2018/01/19

イム・ソンジェ、米下部ツアー1試合目で初優勝

史上2番目の若さ。韓国生まれの選手として同ツアーを制したのは、キム・シウー、ケビン・ナ、ジェームズ・ハーン、ダニー・リー、スンヨル、ドンファンに加えて7人目となった。 最終日を最終組でスタートした任
2017/09/12ヨーロピアンツアー公式

「KLMオープン」の大会アラカルト

、「メイバンクマレーシアオープン」がスンヨル(18歳282日で2010年大会を制覇)とマッテオ・マナッセロ(17歳363日で2011年大会を制覇)の優勝により、この記録の仲間入りを果たした。
2016/06/10フェデックス セントジュードクラシック

ノ・スンヨルら3選手が首位 岩田寛は1アンダー26位

◇米国男子◇フェデックス セントジュードクラシック 初日◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7244yd(パー70) スンヨル(韓国)が6バーディ、1ボギー「65」でプレーし、トム・ホジー
2017/02/11AT&Tペブルビーチプロアマ

2日連続で翌日順延 スピースが暫定首位に浮上

)。通算7アンダー4位タイに、いずれも第2ラウンドプレー中のパトリック・リード、スンヨル(韓国)が続いている。 岩田寛はペブルビーチGLで12ホールを完了し、3バーディ、2ボギーとひとつスコアを伸ばしてサスペンデッドに。通算1アンダーで暫定42位タイとしている。
2017/02/10AT&Tペブルビーチプロアマ

初日は大雨でサスペンデッド 岩田寛は暫定37位

スンヨル(韓国)の3人が4アンダーの暫定首位に立った。 1打差の暫定4位にはモントレーペニンシュラCCで2ホールを残しているジョーダン・スピースら。世界ランキング1位のジェイソン・デイ
2017/03/22プエルトリコオープン

石川遼、岩田寛が出場 5年連続ツアー初優勝者誕生なるか

なっている。また、優勝したフィナウは、マッチプレーの待機選手1番目となり、今年はエントリーしていない。 昨年、プレーオフで敗戦を喫したツアー未勝利のスティーブ・マリ、3位のイアン・ポールター
2016/11/11三井住友VISA太平洋マスターズ

趣味は洗濯!?韓流プリンス、同学年の松山英樹と最終組対決へ

同じ。韓国でもアン・ビョンフンも、スンヨルも、イ・キョンフンもみんな同じ!」と世代のメンバー構成に胸を張る。アジア初の世界選手権シリーズ制覇を遂げた怪物に、一矢報いたい。(静岡県御殿場市/桂川洋一)
2017/05/08ウェルズファーゴ選手権

18番9mバーディで逆転!ハーマン3年ぶりV、復帰DJは2位

なガッツポーズを繰り返した。 1打差2位にジョンソン、ペレス。期待の若手の22歳ホン・ラーム(スペイン)が通算8アンダー4位。スマイリー・カウフマン、ケビン・ツエー、スンヨル(韓国)が通算7
2017/05/04ウェルズファーゴ選手権

公傷のポイント見直し 石川遼はそれでも厳しい戦い

ptと今季の合計で、昨季のポイントランク125位だったスンヨルの454pt以上の結果が必要となる。現時点で、あと218pt。ツアーが1日、公傷制度を利用する選手に不利と指摘された規定を変更したため
2016/08/31佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑212>キム・シウー

番目の年少記録となった。韓国籍の選手の優勝は、13年のスンヨル以来2人目。プロとして優勝することを経験し、大きな転機になった。同年PGAツアーへの昇格戦ファイナルズで、20歳で最年少突破を果たし
2016/06/12フェデックス セントジュードクラシック

バーガーが初優勝に王手 ミケルソンら3打差2位

・ストリッカー、「64」をマークしたD.A.ポインツと並び通算7アンダー2位。初日首位のスンヨル(韓国)、ブルックス・ケプカら3選手が通算6アンダー5位で並んだ。 世界ランク6位のダスティン・ジョンソンは「73」と落とし、3位から通算2アンダーの18位まで急降下した。
2016/06/13フェデックス セントジュードクラシック

バーガーがツアー初優勝 D.ジョンソン「63」で巻き返し5位

ダスティン・ジョンソンは1イーグル6バーディ、1ボギーの「63」をマークして、通算9アンダーの5位でフィニッシュした。 通算8アンダー6位にブライアン・ゲイ、通算7アンダー7位にラッセル・ヘンリー、スンヨル(韓国)が続いた。
2016/06/11フェデックス セントジュードクラシック

バーガー首位 追うジョンソン、ミケルソン 岩田寛は予選落ち

グランドスラムがかかるフィル・ミケルソン、初のメジャー制覇を狙う世界6位のダスティン・ジョンソン、今季1勝の飛ばし屋ブルックス・ケプカの強豪3選手が通算5アンダー3位につけた。 首位から出た
2016/05/13アジアンツアー公式

アジアンツアー通信/2016年5月号

知らない若者たちが成功を手中に収めていく流れは、アジアンツアーの選手たちが世界のベストゴルファーたちと対等に戦えることの証明となっている。 キラデク・アフィバーンラト、アニルバン・ラヒリ、スンヨル
2016/05/10ヨーロピアンツアー公式

男子ゴルフ界でも注目!若手韓国勢の躍進

、韓国人選手としての最年少優勝を記録したスンヨルは、18歳282日で勝利の美酒を味わった。 現在、既出の韓国人選手5人がヨーロピアンツアーのフルメンバーシップを保有している。韓国勢としては新記録だ
2016/05/09ハッサンIIトロフィー

20歳のワン・ジョンフンが初優勝 武藤俊憲は71位

韓国勢の優勝は、2週間前の「深センインターナショナル」を制したイ・スミンに次いで8人目となり、通算では10勝目。アジア圏勢での20歳と256日での優勝は、18歳と282日で制したスンヨル(2010