最近のニュース 新着一覧≫


2018/07/22全英オープン

「全英オープン」最終日組み合わせ

ジョージ・クッツェー 14:26(22:26) デビッド・デュバルスコット・ジェイミソンケビン・ナ 14:37(22:37) ダレンクラークベルンハルト・ランガーレティーフ・グーセン 14:48(22
2019/02/24プエルトリコオープン

アーロン・バデリーが首位に浮上 3季ぶりの優勝へ前進

。通算10アンダー3位にマーチン・トライナーが続いた。 通算9アンダー4位に、この日のベストスコアタイ「65」をマークしたジョーイ・ガーバーほか、ジョンソン・ワグナー、D.J.トレイハン、マーティン・ピラー、ウィンダム・クラークの5人が並んだ。
2018/07/16記録

「全英オープン」出場者&資格

1:7月22日時点で60歳以下の「全英オープン」歴代優勝者 マーク・カルカベッキア スチュワート・シンク ダレンクラーク ベン・カーティス ジョン・デーリー デビッド・デュバル アーニー・エルス
2018/08/22ヨーロピアンツアー公式

「D+Dレアル チェコマスターズ」で知っておくべき5つのこと

チェコマスターズ」で2位に入り、続く「メイド・イン・デンマーク」を制覇してダレンクラーク率いる欧州代表に滑り込みで選出された実績を持っている。 記録破りのポルテウス 昨年はポルテウスがリー
2018/07/16ヨーロピアンツアー公式

初優勝のB.ストーン あと一歩まで迫った夢の「59」

なる「60」(ダレンクラークは2度達成)をマークし、日曜日では4例目となる快挙を達成してトロフィーを掲げた。 しかし、ストーンによる輝かしい10アンダーのラウンドは、最終ホールで2.1mのパットが
2018/05/15ヨーロピアンツアー公式

「ベルギーノックアウト」で知っておくべき5つのこと

、34年、そして38年にはサー・ヘンリー・コットンが優勝しているほか、1992年にはミゲル・アンヘル・ヒメネスが大会を制覇し、1988年のホセ・マリア・オラサバル、1993年のダレンクラーク、そして
2018/03/06ヨーロピアンツアー公式

「ヒーローインディアンオープン」で知っておくべき5つのこと

、今週は2016年の「ライダーカップ」でキャプテンを務めたメジャー王者でもあるダレンクラークに加え、ジェイミー・ドナルドソン、スティーブン・ギャラハー、デービッド・ハウエル、エドアルド・モリナリ、そしてクリス・ウッドといった「ライダーカップ」出場経験者がフィールドに名を連ねている。
2017/11/29ヨーロピアンツアー公式

3ツアー共催「モーリシャスオープン」アラカルト

2週連続優勝を果たした。 フィールド 今年は歴代の「全英オープン」王者であるルイ・ウーストハイゼンとダレンクラークが、この3ツアーによる共催大会のデビューを果たす。 また、「ライダーカップ」出場
2016/11/13三井住友VISA太平洋マスターズ

「1日ハマれば勝てる」別次元の強さ!松山英樹が7打差圧勝

ダブルボギー「69」でプレーし、通算23アンダーで日本ツアー自身2連勝を達成した松山英樹。自身初となる“完全優勝”は、ダレンクラークが2004年に作った大会レコードを1打更新。後続に7打差の圧勝劇は、2
2017/11/29アフラシアバンク・モーリシャスオープン

インド洋のモーリシャスが1年半ぶり舞台 川村昌弘が参戦

多くの南アフリカ選手が地の利を生かして出場。ダレンクラーク(北アイルランド)、SSP.チャウラシア(インド)、スコット・ヘンド(オーストラリア)らもフィールドに加わった。
2017/08/30ヨーロピアンツアー公式

「D+D レアル チェコマスターズ」の大会アラカルト

、「メイドインデンマーク」では優勝し、結果的にはダレンクラーク率いる12人のメンバーに選ばれ、ヘイゼルティンへと旅立った。 ■フィールド 今週、チェコの首都では、2016年「ライダーカップ」欧州
2017/07/11ヨーロピアンツアー公式

「スコットランドオープン」の大会アラカルト

「全英オープン」の出場権を勝ち取ったリッチー・ラムゼイとデービッド・ドライズデールらが出場する。 この他にも、フィールドには、ポール・ローリーを始め、パドレイグ・ハリントン、アーニー・エルス、ダレンクラーク
2017/08/22ヨーロピアンツアー公式

「メイド・イン・デンマーク」の大会アラカルト

振り返る 昨年は見事なフィニッシュを見せたトーマス・ピータースがヨーロピアンツアー3勝目を挙げ、2016年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのダレンクラークにその存在を大きくアピールすることに成功した
2017/03/21ヨーロピアンツアー公式

「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」大会アラカルト

&Sで第1回大会が開催され、米国のジェフ・マガートが初代王者に輝いた。 この大会で初めて優勝した欧州勢はダレンクラークで、北アイルランドのクラークは、その後「WGCマッチプレー」を席巻することになる