ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

遼は38位に浮上!L.ウェストウッドは首位をキープ/男子世界ランキング

◎ワールドランキング(2010年度 第46週)
「三井住友 VISA 太平洋マスターズ」で優勝を挙げた石川遼は前週の世界ランク45位から38位と7ランクアップ。石川が獲得した世界ランキングポイントは20点。日本ツアーは残り3試合。6週間後の年末最終ランク50位以内だと、来期のマスターズ出場権を得ることになる。池田勇太は予選落ちを喫し、1ランクダウンの55位。藤田寛之は3つ順位を上げ59位となっている。

アジアンツアーと欧州ツアーの共催イベント「バークレイズ シンガポールオープン」には多くの世界ランク上位の選手が出場。 優勝したアダム・スコットは優勝賞金100万ドル(約8200万円)に加えて世界ランキングポイント48点を加算。過去世界ランク3位まで上がったことのあるアダム・スコットは、前週の41位から20位まで順位を上げてきている。

<< 下に続く >>

またオーストラリアではタイガー・ウッズがJBウィアーマスターズの連覇を狙い、優勝して世界ランク1位への返り咲きを試みたが、優勝したS・アップルビーに3打及ばず4位フィニッシュ。タイガーは3週間連続で世界ランク2位。トップはリー・ウェストウッド。ウェストウッドは2週間後の欧州ツアー最終戦「ドバイ ワールド チャンピオンシップ」に参戦予定。タイガー・ウッズは3週間後のホストイベント「シェブロン ワールド チャレンジ」で、今シーズン最後の試合でプレーをする予定になっている。

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
1位/リー・ウェストウッド(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
2位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/豪州 JBウィアー マスターズ 4位/変動なし
3位/マーティン・カイマー(ドイツ)/バークレイズ シンガポールオープン 10位/変動なし
4位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/バークレイズ シンガポールオープン 37位/変動なし
5位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
6位/ジム・フューリック(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
7位/ポール・ケーシー(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
8位/ルーク・ドナルド(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
9位/グレーム・マクドウェル(北アイルランド)/バークレイズ シンガポールオープン 3位/1ランクアップ
10位/ローリー・マキロイ(北アイルランド)/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン

★ 主な日本人選手は以下の通り

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
石川遼/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 優勝/38位(7ランクアップ)
池田勇太/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 予選落ち/55位(1ランクダウン)
藤田寛之/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 6位/59位(3ランクアップ)
谷口徹/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 3位/71位(6ランクアップ)
平塚哲二/バークレイズ シンガポール オープン 54位/91位(5ランクダウン)
薗田峻輔/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 14位/94位(1ランクダウン)
小田孔明/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 61位/116位(6ランクダウン)
宮本勝昌/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 3位/120位(25ランクアップ)
片山晋呉/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 21位/129位(2ランクアップ)
松村道央/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 38位/147位(1ランクアップ)
丸山大輔/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 51位/157位(2ランクダウン)
小田龍一/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 8位/158位(7ランクアップ)
兼本貴司/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 6位/164位(10ランクアップ)
高山忠洋/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 46位/175位(変動なし)
丸山茂樹/バークレイズ シンガポール オープン 10位/168位(8ランクアップ)
今田竜二/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 3位/183位(27ランクアップ)
久保谷健一/三井住友 VISA 太平洋マスターズ 棄権/187位(1ランクダウン)

◎ USPGAツアー 最終賞金ランキング(全46試合終了)
フロリダ州ディズニーワールドで行われた「チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシック」では、最後まで来季フルシード権(125位)の争いが繰り広げられた。

前週賞金ランク122位だったロバート・ガリガスが、最終日に8アンダー「64」を記録して逆転優勝。ガリガスは賞金ランク122位から51位まで順位を上げてシーズンを終了。また3日目を終えてトーナメントリーダーだったローランド・サッチャーは、賞金ランク179位からランクアップを目指し最終日をプレー。優勝はならなかったものの最終ホールで1.5メートルのパーパットを沈め、単独2位フィニッシュ。サッチャーの賞金ランクは122位まで順位が上がり滑り込みで来期のフルシード権を獲得している。

これで賞金ランク対象全48試合が終了となった2010年度のUSPGAツアー。賞金王はマット・クーチャータイガー・ウッズは一度も勝利を挙げることができずに賞金ランク68位で終了。タイガーは2週間後自らがホストを務める「シェブロン ワールド チャレンジ」でプレーをする。

2005年からPGAツアーに参戦している今田竜二は、6年目のシーズンを終了。今田は28試合に参戦、終盤に連続トップ10フィニッシュと粘り強いゴルフを見せて年間獲得100万ドルを突破。賞金ランク86位でシーズンを終えている。今田は2008年AT&Tクラシックで優勝、その年は賞金ランク13位だった。

ランク/選手名/試合数(優勝数)/賞金額/前週比
1位 マット・クーチャー(アメリカ)/26試合(1勝)/4,910,477ドル/変動なし
2位 ジム・フューリック(アメリカ)/21試合(3勝)/4,809,622ドル/変動なし
3位 アーニー・エルス(南アフリカ)/20試合(2勝)/4,558,861ドル/変動なし
4位 ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/23試合(2勝)/ 4,473,122ドル/変動なし
5位 スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/19試合(2勝)/4,190,235ドル/変動なし
6位 フィル・ミケルソン(アメリカ)/20試合(1勝)/3,821,733ドル/変動なし
7位 ルーク・ドナルド(イングランド)/20試合/3,665,234ドル/変動なし
8位 ポール・ケーシー(イングランド)/17試合(1勝)/3,613,194ドル/変動なし
9位 ジャスティン・ローズ(イングランド)/22試合(2勝)/3,603,331ドル/変動なし
10位 ハンター・メイハン(アメリカ)/25試合(2勝)/3,574,550ドル/変動なし


51位 ロバート・ガリガス(アメリカ)/22位(1勝)/1,583,275ドル/71ランクアップ

以下 主な選手のランク
68位 タイガー・ウッズ/12試合/1,294,765ドル/2ランクダウン


86位 今田竜二/26試合/1,028,869ドル/3ランクダウン
234位 丸山茂樹/4試合/22,440ドル/変動なし

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!