ニュース

米国女子ホンダ LPGAタイランドの最新ゴルフニュースをお届け

2023年 ホンダ LPGAタイランド
期間:02/23〜02/26 場所:サイアムCC オールドコース(タイ)

クラブセッティング速報
ウッド系は2割 馬場咲希はアイアン優先の14本

◇米国女子◇ホンダ LPGAタイランド 事前情報(22日)◇サイアムCC(タイ)◇ 6576 yd(パー72)

推薦出場によりタイで2023年のツアー初戦を迎えた馬場咲希。今年1月にブリヂストンスポーツと用品使用契約を結び、キャディバッグの中身はパターを除いて同社製のクラブでそろえている。

<< 下に続く >>

2022年8月「全米女子アマ」を制した当時からセッティングはほぼ変わらず、ウッド系は3本のみとアイアンが多くを占める構成だ。ドライバーは「ブリヂストン B-Limited B1 ドライバー」を継続使用し、スライド式のバックウェートはドロー寄りに配置。シャフトは藤倉コンポジットの「VENTUS BLACK」を装着し、重量は60g台とハードヒッターらしいスペック設定となっている。

「ブリヂストン 201CB アイアン」を4番からPWまで7本入れ、ドライバーを除くウッド系はブリヂストンの「ツアーB XD-F フェアウェイウッド」と「B1 HY ユーティリティ」のみ。「ウッドはボールが上がっちゃうのでアイアンのほうが打ちやすい」ことがその理由という。

転戦により体重が減った昨年の夏場から秋にかけては、「4番アイアンだと苦しかった」ためにアイアン型ユーティリティのブリヂストン「B-Limited 229HI」(3番22度)を代わりに入れていた。本調子に戻った昨年11月ごろから再び4番アイアンを戻している。

ウェッジは50、54、58度の4度刻みの3本構成で「ブリヂストン BRM ウェッジ」でそろえていたが、58度のみ「ブリヂストン BRM2 ウェッジ」に変更している。

<クラブセッティング>
ドライバー:ブリヂストン B-Limited B1 ドライバー(ロフト9.5度)
シャフト:藤倉コンポジット VENTUS BLACK(重さ60g台、硬さS、長さ45.25インチ)
フェアウェイウッド:ブリヂストン ツアーB XD-F フェアウェイウッド(3番15度)
シャフト:藤倉コンポジット スピーダー エボリューション 4(重さ50g台、硬さX)
ユーティリティ:ブリヂストン B1 HY ユーティリティ(18度)
シャフト:藤倉コンポジット ダイヤモンド スピーダー
アイアン:ブリヂストン 201CB アイアン(4番―PW)
ウェッジ:ブリヂストン BRM ウェッジ(50、54度)、ブリヂストン BRM2 ウェッジ(58度)
パター:テーラーメイド TP コレクション HYDRO BLAST ジュノ TB1.5 パター
ボール:ブリヂストン ツアーB X ボール

クラブセッティング速報 記事一覧

2023年 ホンダ LPGAタイランド



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!