ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

申ジエが2週連続Vへ単独首位 小祝さくらは5差2位

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(7日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

早朝から雨が降り、コースコンディション悪化のため午前11時59分から18分間の中断を挟んで、全選手が予選36ホールを完了した。首位から出た申ジエ(韓国)が8バーディ、2ボギーの「66」でプレー。「ゴルフ5レディス」に続く2週連続優勝、5月の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」に続くメジャー今季2勝目へ通算11アンダーで単独首位に立った。

午後0時半過ぎにティオフした申は、晴れ渡った空にも助けられてスコアを伸ばした。出だし10番から2連続バーディを決めるなど、ショットの精度が抜群。「一番長いバーディパットが6m。その他は2m以内だった」と自賛した。

2週前の「ニトリレディス」で右手を負傷していた。今週は左ひじ痛も覚え、開幕先日のプロアマ戦はキャンセル。事前ラウンドはアウト9ホールだけで、この日は鎮痛剤を服用したが、それも感じさせないプレーに終始した。「天気の運も良かった。きょうはイーブンパーを目標にしていたけれど、良いスコアが出ました」と逃げ切り態勢を整えた。

初優勝を目指し、同じく首位から出た小祝さくらは2バーディ、1ボギーの「71」でプレー。通算6アンダーでテレサ・ルー(台湾)、大山志保福田真未と並んで2位で決勝ラウンドに進出した。

通算5アンダー6位に岩橋里衣木村彩子菊地絵理香ジョン・ジェウン(韓国)、石川明日香の5人。6番(パー3)でホールインワンを決めた有村智恵アン・ソンジュ(韓国)、大出瑞月とともに通算4アンダー11位とした。

賞金ランクトップの鈴木愛は通算3アンダー14位。大会連覇を目指す李知姫(韓国)は通算1オーバー44位。2013年大会覇者のイ・ボミ(韓国)は背中痛のため、9ホールをプレーした後に途中棄権した。

<上位成績>
1/-11/申ジエ
2T/-6/テレサ・ルー大山志保小祝さくら福田真未
6T/-5/岩橋里衣木村彩子菊地絵理香ジョン・ジェウン石川明日香
11T/-4/有村智恵アン・ソンジュ大出瑞月
14T/-3/浅井咲希松田鈴英キム・ヘリム鈴木愛黄アルム

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。