2021/04/13フンドーキンレディース

服部真夕が首位発進/女子下部

◇国内下部ステップアップツアー◇フンドーキンレディース 初日(13日)◇臼杵CC(大分)◇6358yd(パー72) レギュラーツアー5勝の服部真夕が4バーディ、1ボギーの「69」でプレー。3アンダー
2021/05/21ツインフィールズレディース

岸部桃子が5年ぶり2勝目 三つ巴のプレーオフ制す/女子下部

60台で一気に浮上。「71」の福田、「72」の竹山と通算4アンダーで並んで迎えたプレーオフを勝ちきった。 酒井千絵が3アンダー4位。鬼頭さくらとリ・ハナ(韓国)が2アンダー5位で続いた。 服部真夕
2021/05/20ツインフィールズレディース

西木裕紀子が5年ぶりVへ首位浮上/女子下部

スタートの竹山佳林は高橋恵と並ぶ1打差2位に後退。3アンダー4位で酒井千絵と福田侑子が続いた。 服部真夕が1アンダー8位、藤田光里は1オーバー16位。前回2019年大会優勝の川岸史果は4オーバー39位で最終日に臨む。
2021/06/30Skyレディース ABC杯

リ・ハナが今季4勝目へ単独首位/ステップアップツアー

服部真夕が4アンダー2位。2アンダー3位で表純子と金井智子、1アンダー5位で西木裕紀子と小林由枝が続いた。リ・ハナとともに前週プロテストに合格したばかりの小倉彩愛ら6人がイーブンパー7位。 初日首位タイ
2021/04/14フンドーキンレディース

小野祐夢が単独首位浮上 2勝目に前進/女子下部ツアー

、小橋絵利子、アマチュアの永嶋花音(はなね)が並んだ。 単独首位から出た服部真夕は「73」とスコアを落とし、通算2アンダー6位に後退。同じく6位に31位から出て「69」と巻き返した20歳の後藤未有、小滝水音が並んでいる。 今…
2008/11/04

初優勝を果たした服部真夕が世界ランク83位に急浮上!

キャンディー・クンは前週の42位から27位と上昇。日本女子ツアーの「樋口久子IDC大塚家具レディス」で念願のツアー初優勝を飾った服部真夕は10ランクアップで世界83位までジャンプアップを果たしている。 順位
2013/11/02GDOEYE

2年前の借りを返す!服部真夕が2日間ノーボギー

アンダーの8位から出た服部真夕は「68」で回り、首位と1打差の通算7アンダー2位タイに浮上してきた。 初日に3バーディを奪い、この日は4バーディ。この日は決して無難な内容ではなかっただけに、2日間
2013/10/11スタンレーレディスゴルフトーナメント

服部真夕が4連続バーディ締めで“50万円”ゲット

午後は、気温が27.7度まで上昇。さらに、夕方にかけては、西から強い風も上空を吹き抜け、めまぐるしく変わる天候が選手を翻弄した。 そんな中で、8バーディ、1ボギーとスコアを伸ばした服部真夕が7アンダーで
2015/12/17

GDO編集部が選ぶ 2015年国内男女ツアー10大ニュース

江里菜、飯島茜、服部真夕・・・復活V続々 イ・ボミが年間7つのタイトルを並べた一方で、数年ぶりにカップを掲げた“復活組”の活躍も記憶に残るシーズンとなりました。原江里菜の7年ぶりをはじめ、飯島茜は5年ぶり
2011/09/18マンシングウェアレディース東海クラシック

服部真夕が逆転、地元で今季初勝利!

愛知県の新南愛知カントリークラブ美浜コースで開催された、国内女子ツアー第19戦「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。首位を1打差で追う服部真夕が3ストローク伸ばし、通算10アンダーで
2015/08/23CAT Ladies

服部真夕 アプローチイップスに負けず3年ぶりV

神奈川県の大箱根CCで開催された国内女子ツアー「CAT Ladies」最終日。2位から出た服部真夕が5バーディ、1ボギー「69」(パー73)をマークし、通算14アンダーとして後続に4打差をつける圧勝
2011/04/21フジサンケイレディスクラシック

服部真夕、自身初の大会連覇をかけた一戦!

シーサイドコース特有の強い海風と、激しいアップダウン。そして芝目が強い高麗グリーンが立ちはだかる川奈ゴルフコース。昨年の「フジサンケイレディスクラシック」を制した服部真夕が、自身初の大会連覇に向けて