ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

服部真夕はスコアを崩し13位タイに終わる

2011/10/16 17:34


国内女子ツアー「富士通レディース」の最終日を、2位に1打差の通算6アンダー単独首位で迎えた服部真夕。今季2勝目を掴むためにバーディ量産を狙った。しかし、スタートの1番でパーパットをショートしてボギーにすると、2番もボギーで早々に首位の座を明け渡してしまった。

すると、中盤はチャンスにつけてもバーディパットが決まらず苦戦が続く。後半も14番、16番とボギーをたたき、バーディを奪えぬまま通算2アンダーまでスコアを落して13位タイに終わった。

「朝一のティショットは良い感じで打てたので、今日はいけるかなと思ったのですが、パッティングが打てませんでした。最後まで打ち切れず、今日はパッティングがダメでした。1番で2打目をラフに入れてしまって、そこから寄せ切れなかったのが、流れを作れなかったきっかけです」。

最終組でラウンドしながら、優勝者のプレーについていけなかったことを悔やむ服部だが、この日のラウンドを冷静に見つめ、次戦以降に向けた調整を行う。「次回は今回のようなゴルフをしないように練習します」。悔しさをグッと堪えて前を向き、報道陣の質問に応じた。(千葉県千葉市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。