ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

クラブセッティング速報
吉田優利 クラブを替えるMyルールは? 「本気モードの1発目」

“クラブを替えない女”として前回紹介した上田桃子の妹分(同じ辻村明志コーチに師事)、吉田優利も負けず劣らず“替えない女”だ。

バッグの中に入るクラブを列挙すると、「SIM2 MAX フェアウェイウッド」(2021年)、「ツアーB JGR ユーティリティ」(2019年)、「221CB アイアン」(2022年)と3、4年モノが目立つ。最も古いのが「オー・ワークス ブラック #2W パター」で、こちらはなんと5年以上も使用している。そんな彼女が、いざクラブ替えるときはどんな基準で決めているのか、非常に気になるところだ。

<< 下に続く >>

今シーズンは、吉田が契約するブリヂストンの新しいドライバーが出た年(アイアンと交互に出している)。吉田もシーズン途中の「ニチレイレディス」でドライバーを新しい「B1 ST」に替えていた。しかもたった2、3発の試打でバッグに入れたという。

「吉田プロは打ってみて『いける』と思ったら、いつもあっさり替えます」とは、ブリヂストンのツアー担当者。意固地にクラブを替えないのではなく、試していいものがあればすぐに替えるというわけだ。ただ、その判断基準が厳しいのだろう。「1発目から思った通りの打球が出て、振り心地などがスイングの感覚と合えば合格。最初のインスピレーションをすごく大事にする。こちらも吉田プロの打つ1発目には、すごくドキドキします」と同担当。吉田は新しいクラブをテストするときは、必ず試合に近い本気モードで打つという。

今回の「B1 ST ドライバー」に関しても、「1発目から思った通りの球が出て、少しスピン量が抑えられた風に強い球が出ていました。結局トータルで3発しか打たず、吉田プロも『もうこれでいけます』と即決でした」(同担当)とバッグに入れる決断は早かった。

シャフトは現在フジクラの「スピーダー NX グリーン」を使うが、元々は同社の「ベンタス ブラック」を使うほどハードなモデルを好む傾向にある。同担当は「彼女は自分の中で半ランクハード目なスペックをしっかり振っていくのが好き。しっかりと振って、ちゃんと結果が出るクラブやシャフトを選ぶ傾向があります」と説明した。

今やエースアイアンとなった「221CB」も、「自分が思ったように振ったときにちゃんと抜けてくれて、とっても抜け感がいい」(吉田)と、しっかり振った上で決めた。

一方で、ボールをテストするときの基準が面白い。まずは必ずパターでボールを転がして“音”を確認する。「彼女はインパクトの音を大事にしていて、『パターのときにインパクトで音がして欲しい』と言います。ちゃんと音のフィーリングが返ってくるボールでないと使わず、『ツアーBX』はいま彼女が使っているパターと音の相性がいいんです」(同担当)

見た目のキュートなルックスとは裏腹に、そのクラブ選びはいかにも職人そのもの。自信を持って振り切れるクラブを武器に、2つ目のメジャータイトル奪取となるか。

吉田優利のクラブセッティング>
ドライバー:ブリヂストン B1 ST(ロフト9.5度)
シャフト:藤倉コンポジット SPEEDER NX GREEN 50(硬さ:S)

フェアウェイウッド:テーラーメイド SIM2 MAX(3番15度)
シャフト:藤倉コンポジット SPEEDER NX GREEN 50(硬さ:S)

ユーティリティ:ブリヂストン ツアーB JGR HY(3番19度、4番22度)
シャフト:USTマミヤ ATTAS EZ370 75(硬さ:S)

アイアン:ブリヂストン 222CB+ (5番)
シャフト:KBS TOUR 90(硬さ:S)

アイアン:ブリヂストン 221CB(6番~PW)
シャフト:KBS TOUR 90(硬さ:S)

ウェッジ:ブリヂストン BRM2(48度、52度、58度)※52度と58度はプロトタイプ
シャフト:KBS TOUR 90(硬さ:S)

パター:オデッセイ O-WORKS ブラック #2W
ボール:ブリヂストン TOUR B X コーポレートカラー

クラブセッティング速報 記事一覧

2023年 日本女子オープンゴルフ選手権



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!