最近のニュース 新着一覧≫


2019/06/18優勝セッティング

今季2勝目 鈴木愛が投入した「ピン G410 LST ドライバー」

「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」に続く今季2勝目を挙げた。 14本は契約するピンで揃えられ、大会前の10日(月)から「G410 LST ドライバー」を投入した。 フェアウェイキープ
2019/09/21クラブ試打 三者三様

G410 LST ドライバー/ヘッドスピード別試打

新旧“低スピン”対決 G410vsG400の結果は? ピン「G410 プラス ドライバー」「G410 SFT ドライバー」に約3カ月遅れて発売された低スピンモデル「G410 LST ドライバー
2019/08/09中古ギア情報

渋野日向子の笑顔を支えるクラブをチェック

クラブセッティングを見てみよう。ドライバーは「ピン G410 プラス ドライバー」の10.5度。シャフトは9月に発売される「藤倉コンポジット スピーダー 569 エボリューション 6」のSRを44.75
2019/11/05優勝セッティング

ピン契約2年目で4季ぶり勝利 ハン・ジュンゴンの14本

・ジュンゴン(韓国)が最終18番(パー5)をイーグルで締めくくり、通算19アンダーで4シーズンぶりの優勝を飾った。 2018年にピンと用具契約を結んでから、2年目で初めてのタイトル。ツアー屈指のショット
2019/11/24ザ・RSMクラシック

小平智はピンを攻めきれず後退「つまらない一日」

◇米国男子◇ザ・RSMクラシック 3日目(23日)◇シーアイランドリゾート シーサイドコース(ジョージア州)◇7005yd(パー70) シーサイドコースのみで行われる決勝ラウンドに...
2019/11/09クラブ試打 三者三様

スピーダー エボリューション 6 /ヘッドスピード別試打

たい人ではない人用の飛ばし方を、『スピーダー』自体が提案したという感じです。渋野日向子プロのようにピン『G410 プラス ドライバー』のような、深重心で高MOI(慣性モーメント)のヘッドとの相性がすごく
2019/06/15クラブ試打 三者三様

G410 フェアウェイウッド/ヘッドスピード別試打

やさしさがウケているG410、FWは飛ぶの?飛ばないの? ピン「G410」シリーズは、飛距離性能とやさしさが高い支持を得て、使用プロも活躍したことからドライバーの売り上げが好調と聞く。そこで気になる
2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

ハットンはここでの2打目をピン側1.2mにつけてイーグル奪い、通算18アンダーにスコアを伸ばした。 シュワブがパー3の5番でティショットをバンカーに入れてボギーとしたことで、後続との差は1ストロークに
2019/11/25ヨーロピアンツアー公式

セベ・バレステロス以来 スペインから若き年間王者が誕生

番ティに達した時点では、今季の全てはプレーオフへ委ねられるかに見えた。 しかし、ここで完璧なティショットを放ったラームは、2打目をバンカーに入れながらも、巧みなバンカーショットでピンそば1.2mへ
2019/10/05クラブ試打 三者三様

ツアーB JGR ドライバー/ヘッドスピード別試打

ツアーで活躍。身長159cm。 筒康博「ピン1Wの対抗馬」 ―率直な印象は? 「『ツアーB JGR ドライバー』は、つかまる、上がる、スピンが入る、というこれまでの『JGR』のイメージに加え、新たに
2019/05/18クラブ試打 三者三様

G410 アイアン/ヘッドスピード別試打

ウッドが大人気の「G410」… アイアンはどう? 今春発売した話題作の中でも、1、2を争うほどヒットを飛ばしているピン「G410」シリーズ。ドライバーを使用したピン契約の女子プロが開幕戦から連勝した
2019/12/02ヨーロピアンツアー公式

ララサバルが痛みをこらえ復活優勝

返り咲くと、ララサバルも1.8mのバーディパットを沈めて1打差を維持し、続く16番では4.5mのバーディパットをねじ込んで、首位は三つどもえとなった。 一方、シュワルツェルはパー5の18番で2打目をピン
2019/10/30GDOEYE

「柏原さん、上にいるよ」イ・ボミ復活の予感は確かか

。ショットもそう。その試合でも3位だった。だから夏場の状態は、今年いつ勝っても不思議じゃないと思ったのが、本音だよね」 ピンは右手前、手には5I。地面がやわらかくキャリーで飛ばす必要があるため、イ・ボミは
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

4.5メートルのバーディパットを沈めたウーストハイゼンに並ばれた。2010年の「全英オープン」王者は2番で寄せワンのバーディを奪い、一気にマキロイを抜き去った。 その後、マキロイはバックスピンピン