ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

PGA“今週の注目ランク”2位に松山英樹、6位に石川遼

By Rob Bolton, PGATOUR.COM

PGAツアーの新シーズンも本格的にスタート。第2戦「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」には昨年よりも12人多い144人が出場を予定している。

TPCサマリンがラスベガスでの本大会の単独会場になってから、今年で7年目。コースは2008年大会のパー72から現在の35・36のパー71に改められたが、パー71の会場の中では最も易しいコースとして毎年ランクインしている。昨年の平均スコアは69.546(または1.454アンダーパー)で、13会場では最も低いスコアだった。グリーンは平均7,570平方フィート(約703平方メートル)、スティンプメーターで計測される速さも「11」程度のためスコアメイクしやすい。

<< 下に続く >>

昨年の覇者ウェブ・シンプソンが、バンカーに手を加えた4ホール(7、12、13、18番)で見事なプレーをし、通算24アンダーの「260」で大会記録に並んだのはやや驚きだった。とはいえ、彼はパーオン率で2位タイ、ピンまでの平均距離で4位、スクランブル率で3位タイ、そしてパットのスコア貢献率では1位だった。シンプソンが大会中に叩いたボギーは4つだけで、改修されたホールでは1ボギーのみのトータル4アンダーだった。

今大会で注目すべき変化があるとすれば、それはパー3の14番。現在では168ヤードとなり、12ヤード長くなっている。結果、コース全体のヤーデージは7,255に伸びた。

会期中の天候は良好の模様。序盤は太陽も出て、気温は華氏80度(摂氏27度)くらいの予報だ。砂漠地帯とあって降水確率は0%で、風も影響を及ぼさないだろう。

パワーランキング:シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

1位:マーティン・レアード
2009年大会の覇者。翌10年はプレーオフで連覇を逃した。直近3試合では6位タイ、14位タイ、そして先週の「フライズドットコムオープン」では3位タイだった。

2位:松山英樹
シルバラードで3位になった選手たちは熾烈な戦いを見せた。そのうちの1人である松山はパーオン率でも3位タイ、ファーストパットの平均距離も3位に。「ザ・メモリアルトーナメント」で優勝して以来のトップ10入りでもあった。

3位:ビリー・ホーシェル
出場した直近2試合でいずれも優勝。その前の「ドイツバンク選手権」では2位タイだった。2013-14シーズンのフェデックスカップを制したホーシェルは、唯一出場した2011年大会では16位タイだった。

4位:ブルックス・ケプカ
「フライズドットコムオープン」8位タイ。世界各地を転戦する彼は、4試合連続でトップ11入りしたことに。先週の同大会ではトータルで2位だった。

5位:ライアン・ムーア
2014-15シーズン最初の試合。昨季は7度のトップ10入りを果たした。UNLV(ネバダ大学ラスベガス校)出身の彼は、2012年大会で「260」の大会記録をマーク。昨年大会は9位タイだった。

6位:石川遼
昨年大会では首位と6打差ながら2位の好成績でフィニッシュ。シルバラードでの先週の大会では19位タイで、パー4のスコアでは2位だった。

7位:チャーリー・ホフマン
地元出身のワイルドガイ、ホフマンは2006年にPGAツアー入りしてからは皆勤賞だ。トップ10入りは昨年の単独4位を含む3回。

8位:ベ・サンムン
今回が初出場。「フライズドットコムオープン」で優勝し、スイングにも満足している。スコアに対するショットの貢献度でも1位だ。

9位:デレク・ファソワー
ウェブドットコムツアーチャンピオンシップを制した後も好調のファソワー。シルバラードでは決勝ランドを「68-69」で回り、12位タイに。パーオン率では9位タイだった。

10位:ジョン・カラン
下部ツアーのルーキーはシルバラードで8位タイをマークし、パーオン率では首位タイに。スコアに対するショットの貢献度では3位だった。ピンまでの平均距離は7位タイ。

11位:ウェブ・シンプソン
ディフェンディングチャンピオン。その前の2010年大会では4位タイだったが、昨年の彼は勢いと安定性を増していた。

12位:ジャスティン・トーマス
現在が正念場のトーマス。PGAツアールーキーの彼は、昨季のウェブドットコムツアーではアンダーパーやトータルランキングで首位だった。

13位:チャールズ・ハウエルIII
先週の「フライズドットコムオープン」では「75-77」で71位タイと苦戦したが、TPCサマリンでは好成績を残している。2008年以降は2度のトップ10を果たし、2013年は5位タイだった。

14位:ケビン・ナ
TPCサマリンでの2011年大会で、PGA唯一の勝利を手にしたナ。2008年以降はそのほか、2度のトップ25入りを記録。過去3シーズンはいずれも、6度のトップ10入りを果たしている。

15位:ジミー・ウォーカー
「フライズドットコムオープン」初日は「75」をマークし、13のバーディチャンスをすべて逃した。だが2日目で「66」と盛り返し、予選を通過。63位でフィニッシュした。ベガスでの過去2大会では10位タイ、12位タイを記録している。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!