ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

前週活躍組がずらり 小祝さくら、申ジエ、鬼頭桜、濱田茉優が首位発進

2018/09/06 18:09

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(6日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

小祝さくら申ジエ(韓国)、鬼頭桜濱田茉優の4人が5アンダーの「67」で首位発進した。小祝は5バーディ、ノーボギと快調な滑り出しを見せるなど、前週の「ゴルフ5レディス」でトップ10入りした4人が勢いをみせた。

前週、プレーオフの末に初優勝を逃した小祝は、最終ラウンド直後に富山へと向かう車中で悔しさを噛みしめていた。「いろんな方からLINEメッセージをもらって、見ていたら『あっけなく終わってしまったな』と…」。普段は映画くらいでしか流さない涙も溢れたという。

簡単には気持ちを切り替えられなくとも、状態の良さは今週も堅持していた。5mを沈めた序盤3番から2連続バーディを奪い、その後も「きょうはショットがブレなくて、グリーンを外す気があまりしなかった」とノーボギーフィニッシュ。宿敵になった申がまた、順位表のそばにいる。「キャディさんとリーダーボードを見たときに『やっぱり(上位に)来るよね』と話しました。またチャンスがあったら(プレーオフを)やってみたい」とリベンジに臨む気でいる。

首位と1打差の4アンダーにチャン・ウェイウェイ(中国)、香妻琴乃原江里菜福田真未三ヶ島かな葭葉ルミ有村智恵テレサ・ルー(台湾)が並んだ。

約2ヵ月ぶりに戦線に復帰した鈴木愛は4バーディ、2ボギーの2アンダー「70」で20位。専属キャディと離れて心機一転を図ったイ・ボミ(韓国)だったが、2バーディ、5ボギー1ダブルボギーの5オーバー「77」で120位と、自己ワースト順位で初日を終えた。

今季最高額となる総額2億円(優勝賞金3600万円)が懸かったメジャー大会。上位は僅差でひしめく混戦模様となっている。

<上位成績>
1T/-5/小祝さくら申ジエ鬼頭桜濱田茉優
5T/-4/チャン・ウェイウェイ(中国)、香妻琴乃原江里菜福田真未三ヶ島かな葭葉ルミテレサ・ルー(台湾)、有村智恵

20T/-2/鈴木愛 ほか
30T/-1/アン・ソンジュ(韓国)、比嘉真美子 ほか
120T/+5/イ・ボミ(韓国) ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。