最近のニュース 新着一覧≫


2018/08/05フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空

G.ブラーがツアー初優勝 2打差3位にE.エルス

14アンダーでツアー初優勝を飾った。1打差2位にアンソニー・クワイエル(オーストラリア)がつけた。 メジャー4勝のアーニーエルス(南アフリカ)は1イーグル6バーディ、1ボギーの「65」でプレー。通算
2018/01/25

E.エルスが「ゼクシオ」のグローバルアンバサダーに

住友ゴム工業は24日、メジャー4勝を含む世界通算70勝以上を挙げるアーニーエルス(南アフリカ)が、同社ゼクシオ(XXIO)ブランドのグローバルアンバサダーに就任したことを発表した。 エルスは(同社
2018/08/01フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空

エルスがフィジーに登場 川村昌弘もエントリー

、メジャー4勝を誇るアーニーエルス(南アフリカ)の出場。また、地元スターのビジェイ・シン、日本ツアーメンバーのディネッシュ・チャンドらは母国タイトルを狙う。日本からは推薦により川村昌弘が出場する。
2018/12/10ヨーロピアンツアー公式

“キング・ルイ”がヨハネスブルグで久々の勝利

で「全英オープン」と「南アフリカオープン」の両方を制覇した選手として、ボビー・ロック、ゲーリー・プレーヤー、ボブ・チャールズ、アーニーエルス、そしてヘンリック・ステンソンの仲間入りを果たした
2018/12/04ヨーロピアンツアー公式

「南アフリカオープン」について知っておくべき5つのこと

までの選手は週末の2ラウンドをファイヤーソーンコースでプレーすることになる。 メジャーの風合い 今週のフィールドには、地元南アフリカ出身のメジャー王者であるアーニーエルス、トレバー・イメルマン、ルイ
2018/03/14アーノルドパーマー招待

タイガー・ウッズ プレジデンツ杯で選手兼監督に意欲

(欧州を除く)対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」(オーストラリア・ロイヤルメルボルンGC)で、タイガー・ウッズとアーニーエルス(南アフリカ)が両軍のキャプテンに就任することを発表した。腰痛から戦線復帰
2018/03/13

ウッズ&エルスがプレジデンツカップ主将に就任へ

米国選抜と世界選抜(欧州を除く)の2年に1度の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」の2019年大会で、タイガー・ウッズとアーニーエルス(南アフリカ)が両軍のキャプテンを務める可能性が浮上した。AP通信
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレン・クラーク ベン・カーティス ジョン・デーリー デビッド・デュバル アーニーエルス
2018/12/05ヨーロピアンツアー公式

ルイ・ウーストハイゼンら南アフリカで注目の3人

に位置するランドパークGCには、ルイ・ウーストハイゼンやアーニーエルスなど、南アフリカ最高の選手たちが集結。今週使用される2コースの一つであるファイヤーソーンコースは、飛ばし屋に利がある。 全長
2018/11/27ヨーロピアンツアー公式

「モーリシャスオープン」で知っておくべきこと

メンバーのアーニーエルス(南アフリカ)が、ヨーロピアンツアー、サンシャインツアー、そしてアジアンツアーの共催「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」に初出場を果たす。ビッグイージーの愛称で親しま
2018/12/09南アフリカオープン

ウーストハイゼンが3打差首位で最終日へ

シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、マダリ・マシーヤ(ザンビア)、マット・ウォレス(イングランド)の3人が並んだ。 アーニーエルス、ブランデン・グレース(ともに南アフリカ)ら8人が8アンダーの5位で続いた。
2018/06/18記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

将司 予落 パインハーストリゾート&CC 1998 L.ジャンセン 尾崎将司 予落 ザ・オリンピックC 1997 E.エルス 加瀬秀樹 28位 尾崎将司 予落 コングレッショナルCC 1996 S
2018/10/24ヨーロピアンツアー公式

上海で注目の3人

)につけている。 28歳のファンローエンは今週WGCデビューを飾るわけだが、彼は今季事あるごとに物怖じしないことを見せつけてきた。仮に今週優勝すると、2010年のアーニーエルス以来となる南アフリカ人
2018/12/10南アフリカオープン

ウーストハイゼンが3季ぶり優勝 2位に6打差

(イングランド)が10アンダーの3位に続いた。 ブランデン・グレース(南アフリカ)は9アンダーの7位タイ、アーニーエルス(南アフリカ)、前週優勝のカート・キタヤマ(米国)は8アンダーの15位で終えた。 今大会
2018/12/11アルフレッド・ダンヒル選手権

川村昌弘は南アフリカ2連戦 “若手の登竜門”に挑む

。 前週優勝のルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、2週前にツアー初優勝したカート・キタヤマ(米国)、プロ通算71勝のアーニーエルス(南アフリカ)らがエントリー。日本勢はツアールーキーの川村昌弘が出場する。
2018/12/05南アフリカオープン

川村昌弘が南アで伝統の一戦 “世界1位の弟”も参戦

行われる 1997年に欧州ツアーのスケジュールに加わった試合だが、第1回大会は1903年という歴史を持つ。ゲーリー・プレーヤーが最多の13勝。今年もフィールドに名を連ねたアーニーエルス(いずれも