ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブ・カップ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

【WORLD】トム・レーマン ジム・フリックの心からの助言を受け感謝の優勝

Golf World(2012年11月8日号) texted by Bill Fields

5打差リードで迎えた最終ホールのティグラウンド。トム・レーマン逆転されることなど気にも留めなかった。米国チャンピオンズツアーの今季最終戦「チャールズ・シュワッブ・カップ選手権」。彼は友人であり、師匠であり、そして膵臓がんの末期患者だったジム・フリックのことを気にしていた。レーマンは、82歳のフリックがカリフォルニア州カールスバッドの自宅でトーナメント中継を観ていてくれていると信じていたのだ。そうであると望んでいたのだ。

試合後のレーマンは「ドライバーを打つ時は、これが彼が見る最後のティショットになるかも知れないから、ナイスショットにしようと思っていたよ」と話した。「また、最後の7番アイアンのショットも、やっぱり最後だと思ったから良いショットにしたかった。そして最後のパット、あれは決めたかった。本当は(2位に)6打差をつけて終えたかったんだ。彼のためにもね」。

ティショットは、レーマンの代名詞でもあるパワードロー。スコッツデールにあるデザートマウンテン・クラブ・コチセコース18番のフェアウェイ左サイドの完璧な場所に運ばれた。511ヤードのパー5で放った7番アイアンのセカンドショットも素晴らしく、ピンから7メートルに。イーグルチャンスにつけたが、パットはわずか右にそれた。「グッドパットだった。まあ、いつも決められるわけじゃないからね…」とレーマン。

イーグルを逃したことで、レーマンが望む形でフィニッシュはできなかったが、1990年のデザートマウンテンから共にしてきた師匠、フリックを失望させる理由などない。ジェイ・ハースに6打差をつける通算22アンダー258での圧勝は史上初の快挙へと導いた。それはシュワッブ・カップのシーズンを通じたポイントで、2年連続でトップ(100万ドルを獲得)となったこと。さらに2005年のトム・ワトソン以来となるシーズン最終戦とポイントレースの優勝を同年に飾った選手にもなった。

レーマンは、今季20試合中17試合でトップ10になっていたベルンハルト・ランガーに211ポイント差をつけられ、自宅近くのこのデザートマウンテンにやってきた。そして優勝することでタイトル奪取となることも分かっていた。今季は序盤にリージョンズ・トラディションでも優勝しているレーマンは「今年は調子が良かった。自分がそうしたいときに良いプレーができたことは、非常にラッキーだしありがたいこと。良いプレーをしたいときにできない、なんてことはいくらでもあるのにね。今週は良いプレーがしたくて、本当にできた週だった」と振り返る。

Golf World(2012年11月8日号) texted by Bill Fields
おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク

2012年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。