2019/07/20バーバゾル選手権

ジム・ハーマンが首位浮上 小平智は57位で予選通過

アンダーの首位に浮上した。1打差の2位にビル・ハース。 ツアー通算13勝の52歳デビッド・トムズが「64」で回り、12アンダーの3位につけた。単独首位で出たJ.T.ポストンは通算9アンダーの18位に後退
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

:27) ジミー・ウォーカー松山英樹 9:38(22:38) キャメロン・ウィルソンジェイソン・ダフナー 9:49(22:49) ウィル・グリマー (a)アーロン・バデリー 10:00(23:00
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・フィッシャー 8:50(22:50) トニー・フィナウアン・ビョンフン 8:59(22:59) アンドリュー・パットナムアドリアン・オタエギ 9:08(23:08) 任成宰J.J.スポーン 9:17(23
2018/04/03マスターズ

ひどい奴ら '68マスターズの光と影 2

・キャスパーはベトナムの病院に負傷兵を見舞うことを習慣としていた。彼はその点において、すばらしい人道主義者だった。あるとき、私の甥のジェイハースがサウスカロライナ州チャールストン近郊の海岸沿いを歩いて
2019/01/15デザートクラシック

西海岸シリーズ初戦のプロアマ大会 ローズ、ミケルソンら出場

ジャスティン・ローズ(イングランド)、大会2勝(2010、15年)のビル・ハースらが出場。カリフォルニア州出身のフィル・ミケルソンは、今年も地元大会で新年の初戦を迎える。 選手は予選ラウンド3日間で3コースを巡り、54ホールを終えた上位70人がTPCスタジアムコースで行う決勝ラウンドに進出する。
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

ウッド リッキー・ファウラー ビル・ハース ブルックス・ケプカ 松山英樹 トレイ・マリナックス ジャスティン・トーマス ブライアン・ハーマン チャーリー・ホフマン ザンダー・シャウフェレ ブラント
2018/08/23ザ・ノーザントラスト

フェデックスランク1位でプレーオフ進出 年間王者になった例は

・ステンソン 2012年:タイガー・ウッズ/ブラント・スネデカー 2011年:ニック・ワトニー/ビル・ハース 2010年:アーニー・エルス/ジム・フューリック 2009年:タイガー・ウッズ/タイガー・ウッズ 2008年:タイガー・ウッズ/ビジェイ・シン 2007年:タイガー・ウッズ/タイガー・ウッズ
2018/08/16ウィンダム選手権

プレーオフ進出なるか 崖っぷちに立つビッグネームたち

遭い運転手が死亡。助手席にいたハースも足に故障を負うアクシデントに見舞われた。 そのほか、143位のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、171位のジム・フューリック、208位のアーニー・エルス
2018/08/20ウィンダム選手権

ガルシアは初めてプレーオフに進めず 2人が滑り込み

の128位にとどまり、プレーオフ制が導入された2007年以降、初めて進出を逃した。 ランク171位で迎えたジム・フューリックは今季ベストの4位フィニッシュとしたが、30ランクアップの141位でシーズン
2018/08/17ウィンダム選手権

「59」のスネデカーが首位発進 松山英樹は73位

。1イーグル10バーディ、1ボギーの11アンダーをマークし、ツアー歴代2番目に並ぶ「59」を記録。2016年の「トラベラーズ選手権」最終ラウンドでジム・フューリックがマークした最少ストローク「58」には
2018/02/02WMフェニックスオープン

松山英樹は3連覇へ29位発進 首位ハースと5打差

の大観衆を前に首位スタートを切ったのは、ツアー通算6勝のビル・ハース。1イーグル、5バーディの「64」でプレーし、7アンダーとして後続に2打のリードをつけて飛び出した。 5アンダーの2位に2016年
2017/03/27ヨーロピアンツアー公式

力の差を見せたダスティン・ジョンソンがWGC2連勝

「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」は、ダスティン・ジョンソンが制覇した。決勝戦で見事な奮闘を見せたホン・ラーム(スペイン)を1アップで退けて、史上2人目となる世界ゴルフ選手権連勝を達成した
2017/03/27WGCデルテクノロジーズ マッチプレー

谷原秀人は4位フィニッシュ エース締めでマスターズへ

オースティンで主役のひとりであり続けた。午前中の準決勝でダスティン・ジョンソンに1アップの惜敗を喫した後、ビル・ハースとの3位決定戦で海外ツアー初のホールインワンを記録。2&1で敗れながらも、初日に
2017/08/11全米プロゴルフ選手権

初の米国2連戦 「全米プロ」デビューの小平智はイーブン発進

世界選手権に出た経験も大きい。初日から一緒にプレーしたのはシャール・シュワルツェル(南アフリカ)、ビル・ハースジョン・ラーム(スペイン)、そしてフィル・ミケルソンとビッグネームばかり。戦況も見通しが