2020/05/09ヨーロピアンツアー公式

バルセロナから60分 PGAカタルーニャリゾート

れ、トーマス・ビヨーン(デンマーク)が優勝を飾った。その後、同コースでは「スペインオープン」が3度開催されている。 「スペインオープン」ではブライアンデービス(イングランド)が2000年大会を
2013/07/03佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 84>ブライアン・デービス

■オネスト(正直)・ブライアン ブライアンデービス(イングランド)の名が、一躍知られるようになったのは2010年「ベライゾンヘリテージ」だった。デービスは最終日トップのジム・フューリック…
2020/01/11ソニーオープンinハワイ

小平智、松山英樹が決勝へ 首位にスティールら

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(10日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70) 初日の残りと第2ラウンドが行われ、首位に3打差の6位から第2ラウンドを出たブレンダン
2019/06/03全米オープン

2019年「全米オープン」出場者&資格

ブレンドン・トッド ニック・テイラー カルロス・オルティス ジュリアン・エトゥレイン スコッティ・シェフラー マイク・ウィア ブライアンデービス マット・ジョーンズ チャールズ・ダニエルソン
2013/04/03PGAコラム

早耳情報:バレロテキサスオープン

10入りが6回。 ブライアンデービス(イングランド) 例年通り、彼の時期がやって来るかもしれない。彼はこの1ヶ月間、好調を維持してきた。先週のレッドストーンで6位タイ。フェアウェイキープ率5位タイ
2016/07/20佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑207>ビジェイ・シン(前編)

ブラント・スネデカーに4打差の好位置。3、4日目はスコアを伸ばせなかったが、上位陣に迫るプレーだった。昨年8月には51歳のデービス・ラブIIIがウィンダム選手権で優勝するなど、50代の洗練プレーも要注目
2015/06/10佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑161>クリス・カーク

への注目と評価は急上昇していった。 その後もハリス・イングリッシュ、ラッセル・ヘンリー、ブレンドン・トッド、ブライアン・ハーマンら後輩たちも次々と勝利し、カークの1年先輩であるケビン・キスナーは4週間
2013/06/07PGAコラム

復活を期すラブIIIが首位タイ、混戦を牽引

By PGATOUR.COM wire services デービス・ラブIIIは、今年2月に受けた背中の手術からの回復に時間を要しているようだ。しかしブラント・スネデカー、ダスティン・ジョンソン
2003/11/14

2003年米国ツアーを振り返って

〕、シン〔4勝〕、デービス・ラブIII〔4勝〕、及びマイク・ウイア〔3勝〕の誰が優勝し、プレイヤー・オブ・ザ・イヤーの座を獲得してもおかしく無い。しかし、シーズン最後のツアーでは、シン及びラブは5位
2017/01/18佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑223>バッバ・ワトソン(前編)

■結石放出でスカッと優勝! 12年、14年とダブル・マスターズ・チャンピオンのバッバ・ワトソン(38)。昨年2月のノーザントラストオープンで9勝目を挙げ、公私ともに充実の日々を送っている。この優勝
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

デービス・ラブIII、「ジョンディアクラシック」覇者のブライアン・ハーマン、「全米オープン」勝者のルーカス・グローバー、PGAツアー5勝のジョナサン・バードが含まれている。また87人の初出場組の多く
2002/09/30ライダーカップ

第34回ライダーカップ最終日

アメリカに対し、チームのベストプレーヤーを前半に集め、先にリードを奪うことで選手たちの士気を高める作戦をとったのが、欧州キャプテンのサム・トーランス。一方の米国キャプテンは、トップ3であるデービス・ラブ
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

・フィッシャー マシュー・フィッツパトリック トミー・フリートウッド リッキー・ファウラー セルヒオ・ガルシア ブランデン・グレース アダム・ハドウィン ブライアン・ハーマン ティレル・ハットン
2014/11/09PGAコラム

「OHLクラシックatマヤコバ」アラカルト

」でツアー初優勝を飾っている。昨年の大会2位はブライアン・スチュアードだった。 筋書き: フェデックスカップポイントランキング1位のベ・サンムンは秋シリーズの大会を2週続けて欠場するため
2012/09/28WORLD

【WORLD】ライダーカップメンバー選考にみる1打の重み

メイハンがアメリカ代表に選ばれていたら、ミケルソンがキャプテン推薦で代表に加わったことは間違いない。ならば、デービス・ラブIIIは誰を外すのか?フューリックか?ブラント・スネデカーか? このような
2004/12/07

B.デービスがトップ通過!PGAツアー「Qスクール」最終日

アプローチショットを披露。そして、渾身のバーディを奪い7アンダーでフィニッシュ。執念でツアーカードを獲得した。最終日を19アンダーの単独首位でスタートしたブライアンデービスは出だし4番と5番で連続バーディ
2013/05/22PGAコラム

2016年からのアンカーリング禁止が決定

14-1bは、2016年から適用されると発表された。 R&Aのチーフ・エグゼクティブであるピーター・ドーソンは「この課題について徹底的に検討してきた。ゴルフのために正しい決定であることを確信している」と