最近のニュース 新着一覧≫


2020/12/08全英オープン

「全英オープン」2024年大会までの会場を発表

R&Aは7日、男子ゴルフのメジャー「全英オープン」の2023年大会をイングランド・ロイヤルリバプールで、24年大会をスコットランド・ロイヤルトルゥーンで開催することを発表した。 前回ロイヤル
2020/12/04中古ギア情報

学生プロ同士の名勝負を支えたギアを中古で探す

万円台から見つけることができた。 昨年に「マスターズ」と「全英オープン」を経験し、ウェッジを2本から3本(52度、58度、60度)に変更。それぞれ「ピン グライド フォージド ウェッジ」を使用している
2004/07/15全英オープン

全英オープン観戦ガイド

全英オープンの歴史 <全英オープン発祥はナンバー1を決める内輪の大会> 全英オープンは4大メジャーの中で3番目に開催されるビッグトーナメント。米国外で行なわれるメジャーは全英オープンだけで…
2014/07/15PGAコラム

松山英樹は何位? 「全英オープン」優勝予想番付

全英オープン」では雨と風の影響は排除できないが、逆にそれこそが「全英オープン」というものなのだ。 例外は、十分に乾燥したロイヤルリバプールで、ウッズが輝かしい次章の幕開けをした時だった。彼が記録した
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレン・クラーク ベン・カーティス ジョン・デーリー デビッド・デュバル アーニー・エルス
2007/07/19全英オープン

「全英オープン」出場を控えた選手たちのインタビュー

全英オープン」で最後に3年連続優勝を果たしたのはピーター・トムソンで、1956年にハットトリックを達成した。 ピーター・トムソン 「タイガーと共に話題になることを誇りに思います。忘れられていた記録
2020/09/27

R&Aがアーニー・エルスら4人を名誉会員に選出

世界のゴルフ統括団体のひとつで、男子の海外メジャー「全英オープン」などを主催するR&Aは、アーニー・エルス(南アフリカ)、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、ニック・プライス(ジンバブエ
2017/07/19ヨーロピアンツアー公式

第146回「全英オープン」の大会アラカルト

2016年大会を振り返る 今週は、最高のゴルファーたちが頂点を目指すゴルフ界最古の大会、第146回「全英オープン」が開催されるロイヤルバークデールにすべての注目が集まる。 昨年はフィル・ミケルソンと
2013/04/30ヨーロピアンツアー公式

「全英オープン」出場枠削減の理由

全英オープン」の主催者は、今年ミュアフィールドで開催される本大会の特別選手枠を減らす意向を明らかにした。昨年のロイヤルリザムやセントアンドリュースで行われた大会で、参加者があまりに多過ぎたのがその
2020/11/11ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」で知っておくべき5つのこと

月へそれぞれ延期され、第149回「全英オープン」に至っては2021年に延期されることとなった。 異なる「マスターズ」 2020年の「マスターズ」へ向け、オーガスタにおける秋の彩りや、大会史上初となる
2020/09/27

ゴルフきょうは何の日<9月27日>

」「全英オープン」「全米オープン」とあわせて史上初の年間グランドスラムを達成した。 現在の「マスターズ」「全米プロ」「全米オープン」「全英オープン」の4大会がメジャーと呼ばれるようになったのは1934
2006/07/11全英オープン

全英オープン 開催コース詳細

RoyalLiverpool G.C. Hoylake,England Out Par36 3401yards In Par36 3508yards Total Par72 6909yards No.1~9ホール ■No.1 454ヤード パー4 Royal …
2018/07/18ヨーロピアンツアー公式

第147回「全英オープン」について知っておくべき5つのこと

今週はカーヌスティGLで第147回「全英オープン」が開催される。ここに、今年のメジャー第3戦で知っておくべき5つの事柄をお知らせしよう。 メジャーを席巻する米国勢 この1年間で、米国出身選手たちが
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

1:6月21日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 スチュワート・シンク ダレン・クラーク デビッド・デュバル アーニー・エルス パドレイグ・ハリントン ザック・ジョンソン ポール・ローリー