2021/09/08コマツオープン

北陸でタイ旋風再び? 川岸良兼が地元で初V狙う

賞金王奪取の足がかりとした。 6月に今季1勝を挙げたウィラチャンは、溝口英二、奥田靖己と、マークセンは前戦でツアー初優勝を飾った森田徹、尾崎直道とそれぞれ同組で初日をプレーする。 小松市出身の川岸良兼は
2021/07/30北海道ブルックス モアサプライズ カップ2021

深堀圭一郎がシニア初V 細川和彦とのプレーオフ制す

プロ転向から30年目となる節目のシーズンでレギュラーツアー8勝に続くタイトルを手にした。 谷口徹と山添昌良が5アンダー3位。単独首位から初優勝を狙った冨永浩は「73」とスコアを落として奥田靖己
2021/06/03すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

19年賞金王のウィラチャンが2季ぶりツアー復帰戦で首位発進

)。4アンダー4位にウィラチャンと同じく2019年シーズン以来のツアー復帰となるプラヤド・マークセン(タイ)のほか、伊澤利光、奥田靖己、阿原久夫、宮瀬博文が続いた。 今季第2戦を制した篠崎紀夫は3アンダー
2015/05/10GDOEYE

深夜の“相棒”奪還作戦!優勝のベテラン奥田は感涙

「ハートがね。愛があるかないかですよ」。照れ笑いを隠す55歳の大ベテラン奥田靖己の目には、かすかに涙が光った。 千葉県の麻倉ゴルフ倶楽部で9、10日に開催された「ザ・レジェンド・チャリティプロアマ
2013/11/09富士フイルムシニアチャンピオンシップ

技を磨いて術になる…いぶし銀・奥田靖己の18年ぶりV

千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンで開催された「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」最終日、単独首位から出た奥田靖己が4バーディ、ノーボギーの「68」で逃げ切り、悲願のシニア初勝利を飾った
2012/11/02GDOEYE

奥田靖己に与えられる、プロゴルファーの勲章!?

ザ・カントリークラブ・ジャパンで開催されている国内シニアツアー最終戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」に出場中の奥田靖己が、6バーディ、3ボギーの「69」をマークして、通算6アンダーの3位タイ
2013/11/07GDOEYE

奥田靖己、青木功の渇に開眼

青木功が5度目のエージシュートを達成した今季第11戦「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の初日、奥田靖己が5アンダーの「67」をマークして単独首位の好スタートを切った。この好スタートの要因という
2012/06/08第13回スターツシニアゴルフトーナメント

選手コメント集/スターツシニアゴルフトーナメント初日

ながらプレーしていましたよ。そうすると無理なことはしないからね」 ■奥田靖己/「68」4アンダー3位タイ 「精根尽き果てそうだよ。最後の8番と9番のとれるところでミスしたのは下手やったね~。ただ、最後は
2013/11/09富士フイルムシニアチャンピオンシップ

奥田靖己が悲願のシニア初優勝 室田淳が賞金王戴冠

は、初日から首位を守る奥田靖己と、賞金王戴冠のかかる室田淳の一騎打ちとなり、4バーディ、ノーボギーの「68」で回った奥田が通算12アンダーで、完全優勝で悲願のシニア初優勝を飾った。最終18番のボギーで
2011/09/17榊原温泉ゴルフ倶楽部シニア

水巻善典が逃げ切りでシニアツアー初勝利!

差をつける圧勝でシニア初優勝をマークした。 通算6アンダーの3位タイに高橋勝成、高見和宏、芹澤信雄の3選手。5アンダーの6位タイには奥田靖己、渡辺司、湯原信光が入った。羽川豊は3アンダーの10位タイ
1997/10/04日本オープンゴルフ選手権

奥田靖己、首位へ躍りでる!

は十分ある。コースに負けるとかいうのではなく、自分に負けないゴルフをすればいいんだ」 かわって首位に上がったのは奥田靖己。渋い印象の選手だけどツアー5勝。93年には日本オープンも制していて、いわば
2013/03/15週刊GD

ゴルフとはSM、そしてゴルファーは病気である!?

「週刊ゴルフダイジェスト」連載「おくだの細道」(3月26日号)より 日本オープン優勝経験のある奥田靖己が、ゴルフの侘び寂びを追求するコラム。今回は奥田氏が敬愛するチチ・ロドリゲスの名言を紹介
2011/09/16榊原温泉ゴルフ倶楽部シニア

水巻義典がシニア初Vへ、ロケットスタート!

首位に立った。 4アンダーの単独2位には菅原洋一。3アンダーの3位タイには初見充宣、湯原信光、芹澤信雄の3人。2アンダーの6位タイから渡辺司、高橋勝成、奥田靖己らが6打差を追う。 なお
2014/02/19ツアープロのルーティン

奥田靖己のルーティン

しっかりと自分のスイングイメージを確認 それでは、奥田靖己選手のルーティンを見ていきます。 奥田選手のルーティンの特徴は、スイングの前に、しっかりと自分のスイングイメージを確認して、そして打つ
1999/12/12ファンケル沖縄オープンゴルフトーナメント

手島多一、最終戦で初優勝

予想していなかったはずだ。御大ジャンボ尾崎の優勝で幕を開けた今シーズンは、新鋭の初優勝で幕を閉じた。 途中までは奥田靖己がつっ走った。しかし大詰めの17番で痛いボギー。18番もバーディをとることは