ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹が単独首位!過去4勝の中嶋常幸が追走!

北海道にある札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースで行われている国内男子ツアー第13戦「ANAオープンゴルフトーナメント」の2日目。朝からコース内を風が吹き抜けるコンディションとなる中、5アンダー4位タイからスタートした谷口徹が、この日も5アンダーの「67」をマーク。通算10アンダーで単独首位に浮上した。

10番スタートの谷口は難易度がもっとも高い10番でボギーを叩いたが、12番パー5で4mのバーディパットを沈め、すぐにスコアを戻した。「序盤は流れが悪かったけど、12番で良い流れになりました。今日は風もあって、ピン位置も昨日より難しかった。これだけ良いゴルフができたのは輪厚では初めて」と笑顔で振り返った。

その谷口を2打差で追うのは、今大会4勝を誇る中嶋常幸だ。谷口と同じく5アンダーでスタートした中嶋は、序盤にバーディを3つ奪うと、8番パー3でボギーを叩いたものの後半の12番パー5でもバーディを奪い8アンダーまでスコアを伸ばしている。「予選2日間を上位で戦えたのは自信になる。明日からの2日間が楽しみだ」と、こちらも満面の笑みで記者会見を終えた。

7アンダー3位には、初日首位タイで大会連覇を狙う矢野東と、兼本貴司エディ・リー(韓国)の3人。さらに1打差の6アンダー6位タイに石川遼山下和宏金庚泰(韓国)の3人が並んでいる。4アンダー7位タイからスタートした石川は、前半に2バーディを奪ったが、10番で今大会初のボギーを叩く。しかしその後は粘りのゴルフでスコアを崩さず首位と4打差の6アンダーでホールアウト。残る2日間での巻き返しに期待がかかる。

予選2ラウンドを終え、通算イーブンパー54位タイまでの67名が決勝ラウンドに進出した。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。