ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

服部真夕は初日87位から9位へ

国内女子ツアーの第4戦「ヤマハレディースオープン葛城」で、最終日を単独首位で迎えながら、最終日にスコアを伸ばせず2位タイに終わった服部真夕。今週の「スタジオアリス女子オープン」では、「今週はダメです」と大会前から敗北宣言を出していた。それは過去3度出場して一度も予選を通過していないからだ。

そのマイナス思考のまま迎えた初日は、6オーバーをたたき87位タイと本人の予想通りの出遅れとなった。しかし大会2日目の寒さの中、2バーディ、2ボギーのイーブンパーで耐えた服部は、ぎりぎりながら初の予選突破を果たした。

すると最終日は裏街道の10番スタートでそれも最終組という位置から猛チャージをかけた。前半に3バーディを奪うと、後半も2つのバーディを奪い、一時は6位に浮上した。しかし7番パー3でボギーをたたき、通算2オーバーの単独9位でホールアウト。初日の「78」というスコアから最終日には「68」と10ストロークも伸ばした。

大会側が用意したベストスコア賞は最終日の服部と、2日目に同じく4アンダーをマークした申智愛の2人。申が表彰式に出席したため、何事もなかったように帰り支度をしていた服部は「今日はショットが完璧でした。このコースでこんなゴルフが出来るなんて、自分でも信じられない」と話す。シーズン序盤から上位に絡む回数も多い服部は、初日のような大たたきをしなければ、すぐにでも優勝しそうな存在だ。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。