ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

南アフリカ「ネッドバンク・チャレンジ」初日

今週参戦している18人中、15名は「プレジデンツカップ」から居残ってまで参戦。プレッシャーのかかる「プレジデンツカップ」でかなり疲労困憊の面々のはずだが、やはり優勝賞金120万ドルとなるとやる気も沸くのだろう。

出だしから飛ばしたのがビジェイ・シン。1番ではグリーンエッジ際からの長いバーディパットを沈め、幸先の良いスタート。ロバート・アレンビーも2番パー5でグリーンのカラーから長いイーグルを決めて2アンダー。そのアレンビーは続く3番パー4でもグリーンのカラーから今度は長いバーディパットを決めてしまう。

<< 下に続く >>

ケニー・ペリーも3番で長い下り傾斜を読みきりバーディで2アンダー。そのペリーとシンと同じ組で回るスティーブン・リーニーも周囲に触発されて、4番パー3のティショットをピン横30センチにつけてバーディ。ジェリー・ケリーも5番パー4の2打目をピン手前30センチにつけバーディで3アンダーにするなど、バーディラッシュが起きていた。

しかし、プロアマで65を出していたエルスがなんと初日伸ばせず。エルスにとっては問題なさそうな3メートル弱のパットを3番パー4で外し、パーセーブならずのボギーを叩くなど初日はイーブンパーと出遅れた。

波にのったのはビジェイ・シン。9番パー5では長いイーグルパットをラインに乗せたが、カップを覗き込む位置でストップ。しかしタップイン・バーディで首位タイとした。ビジェイに並んだのは同じく好調のケニー・ペリー。ペリーはすぐさま、12番パー3で4.5メートルのバーディを決めて7アンダー。しかし15番でこの日唯一のボギーを叩いてしまう。ロバート・アレンビーも14番パー5でグリーンエッジからチップイン・イーグルを決め一時7アンダーとスコアを伸ばしたが、15番でボギーを叩いてしまい6アンダーでホールアウトした。

6アンダーで最終18番パー4を迎えたビジェイは池越えの2打目をピン奥1.5メートルにつけてバーディ。7アンダーで単独首位に躍り出た。しかしその直後、ケニー・ペリーも18番の2打目をピン横1メートル弱につけてバーディ。結果2人が7アンダーで首位に並んでいる。

◇初日の結果
首位(-7・65):ケニー・ペリービジェイ・シン
3位タイ(-6・66):ロバート・アレンビーダレン・クラーククリス・ディマルコアダム・スコット
7位タイ(-5・67):スチュアート・アップルビージェリー・ケリー
9位タイ(-4・68):スティーブン・リーニー、セルヒオ・ガルシアティム・クラーク
12位タイ(-3・69):ニック・プライス
13位タイ(-2・70):ジェイ・ハースレティーフ・グーセン
15位(-1・71):フレッド・ファンク
16位タイ(E・72):パドレイグ・ハリントンアーニー・エルス
18位(+1・73):チャールズ・ハウエルIII

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!