2012/10/25第22回日本シニアオープンゴルフ選手権競技

F.ミノザが単独首位!室田、尾崎直、中嶋が追う

ゴルフ選手権競技」が25日(木)に開幕。その初日、5バーディ、2ボギーの「69」をマークしたフランキーミノザ(フィリピン)が単独首位でスタートした。 「今日唯一の反省点はドライバー。ミスをしたわけでは
2002/02/21

世界で活躍する日本選手たち

フランキーミノザなどのアジア勢が健闘を見せるか? 昨年優勝のV・シンはWGCマッチプレー出場の為に欠場。 日本人選手は 2000年 台湾PGA選手権 優勝者の丸山大輔、シード選手のスシ石垣、そして招待
1998/11/14住友VISA太平洋マスターズ

芹沢後退。F.ミノザが11アンダー首位!

芹沢信雄のパット好調もついに終焉してしまった。代わって首位に上がったのはフィリピンのF.ミノザ。前年勝者ウェストウッドも好スコアをマークして2位に上昇。日本勢では飯合 肇、谷口徹が3位グループにつけ
2007/04/24

片山晋呉は43位に後退!/男子各種ランキング

.ランダワ、S.K.ホ、F.ミノザ、P.マークセン、P.ミーサワット、C.ウィ、S.カプー、I.スチール) ・ワールドランキングトップ10 選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比) タイガー
2011/09/10コマツオープン2011

F.ミノザがプレーオフでツアー初優勝!

石川県の小松カントリークラブで開催されている、国内シニアツアー第4戦「コマツオープン」の最終日。通算8アンダー首位タイからスタートしたフィリピンのフランキーミノザと同じく首位タイスタートの三好隆が
2007/10/28ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント

片山伸ばしきれず!プレーオフでF.ミノザが6年ぶりの優勝

フィリピンのフランキーミノザの2人。ドンファンは8アンダー9位タイからスタートし、この日6バーディ、ノーボギーの猛チャージを見せ14アンダー。ミノザは12アンダー単独2位からスタートし、2ストローク
2012/10/26第22回日本シニアオープンゴルフ選手権競技

井戸木がホールインワンで首位タイ!室田は4位

チャンスをいただいてとても光栄。ここでプレーできることだけでも幸せだ」と、日本の難コースでビッグタイトルに挑む。 通算3アンダーの単独3位にはフランキーミノザ(フィリピン)、通算2アンダーの単独4位には
2007/02/18エンジョイ・ジャカルタ・インドネシアオープン

F.ミノザが暫定ながら単独首位に躍り出る!清田太一郎は暫定67位

ツアーで6勝を挙げているベテランのフランキーミノザ(フィリピン)。10位タイからスタートしたミノザは、バーディ発進の勢いそのままに6バーディ、1ボギーとスコアを伸ばし、サスペンデッドとなった17ホール
2000/05/27三菱自動車トーナメント

3日目はミノザ。インで爆発して首位

雨の3日目。手島多一はわずか1バーディの別人のようなゴルフで大きく後退。佐藤信人もスコアを伸ばすことはできなかった。そんな悪コンディションの中、アウトはジッとガマンのフランキーミノザがインで大爆発
2012/11/02富士フイルムシニアチャンピオンシップ

井戸木が逃げきるか!?室田、中嶋らが追い上げる

アンダー6位タイに浮上。追いかける立場のフランキーミノザ(フィリピン)は、スコアを5つ落として通算4オーバー47位タイに失速。尾崎が初の賞金王獲得は秒読みとなった。 <井戸木が単独首位をキープ!「明日
2004/08/28久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント

F.ミノザが首位奪取 谷口、細川らが1打差で追う

変動があった。 上位が混沌としている中、首位に踊り出たのは44歳フィリピン出身のフランキーミノザだ。前半で2つ、後半でも2つと確実にスコアを伸ばして通算6アンダーをマーク。今季は予選落ちが多く、トップ
2001/09/01日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯

決勝はD.ウィルソン、林根基の外国勢対決に決定

メートル。真中から、入れてくるんですよ。まいっちゃいますよ。ショットは曲がらないし、パットは入るし、となれば、もうお手上げです」 第4試合はE.エレラとF.ミノザの対決。共に日本での生活、日本ツアーの経験が
2011/08/21ファンケルクラシック

キム・ジョンドクが完全優勝!ツアー2戦目の初勝利!

ディフェンディングチャンピオンの高見和宏、フランキーミノザ、奥田靖己が続いた。 <キム・ジョンドク、大会最多アンダーパーの記録も!> シニアツアー参戦2戦目で早くも初勝利を飾ったキム。1番をバーディ発進とするも
2013/08/31ISPS HANDA CUP 秋晴れのシニアマスターズ

F.ミノザが逆転でツアー通算3勝目!

追い3位タイからスタートしたフランキーミノザ(フィリピン)が、2ストローク伸ばす「70」でラウンドし、通算5アンダーで逆転優勝を果たした。ミノザの優勝は、2012年の「日本シニアオープン」以来
2012/09/07コマツオープン2012

倉本昌弘、植田浩史が首位タイで最終日へ

アンダーの10位タイに後退している。昨年覇者のフランキーミノザ(フィリピン)は通算2アンダーの22位タイとなっている。 ■倉本昌弘 通算8アンダー 首位タイ 「9番でOBを出したけど、そのあと4