2015/10/11日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

室田淳が完全優勝でシニアメジャー6勝目 尾崎直道は7位

。首位と3差2位から出た奥田靖己は「70」にとどまり、ブーンチュルアンキット(タイ)と並んで、通算11アンダーの4位。 昨年覇者の尾崎直道は3バーディ、3ボギーの「72」でプレーして、通算9アンダーの7位でフィニッシュした。
2015/09/11コマツオープン2015

渡辺司が首位キープ 賞金ランクトップの崎山武志、猛チャージで2位浮上

。通算5アンダーの4位には初日首位タイの高松厚のほか、田村尚之、中根初男、ブーンチュルアンキット(タイ)、ポール・ウェセリン(イングランド)の計5人が並んだ。 4アンダーの3位からスタートした福沢義光はこの日3つスコアを落とし、通算1アンダー22位に後退した。
2015/10/09日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

スーパーシニア室田淳が単独首位に 崎山武志は7位に後退

プレーして通算7アンダーに伸ばし首位堅守。3選手が首位タイに並ぶ展開から、後続に2打差リードで抜け出した。 通算5アンダーの2位には白浜育男と大山健。室田と同じく首位タイから出たブーンチュルアンキット
2015/10/10日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

室田淳がシニアメジャー6勝目に前進 昨年Vの尾崎直は3打差追う

◇国内シニアメジャー◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 3日目◇サミットゴルフクラブ(茨城)◇6935yd(パー72) 単独首位で出た室田淳が6バーディ、1...
2015/02/07アジアンツアー公式

アジアンツアー会長寄稿/2015年2月号

ツアーにやってくるのは実に好ましいことだ。 タイのピタポン・ナエウスクは、今年初めにADTツアー(アジアンツアーの下部ツアー)の「ブーンチュルアンキット選手権」で勝った勢いを持続した。その優勝の波に
2014/11/08富士フイルムシニアチャンピオンシップ

室田が逆転で今季初勝利!2年連続戴冠に向け最終戦へ

アンダーの2位にブーンチュルアンキット(タイ)、通算10アンダーの3位にシニアルーキーの田村尚之が続いた。倉本昌弘は通算4オーバーの42位でフィニッシュしている。
2014/11/02第24回日本シニアオープンゴルフ選手権競技

会長・倉本昌弘が圧巻V!「二足のわらじ」で偉業達成

◇国内シニアメジャー◇第24回日本シニアオープンゴルフ選手権競技 最終日◇小野グランドカントリークラブ・NEWコース(兵庫県)◇6911yd(パー72) 勝負が決したのは最終組の最...
2014/08/24ファンケルクラシック

羽川豊が混戦抜け出し大会連覇!ツアー通算3勝目

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 最終日◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6,911ヤード(パー72)◇ 首位タイに4選手が並ぶ大混戦の最終日、昨年覇者の羽川豊が4バーディ1ボギ...
2014/11/07富士フイルムシニアチャンピオンシップ

室田らが1打差2位 青木、中嶋、倉本が同組でラウンド

(イングランド)が、5ストローク伸ばして通算8アンダーとし、単独首位に踊り出た。 首位と1打差、通算7アンダーの2位には昨季賞金王の室田淳ほか、飯合肇、比嘉勉、ブーンチュルアンキット(タイ)、清水洋一の5
2014/11/06富士フイルムシニアチャンピオンシップ

高橋勝成が首位発進 PGA会長・倉本昌弘は2オーバー出遅れ

果たした田村尚之ほか、冨永浩、高見和宏、清水洋一、ブーンチュルアンキット(タイ)の5選手、3アンダーの7位には加瀬秀樹、飯合肇、比嘉勉、ポール・ウェセリン(イングランド)の4選手が並んでいる。 なお
2014/08/23ファンケルクラシック

羽川豊が連覇に王手! “新会長”倉本昌弘が1打差で追う

。「前半に2つでも伸ばせば理想的な展開になる」と、大会連覇に王手をかけて臨む最終日を見据えた。 通算3アンダーの5位に、今季からPGA会長に就任した倉本昌弘と、白石達哉。さらに1打差の7位に、尾崎直道、中嶋常幸、飯合肇、キム・ジョントク(韓国)、ブーンチュルアンキット(タイ)の5選手が続いた。
2013/08/16ファンケルクラシック

選手コメント集/ファンケルクラシック 初日

ブーンチュルアンキット 1イーグル、5バーディ、1ボギー「66」、6アンダー単独首位 「ショットの調子はあまり良くなかったけど、パッティングが最高に良かった。約5メートルからロングパットの9
2013/10/13第52回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

渡辺司、プレーオフを制して5年ぶり大会2勝目!

通算3勝目を手にした。室田は、2005年、09年、昨年に続く大会4勝目はならなかった。 通算10アンダーの3位にブーンチュルアンキット(タイ)。通算6アンダーの4位にフランキー・ミノザ(フィリピン)、通算5アンダーの5位に水巻善典とグレゴリー・マイヤー(アメリカ)が続いた。
2013/10/12第52回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

渡辺司が後続に5打差 独走態勢で最終日へ

かけた。 通算7アンダーの2位グレゴリー・マイヤー、通算6アンダーの3位に南條勝美、通算5アンダーの4位にはブーンチュルアンキット(タイ)、フランキー・ミノザ(フィリピン)の海外勢2選手が並んだ