズン終盤戦を迎えている。

大詰めを迎えつつある賞金王争いは、今季2つの日本タイトルを含む4勝を挙げ、約5650万円としているプラヤド・マークセン(タイ)がトップを独走中。約2347万円差の2位に今季2勝の崎山武志が追う展開だ。以下、3位に室田淳、4位に真板潔、5位にシニア1年目の鈴木亨が続く。

大会ホストプロで日本ゴルフツアー機構の会長を務める青木功(74)は、9月「日本シニアオープン」(予選落ち)以来となる今季2試合目に臨む。56位で終えた昨年大会は、最終日に「72」をマークしてエージシュートを達成。「優勝争いできないとおもしろくない。オーバーパーではなく、アンダーでエージシュートを決めたい」とプライドをのぞかせ、達成への意欲を露わにした。

なお開催期間中は、中嶋常幸倉本昌弘芹澤信雄らによるトークショーを行うなど、シニアファンには見逃せないイベントが催される予定だ。

【主な出場予定選手】
青木功中嶋常幸倉本昌弘尾崎直道井戸木鴻樹室田淳崎山武志鈴木亨真板潔渡辺司米山剛田村尚之久保勝美平石武則フランキー・ミノザプラヤド・マークセン湯原信光秋葉真一ブーンチュ・ルアンキット白浜育男奥田靖己グレゴリー・マイヤー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。