2019/10/26福岡シニアオープンゴルフトーナメント

白潟英純が首位発進 伊澤利光が2打差で追う

、加瀬秀樹、室田淳、久保勝美、清水洋一、キム・ジョンドク(韓国)の6人が並んだ。 前年覇者の鈴木亨は2アンダーの11位。シニアデビュー戦の篠崎紀夫は2オーバーの40位で初日を終えた。
2018/08/04マルハンカップ 太平洋クラブシニア

久保勝美が9アンダー「63」で単独首位発進

◇国内シニア◇マルハンカップ 太平洋クラブシニア 初日(4日)◇太平洋クラブ 六甲コース(兵庫)◇6974yd(パー72) 初日に抜け出したのは55歳の久保勝美。9バーディ、ボギーなしの「63」とし
2018/11/23いわさき白露シニアゴルフトーナメント

久保勝美が単独首位 田村尚之が1打差2位

通算2勝目を狙う56歳の久保勝美が1イーグル4バーディ、1ボギーの「67」でプレー。5アンダーで単独首位発進を切った。 1打差の4アンダー2位にツアー通算1勝の田村尚之がつけた。2打差の3アンダー3位に
2017/10/05日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

久保勝美が首位発進 マークセンは3打差4位

、ノーボギーの6アンダー「66」で回った久保勝美が単独首位に立った。 4アンダーの2位には米山剛と盧建順(台湾)の2人。3アンダーの4位には、今季3勝で賞金ランキング1位の
2015/04/18金秀シニア 沖縄ゴルフトーナメント

予選会トップ通過の久保勝美がツアー初V 青木功は45位

日、首位と3打差3位で出た久保勝美(52)が、2日連続「68」の安定したプレーで通算8アンダーとし、ツアー初優勝を飾った。 久保は4月初め、今季のシニアツアー出場優先順位を決める国内シニアツアー予選会
2013/04/19HEIWA・PGM Challenge Ⅰ~ Road to CHAMPIONSHIP

P.シーハンが優勝! 2位に鈴木亨ら4人/男子チャレンジ最終日

時と同じ2打差で決着がついた。通算7アンダーの2位タイには井手口のほか、鈴木亨、藤島晴雄、久保勝美が続いている。 シーハンはこの優勝でJGTOの規定により「中日クラウンズ」の出場と11月に開催される
2015/09/06アルファクラブCUP シニアオープン

崎山武志がシニア賞金トップに立つ今季3勝目

万円となった室田淳を抜いて賞金ランクトップに立った。 3打差の通算12アンダー2位には、5アンダー6位から出た湯原信光。通算11アンダーの3位タイには、芹澤信雄と久保勝美が入った。芹澤は首位と2打差の
2016/08/20ファンケルクラシック

強行出場・室田淳が連覇へ向け首位タイ浮上

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 2日目◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6911yd(パー72) 19位から出た室田淳が1イーグル5バーディ、1ダブルボギー「67」で回り久保勝美、三好隆、「64
2016/04/14金秀シニア 沖縄ゴルフトーナメント

国内シニアが開幕 倉本昌弘、崎山武志ら出場

昌弘ほか、前年優勝の久保勝美、昨季4勝を挙げて賞金ランク2位に躍進した崎山武志らが出場。前週の海外メジャー「マスターズ」でラウンドリポーターを務めた芹澤信雄は帰国早々の1戦に臨む。 今大会はプロアマ混合で争われ、プロ72名、…
2013/09/27elite grips・JGTOチャレンジIII

吉田泰典が単独首位!15歳の小斉平も好スタート

を奪った。 7アンダー単独2位は50歳の久保勝美。チャレンジツアーの賞金ランキングで首位に立つK.T.ゴン(韓国)が福永光伸と並んで6アンダー3位につけた。さらに1打差の5アンダー4位タイには河瀬賢史
2016/04/16金秀シニア 沖縄ゴルフトーナメント

飯合肇が首位発進 倉本昌弘ら2位で続く

、初見充宣、フランキー・ミノザ(フィリピン)の4人が続いた。 前年覇者の久保勝美は2オーバーの13位とした。
2015/09/05アルファクラブCUP シニアオープン

崎山武志が「63」で単独首位発進 2打差2位に芹澤信雄

の3位タイには、久保勝美、加瀬秀樹、室田の3人が続いている。 大会を主催するアルファクラブグループに所属するホストプロの飯合肇は、4アンダーの10位タイ。前週優勝の倉本昌弘は2アンダーの25位タイとなっている。
2018/11/02富士フイルム シニア チャンピオンシップ

今季シニア最終戦のマークセンが首位に浮上

、マークセンに並ばれながらもリーダーボードトップの座を死守。2016年大会以来となるツアー通算2勝目をかけて、強敵との優勝争いに臨む。 通算3アンダーの3位にバリー・レーン(イングランド)と久保勝美
2015/10/07日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

シニアメジャー大会が開幕 前年覇者の尾崎直道は倉本&室田と予選同組

の同組が決まった。直近2試合を連勝している賞金トップの崎山武志は渡辺、羽川豊とのペアリング。永久シードの青木功は奥田靖己、グレゴリー・マイヤーとのティオフとなった。 他にも賞金ランク3位の田村尚之、今季2勝目を狙う久保勝美、…