ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

クラブセッティング速報
上田桃子が8年ぶりにクラブを替えた 新しくレギュラー入りした番手は?

“クラブを替えない女”として知られている上田桃子。彼女がクラブを替えるときは、必ずといっていいほど話題になるが(今季開幕戦でパターをトライビームに替えたことも話題になった)、最近の試合で彼女が5番ウッドを新しいユーティリティウッド(以下UW)に替えていたから、関係者の間に衝撃が走った。

14本の中で特に不動だったのが、3番、5番ウッド(キャロウェイX HOT PRO)、4番ユーティリティ(タイトリスト816H)の3本。いま、その“クリーンアップ”に変化が訪れている。きっかけはキャロウェイのスタッフが持ってきた、23度の「APEX UW(23年モデル)」だった。

<< 下に続く >>

最初に上田がテストしたのは8月初旬の「meijiカップ」のとき。「元々4UTを超える新しいクラブをずっと探していたんです。新しい『UW』を見せてもらったら、まずカオが良くて、その時点で『あ、なんかいい感じに打てそうだな』って。実際に打ってみたらすごく簡単だった」と第一印象を振り返る。

実際、その時点で「23度」はレギュラー入りしなかったものの、『UW』に17度と19度のロフト設定があると聞いて、すぐさまその2本も試打。「中でも19度を打ったらほんと良くて、『あれ?これクリークの代わりになりそうじゃない?』となって」と、思わぬかたちで今度は5番ウッドに白羽の矢が立った。試打をした時期がちょうど夏の終わりごろで、長いラフに悩まされていた。「日本女子オープンもそうですけど、ラフが長い試合が続くときに、ウッドよりUWのほうが(ラフで)抜けがいいんですよね」と、3週間前の「日本女子プロゴルフ選手権」から、5番ウッドの代役として19度の「APEX UW」をバッグに入れたのだった。

新しい相棒の威力は試合を戦う中ですでに感じている。「女子ツアーはショートホールで200yd以上あるとこが多く、その距離がきたときに5番ウッドで抑えて打つのが今まで難しかった。でもこの『UW』だとコントロールしやすい」と、早くもエース級に昇格している。

「X HOT PRO」フェアウェイウッドは7、8年近く使ってきたベテラン選手で、今回のスイッチはビッグチェンジだった。その決め手はどこにあったのか。キャロウェイのクラブ担当者によれば、「上田プロは5番ウッドでハーフショットしたときにミスが多いという話でした。UWのほうが(5Wより)短くて、しかもラフからも抜けがいいので、扱いやすい。GC4(インパクト計測器)でデータをとっても、5Wと数字は瓜二つでしたから、数字が出て、短くて、使い勝手がいいなら、やはり『UW』を選びますよね」と、新しいUWの万能っぷりが“替えない女”の心をくすぐったのだろう。シャフトはフジクラの「ベンタスTRレッド」(6R)をチップカットして挿している。

そしてなんとその流れで、今週の日本女子オープンでは4UTを抜いて23度のUWを入れることを決めた。これでクリーンナップのうちの2本がこの1カ月でガラッと変わったことになる。「APEX UW」は今作で2代目だが、前作よりやさしくなって、今回は女子プロも替える選手がチラホラ出ている。この流れでいくと、17度のUWのロフトを立てて、スプーンを替える可能性も…。その話を上田に向けると「スプーンはさすがにないかな!」とキッパリ否定。3Wの牙城はなかなか崩せなさそうだ。

3W以外のベテラン選手は、2016年モデルの「APEX アイアン」と、2008年から使用している50度と54度の「X フォージド ウェッジ」(もちろん溝が減ったときは交換はしている)を残すのみ。一方で今季のバッグには、ドライバー「パラダイム トリプルダイヤS」、サンドウェッジ「ジョーズ RAW」、パター「トライビーム ダブルワイド」と、キャロウェイの最新モデルも並び、新旧バランスのとれた“ワンチーム”に仕上がっている。

今週ハードなコースセッティングになったメジャーの舞台で、チーム上田の14本たちはその威力を発揮するのか注目したい。

上田桃子のクラブセッティング>
ドライバー:キャロウェイ パラダイム ◆◆◆S ドライバー (ロフト10.5度)
シャフト:藤倉コンポジット VENTUS TR RED 5 (硬さ:SR)
グリップ:IOMIC Sticky 1.8

フェアウェイウッド:キャロウェイ X HOT PROフェアウェイウッド (3番15度)
シャフト:グラファイトデザイン TOUR AD PT6 (硬さ:SR)

ユーティリティ:キャロウェイ APEX UW (19度、23度)※2023年モデル
シャフト:藤倉コンポジット VENTUS TR RED 6 (硬さ:R)

アイアン:キャロウェイ APEX DCB アイアン (5番)
シャフト:ダイナミックゴールド95 (硬さ:S200)

アイアン:キャロウェイ APEX アイアン (2016年製、6番~PW)
シャフト:日本シャフト N.S.PRO 950GH (硬さ:SR)

ウェッジ:キャロウェイ X FORGED ウェッジ (50度、54度)
シャフト:日本シャフト N.S.PRO 950GH (硬さ:SR)

ウェッジ:キャロウェイ JAWS RAW ウェッジ (60度、Wグラインド)
シャフト:日本シャフト N.S.PRO 950GH (硬さ:SR)

パター:オデッセイ TRI-BEAM DOUBLE WIDE パター

ボール:キャロウェイ CHROME SOFT X ボール

クラブセッティング速報 記事一覧

キャロウェイ
プレーヤーの意図に鋭く反応する 体積420ccの◆◆◆スモールモデル
発売日:2023/05/18 参考価格: 111,100円
キャロウェイ
発売日:2013/12/17 参考価格: 35,640円
キャロウェイ
ツアーで信頼を得た新カテゴリー、 “長距離を高弾道で狙う”ユーティリティウッドがさらに進化
発売日:2023/09/01 参考価格: 50,600円
キャロウェイ
タングステン増量で、史上最高APEXへ 進化した「ちょうどいい飛び系」軟鉄鍛造アイアン
発売日:2021/02/26 参考価格: 158,400円
キャロウェイ
「生溝で噛みつく」 JAWSのスピン性能は、ノーメッキフェースと次のレベルへ
発売日:2022/07/22 参考価格: 29,700円
オデッセイ
三角形のラケットホーゼルがもたらす、ミスヒットへの無類の強さ
発売日:2023/04/28 参考価格: 42,900円
キャロウェイ
すべてのショットを風に負けない強弾道へ
発売日:2022/03/04 オープンプライス

2023年 日本女子オープンゴルフ選手権



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!