2018/11/23いわさき白露シニアゴルフトーナメント

久保勝美が単独首位 田村尚之が1打差2位

通算2勝目を狙う56歳の久保勝美が1イーグル4バーディ、1ボギーの「67」でプレー。5アンダーで単独首位発進を切った。 1打差の4アンダー2位にツアー通算1勝の田村尚之がつけた。2打差の3アンダー3位に
2018/08/04マルハンカップ 太平洋クラブシニア

久保勝美が9アンダー「63」で単独首位発進

◇国内シニア◇マルハンカップ 太平洋クラブシニア 初日(4日)◇太平洋クラブ 六甲コース(兵庫)◇6974yd(パー72) 初日に抜け出したのは55歳の久保勝美。9バーディ、ボギーなしの「63」とし
2017/10/05日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

久保勝美が首位発進 マークセンは3打差4位

、ノーボギーの6アンダー「66」で回った久保勝美が単独首位に立った。 4アンダーの2位には米山剛と盧建順(台湾)の2人。3アンダーの4位には、今季3勝で賞金ランキング1位の
2018/11/02富士フイルム シニア チャンピオンシップ

今季シニア最終戦のマークセンが首位に浮上

、マークセンに並ばれながらもリーダーボードトップの座を死守。2016年大会以来となるツアー通算2勝目をかけて、強敵との優勝争いに臨む。 通算3アンダーの3位にバリー・レーン(イングランド)と久保勝美
2018/11/01富士フイルム シニア チャンピオンシップ

田村尚之が首位 倉本昌弘は8位発進

年にツアー初タイトルを手にした歴代優勝大会をリーダーボードトップで滑り出した。 5アンダーの2位にキム・ジョンドク(韓国)と久保勝美。4アンダーの4位にバリー・レーン(イングランド)。3アンダーの5位
2018/09/15YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

タワン・ウィラチャンが国内シニア初優勝

以来2度目の賞金王になった。当時45歳と354日での賞金タイトルは、いまも最年長記録としてツアー史に刻まれている。 通算12アンダーの2位に久保勝美と、賞金ランクトップを独走するプラヤド・マークセン(タイ)が並んだ。 通算11アンダー4位に加瀬秀樹。通算10アンダー5位に清水洋一と高見和宏が続いた。
2018/08/05マルハンカップ 太平洋クラブシニア

マークセン逆転V 今季4勝目で勝率8割

2016年から3年連続の賞金タイトルに向けて、今季も他を寄せ付けない強さを見せている。 通算8アンダーの2位に崎山武志、米山剛、首位スタートから逃げ切りに失敗した久保勝美の3人。通算6アンダーの5位に、前年覇者の秋葉真一、加瀬秀樹、田村尚之、フランキー・ミノザ(フィリピン)の4人が続いた。
2018/07/12日本シニアオープンゴルフ選手権競技

アンダーパーはわずか2人 シニア初戦の谷口徹は10位発進

シニアルーキーの伊澤利光のほか、川岸良兼、渡辺司、久保勝美、寺西明、白潟英純、キム・ジョンドク(韓国)の計7人。1打差に9人がひしめく混戦模様となっている。 今大会がシニアデビュー戦となる50歳の谷口
2018/06/09スターツシニアゴルフトーナメント

マークセンが連覇へ首位浮上

マークし、通算11アンダー単独首位として最終日に進んだ。 1打差の2位に久保勝美。通算8アンダーの3位に首位で出た水巻善典、日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘、グレゴリー・マイヤーが並んだ。 賞金ランキング1位の山添昌良は通算4アンダーの10位につけた。
2018/06/02すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

山添昌良が今季2勝目 伊澤利光はデビュー戦26位

。最終18番でバーディを奪い、トップを走っていた久保勝美を逆転した。シーズン開幕戦の「金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント」以来となる2勝目で、賞金1000万円を獲得した。 1打差の2位に久保
2018/06/10スターツシニアゴルフトーナメント

マークセンが大会連覇 賞金ランクトップに浮上

」でプレー。通算13アンダーで大会連覇を果たし、今季2勝目を達成した。賞金ランキングでも山添昌良を抜いてトップに浮上した。 2打差の2位に久保勝美。通算10アンダーの3位に日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘が続いた。今季2勝の山添昌良は通算3アンダーの14位で、賞金ランクは2位に後退した。
2018/05/31すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

伊澤利光はシニア初戦で4アンダー発進 首位に原田三夫

単独首位発進を決めた。1打差の2位タイに山添昌良、久保勝美ら6人。初日からスコアの伸ばし合いが展開された。 3月に50歳になり、今大会でシニアツアーに初出場した伊澤利光は5バーディ、1ボギーの「68
2018/06/01すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

伊澤利光、マークセンが4打差で最終日へ

前日首位の原田三夫をとらえてトップタイで並んだ。1打差の8アンダー3位に久保勝美が続いた。 7アンダー4位タイに野上浩一、寺西明ら4人。杉山直也と汪徳昌(台湾)が続いた。 レギュラーツアー通算16勝の
2017/11/24いわさき白露シニアゴルフトーナメント

寺西明が首位発進 大会2勝の倉本昌弘は6位

2打のリードをつける6アンダー単独首位で滑り出した。 4アンダーの2位に久保勝美と川岸良兼。3アンダーの4位に2013年大会覇者の室田淳と早野健が続いた。 ディフェンディングチャンピオンで大会2勝の
2017/10/28福岡シニアオープンゴルフトーナメント

三好隆と白潟英純が5アンダー首位

立った。 2打差の3アンダーで田村尚之、久保勝美、冨永浩、山添昌良が追う。 賞金ランキング首位のプラヤド・マークセンはイーブンパーの17位。前年覇者の水巻善典は1オーバーの29位とした。
2017/10/29福岡シニアオープンゴルフトーナメント

三好隆が今季初優勝 P.マークセンは24位

、通算7アンダーで今季初優勝を決めた。2打差の2位に呂文徳、久保勝美、白潟英純の3人が並んだ。 前年覇者の水巻善典は通算1オーバーの19位。賞金ランキング1位のプラヤド・マークセン(タイ)は通算2オーバーの24位。日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘は4オーバーの35位で終えた。
2017/10/08日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

盧建順が初V マークセンはメジャー4連勝ならず

「71」でプレーし、通算14アンダーで逃げ切りツアー初優勝をメジャータイトルで飾った。 2打差の通算12アンダー2位に久保勝美、鈴木亨。倉本昌弘は通算11アンダーの4位に続いた。 前年覇者でシニアメジャー4連勝を狙ったプラヤド・マークセン(タイ)は「67」と伸ばしたが、通算10アンダーの5位で終えた。
2017/10/07日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

盧建順が首位キープ 久保、鈴木、倉本らが追う

バーディ、1ボギーの「69」と着実にスコアを伸ばし、通算13アンダーで首位をキープ。国内シニアツアー初優勝へ、残り18ホールに迫った。 通算10アンダーの2位で追い掛けるのは、初日首位発進の久保勝美。通算8
2017/10/06日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

台湾の57歳が3打差首位に マークセンはスコアを伸ばせず

オープンなどアジアでは計34勝を数える。 初日首位の久保勝美は「71」で通算7アンダーとして2位に後退。通算6アンダーの3位に湯原信光、さらに1打差の4位に前週優勝の加瀬秀樹と鈴木亨が並んだ。 今季3