ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

インターナショナルツアー第1戦

国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」が、11月14日(木)から11月17日(日)までの4日間、静岡県御殿場市にある太平洋クラブ御殿場コースで開催される。

1972年に初開催されたトーナメントで、1983年の開催中止をはさんで、今年で30回目を迎える。この後3週に渡り、世界のツアーから一流が集結するトーナメントが続くということで、インターナショナルツアー3連戦と言われており、この試合はその先鋒を務めることになる。

過去の優勝者には、尾崎将司中嶋常幸、伊沢利光、セベ・バレステロスホセ・マリア・オラサバルリー・ウェストウッドらがいる。過去29回中、実に17回が海外勢の優勝という、インターナショナルツアーと呼ぶに相応しい試合といえよう。

昨年は伊沢利光が、師匠ジャンボ尾崎との師弟対決を制し、同大会連覇を決めた。

伊沢利光(昨年優勝時コメント)
「ジャンボさんも、自分も朝からこの勝負に入れ込んでいた。今シーズン(2001年)はまだ1勝しか挙げてなかったので、ジャンボさん相手でも勝利を譲るつもりはなかった」

今年の海外招待選手は、米ツアーで初優勝を果したチャールズ・ハウエルIIIをはじめ、欧州ツアーで活躍するジャスティン・ローズや、豪州オープン2連覇のアーロン・バデリーなど、次代を担う若手が中心に参戦する。

日本ツアーも残すところ4試合となり、賞金王レースもさらにヒートアップ。現在賞金ランク1位の谷口徹と2位の佐藤信人は、2年前に片山晋呉に大逆転で賞金王の座をさらわれた。その雪辱を果すのはどちらになるのか。高額賞金のかかる残り4試合で雌雄を決することになる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!