ニュース

米国男子バレロテキサスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

早耳情報:バレロテキサスオープン

戦前分析

2月でTPCサンアントニオでの大会も3周年を迎えた。ここは米国ツアーを開催しているなかで最も新しいコースである。修正箇所はまだまだあり、そしてまだまだ「若い」大会である。

これまでのバレロテキサスオープンと同じように、どの選手にもチャンスが巡ってくる事が予想され、リーダーボードに並ぶ面子は過去3回とは違った顔ぶれになるだろう。コースの経験値はある程度ものを言うかもしれないが、TPCサンアントニオでどのように戦ってきたかに関係なく、短い大会の歴史を振り返ると新参者にもチャンスがあるように思われる。
水曜日の時点での、戦前分析とシーズン合計の米国ツアーレポートがこちらだ。

本命

ゴンサロ・フェルナンデス-カスタノ(スペイン)
招待選手。テンポラリーメンバー。ベイヒルで3位タイ、フェアウェイキープ率13位、スコア貢献率5位。最近19戦連続で予選通過中。イタリアでの勝利を含め、トップ10入りが6回。

ブライアン・デービス(イングランド)
例年通り、彼の時期がやって来るかもしれない。彼はこの1ヶ月間、好調を維持してきた。先週のレッドストーンで6位タイ。フェアウェイキープ率5位タイ、パーオン率27位タイ、スコア貢献率3位。

バド・コーリー
レッドストーンで4日通して大崩れせず16位タイ、パーオン率13位タイ、スコア貢献率18位。先週は、参戦2年目でフェデックスポイント130位に位置する若者にとって、今後、米国ツアー参戦し続ける上での糧となったか。サンアントニオとの相性は良く、昨年のデビュー戦で18位タイ。

マルセル・シーム(ドイツ)
スポンサー免除でマスターズ出場権最後の1枠を獲得した。先週モロッコのヨーロピアンツアーで完全勝利を遂げたものの世界ランキング50位に一つ足らずマスターズ出場圏外だった。彼は8戦連続予選通過中、そのうち2度はWGCでのものだが、先週の優勝は初めて25位以内につけた成績である。

対抗馬
おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 バレロテキサスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!