ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹が中嶋常幸を振り切り2年ぶりの優勝!

北海道の札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースで行われている、国内男子ツアー第13戦「ANAオープンゴルフトーナメント」の最終日。晴天に恵まれたが冷たい北風が吹きつける中、16アンダー単独首位からスタートした谷口徹が、2バーディ、2ボギーで16アンダーをキープし、2位に4打差で逃げ切り優勝を果たした。谷口は2007年の「日本オープン」以来となるツアー15勝目。シーズンオフに交通事故で肩を痛め、開幕から出遅れたが復活をアピールする勝利を飾った。

序盤の2番でバーディを奪い17アンダーとした谷口は、1番でボギーを叩いた2位タイスタートの中嶋常幸山下和宏との差を7打差に広げ独走するかと思われた。ところが、6番、7番とセカンドショットのミスで連続ボギー。一方、4番、5番で連続バーディを奪った中嶋が、7番でもバーディを奪い2打差まで迫った。

「2打差になったときは、少しやばいと思いましたよ。でも、自分のゴルフに徹することで悪い流れを止めました」。2年ぶりの優勝を目前に、多少の緊張感を感じていた谷口は、優勝が決まった直後「ほっとしています」と内心を明かした。

優勝した谷口とは4打差の12アンダー2位には、中嶋、山下と韓国の金庚泰の3人。11アンダー単独5位に谷原秀人、10アンダー6位タイに宮里優作室田淳が並んだ。大会連覇を狙った矢野東は通算6アンダーの13位タイ、大会ホストプロとして予選通過を果たした石川遼は、通算5アンダーの18位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!