2003/08/18全米プロゴルフ選手権

今日のタイガー/全米プロ最終日

を経験、1998年シンガポール キャリアー オープン優勝。 青木功、中嶋常幸、大町昭義、芹澤信夫、加瀬秀樹、横尾要、海老原清治など ツアーキャディーの経験や 2000年から3年間 ゴルフチャンネルのトーナメント解説で ライダーカップ、ヨーロピアンツアー、女子ツアー、ネイションワイドツアーを担当。
2009/01/30

遼も涙、島田幸作氏のお別れ会に550人

を詰まらせる場面も。「幸ちゃんの努力がJGTOの10年を支えたことは、誰が見ても間違いない。本当にお疲れさん。そして、ありがとう。何も心配せずにゆっくり休んでくれや」と締め括った。 尾崎将司、中嶋常幸
2013/10/21プレーヤーズラウンジ

<病魔と闘う42歳。細川和彦の生きざま>

かけている一流選手はいないぞ」と言われて、はたと考えた。いや、もちろん皆無ではない。たとえば、アメリカならトム・カイト選手とか、日本なら中嶋常幸とか・・・。 「でも一人か二人だろう? メガネで一流には
2001/12/01ゴルフ日本シリーズJTカップ

深堀踏ん張って首位キープ、伊沢と最終組対決

アンダーの3位で並んでいる。そして、ベテラン勢もまだ諦めることはなかった。17番でイーグルを奪った中嶋常幸が7アンダー5位まで浮上すると、前日失速したジャンボ尾崎は8バーディ、2ボギーとスコアを6つ伸ばし
2012/05/26GDOEYE

異色のアラフォー?兼本貴司

につけて見せた。 2週間前、師匠の中嶋常幸から得た“ヒント”が活きた。「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で、同組で回った際、中嶋はこれまでのボールから、よりスピン量のあるモデルに替えて
2011/11/05富士フイルムシニアチャンピオンシップ

D.ラッセルが逆転勝利! キム・ジョンドクが賞金王に輝く

日のベストスコア「66」をマークした芹澤信雄と中嶋常幸が浮上した。逆転賞金王には優勝が最低条件だった室田淳は1つ落とし、通算2アンダーの17位タイで終えた。 <デビッド・ラッセル「今日が一番うれしい
2008/10/23

中嶋常幸が単独首位スタート! 青木功は35位タイ

の青木が自身初となるエージシュートを達成するなど、大きな話題を呼んだ。 迎えた初日、6アンダーで単独首位に躍り出たのは2005、2006年大会と連覇を果たしている中嶋常幸。現在もレギュラーツアーで活躍
2011/10/20ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

中嶋常幸、誕生日に話題のドライバーで好発進

国内男子ツアーの今季第20戦「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」が20日(木)、千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースで開幕。宮本勝昌が8アンダーで単独首位に立つ中、中嶋常幸が5バーディ
2013/06/13第14回スターツシニアゴルフトーナメント

スポーツを通してできること いのちの啓蒙活動

中嶋常幸をはじめ、青木功、室田淳、そのほか多くの選手のキャディバッグにこのオレンジのドレスをまとったキティちゃんが付いている。「生産数が少なくてツアーの賛同してくれる選手に配ることができなかったけど
2001/10/21ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

ボチボチのはずが優勝!伊沢がシーズン4勝目を上げた

。一時は前半からスコアを伸ばした中嶋常幸に首位を奪われたが、10番ホールで10メートルほどのパットを沈め、11番でもバーディ。14番でも8メートルを決めて14アンダーで完全に抜け出すことに成功した。 最終
2003/04/17

世界で活躍する日本選手たち

位↓3 中嶋常幸90位↓1 佐藤信人119位↓4 田中秀道126位↓4 藤田寛之127位↓1 横尾 要128位↑1 尾崎将司133位↑4 今野康晴142位↑1 宮本勝昌164位―― 手嶋多一168位
2003/01/30

世界で活躍する日本選手たち

位↓2 中嶋常幸68位↑2 佐藤信人105位↓1 藤田寛之108位↓3 田中秀道112位↓2 尾崎将司113位↓1 横尾要120位↓9 今野康晴131位↓5 手嶋多一135位↓2 宮本勝昌144位↓7
2001/12/02ゴルフ日本シリーズJTカップ

宮本が逆転勝利、最終組の68年トリオ敗れる

を軸に最終組、そして、その前の組での優勝争いとなった。首位と4打差の3位からスタートした宮本勝昌がスコアを伸ばせば、ベテランの中嶋常幸、平石武則も喰らいついていく。相乗効果で3人ともスコアを伸ばした
2002/04/12

世界で活躍する日本選手たち

1アップ 深堀圭一郎 141位 9ダウン 横尾要 152位 1ダウン 中嶋常幸 153位 変わらず 佐藤信人 163位 変わらず 尾崎直道 170位 1アップ 鈴木亨 193位 変わらず 宮瀬博文