2018/10/14国内女子

「TOTO」出場権が決定 新垣比菜ら6人が初

ジエ、鈴木愛、成田美寿々、比嘉真美子、黄アルム、菊地絵理香、小祝さくら、岡山絵里、フェービー・ヤオ、イ・ミニョン、テレサ・ルー、福田真未、新垣比菜、ユン・チェヨン、永峰咲希、有村智恵、全美貞、ささきしょ
2018/10/04国内女子

イ・ボミ 今週のキャディはアルゼンチン出身の元農大生

た。トーナメント運営やキャディの学生アルバイトを行い、有村智恵、福嶋晃子らを担いだ。留学は農業について学ぶためだったが、「キャディとして生きていきたいと思うようになった」と日本で生活することを決めたと
2018/09/24国内女子

小祝さくらが1位に浮上/女子第2回リランキング

円で賞金ランキング6位。以下、2位に黄アルム(韓国)、3位に有村智恵、4位に勝みなみと続いている。 後半戦出場の目安は、出場枠が96人の場合はリランキング順28位。同108人の場合は40位となっている…
2018/09/08日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが2週連続Vへ単独首位キープ 小祝さくらは6差3位

ダブルボギーの「72」でプレー。有村智恵、岩橋里衣、大山志保、テレサ・ルー(台湾)とともに通算6アンダー3位で最終日に臨む。 昨年大会覇者の李知姫(韓国)は通算2アンダー22位。賞金ランキングトップの鈴木愛は通算イーブンパーの31位とした。
2018/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

有村智恵がエースでゲットした“100人前”の富山名産とは

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(7日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72) 5位から出た有村智恵がホールインワンを含む「72」で回り、通算4アンダー…
2018/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

申ジエが2週連続Vへ単独首位 小祝さくらは5差2位

。 通算5アンダー6位に岩橋里衣、木村彩子、菊地絵理香、ジョン・ジェウン(韓国)、石川明日香の5人。6番(パー3)でホールインワンを決めた有村智恵はアン・ソンジュ(韓国)、大出瑞月とともに通算4アンダー
2018/08/31国内女子

女子ゴルフの観客14%の大幅減 要因は猛暑?それとも…

調べ)を比較すると、放映があった23試合中、17試合で上昇した。千葉出身の成田美寿々がプレーオフの末、有村智恵を破った「サントリーレディス」では今季最高となる平均7.6%を記録した。宮里さんの国内最終戦
2018/08/26国内女子

アン・ソンジュが今季4勝目 2位に渡邉彩香

久子 Pontaレディス」以来の優勝を目指した渡邉彩香が通算4アンダー2位になった。 通算3アンダー3位に比嘉真美子、東浩子、三ヶ島かな、原英莉花、前年覇者の申ジエ(韓国)が並んだ。首位と1打差2位で出た有村智恵と今季2勝の黄アルム(韓国)が通算1アンダーの8位に続いた。
2018/08/25国内女子

アン・ソンジュが首位 三ヶ島、有村ら1打差追う

の2位に三ヶ島かな、有村智恵、森田遥がつけた。3アンダー5位に渡邉彩香、金澤志奈、サイ・ペイイン(台湾)が並んだ。 首位から出た青木瀬令奈は「78」と崩れ、前年覇者・申ジエ(韓国)、比嘉真美子、原英莉
2018/08/24国内女子

有村智恵は6カ所刺される 今季2勝目へ最大の敵は蚊?

有村智恵だが、記者会見場に入って来るなり腕をポリポリ。「6カ所ぐらい蚊に刺されました。すごくかゆくなってしまった」と打ち明けた。ソックスを膝上まで上げてプレーしていたものの、露出の高い半袖を着用。虫よけ
2018/08/24国内女子

青木瀬令奈が首位 有村智恵は2位

首位に上がった。 有村智恵が通算7アンダーの2位につけた。首位から出た三ヶ島かなは通算6アンダーの3位に後退した。 首位と3打差の通算5アンダーの4位に渡邉彩香、黄アルム(韓国)、テレサ・ルー(台湾
2018/08/23国内女子

三ヶ島かなが首位発進 1差2位に青木瀬令奈

首位発進を決めた。 青木瀬令奈が1打差の2位に続いた。7月の「サマンサタバサレディース」で6季ぶりに優勝した有村智恵、武尾咲希、宮田成華、今季2勝の黄アルム(韓国)が3アンダーの3位で追う。 前年覇者の
2018/08/21topics

ゴルファーのSNSあるある…ハッシュタグ事情

(ば)える画像と面白いハッシュタグが勝負のSNS。世の中のゴルファーともっとつながるために、みなさんもツッコミどころ満載のハッシュタグを活用してみては?(編集部・武田涼花) ここからは、ハッシュタグの使い方が上手な2人をご紹介!! 有村智恵のインスタグラム 宮里藍のインスタグラム
2018/08/08国内女子

「全英」V争いの比嘉真美子が出場 初の連覇に挑む

有村智恵、大山志保と同組でプレーする。 同大会で予選落ちだった上原彩子がスポット参戦するほか、同じく「全英」帰りの成田美寿々、テレサ・ルー(台湾)らがエントリー。7月のプロテストに合格したエイミー
2018/08/07優勝セッティング

ヤマハ勢が4カ月連続優勝 福田真未の優勝クラブ

「日本プロ」で大会最年長優勝を遂げたのをはじめ、大山志保が6月の「ヨネックスレディス」で2年ぶりにタイトルを獲得。有村智恵も7月の「サマンサタバサレディース」で6年ぶりの優勝を果たしている。福田は「私も