ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹ら世界選抜が韓国で米国選抜を迎え撃つ!

2年に1度の世界選抜(欧州をのぞく)と米国選抜の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」が8日(木)に開幕する。両チーム12人の選手が激突する団体戦。アジアで初めて開催される第11回大会は、韓国・仁川近郊のジャック・ニクラスGCが舞台だ。

2013年大会までの成績は米国の8勝1敗1分。大きく負け越している世界選抜は前回に引き続き、ニック・プライス(ジンバブエ)が主将として指揮を執る。8月の「全米プロゴルフ選手権」を制したジェイソン・デイ(オーストラリア)をはじめ、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)といったメジャー覇者がエース格。

2大会連続出場となる松山英樹の世界ランキング15位はチームで4番目。ポイントゲッターとして大いに期待されている。地元韓国からは副キャプテンを務めるチェ・キョンジュのほか、兵役を目前に控えた米ツアー通算2勝のベ・サンムンが主将推薦を受けての出場となった。

6連勝を狙う米国選抜は、脂の乗った選手たちが勢揃い。メジャー2勝の米ツアー年間王者ジョーダン・スピースをはじめ、世界ランクでトップ10までの選手が実に6人いる。

飛ばし屋のバッバ・ワトソンダスティン・ジョンソンリッキー・ファウラー、ショートゲームに長けたザック・ジョンソンパトリック・リードといった具合に、ダブルスマッチプレーの組み合わせも自由自在。ジェイ・ハース主将の指名で11大会連続の出場となるフィル・ミケルソンは、精神的支柱としての役割をまっとうすることだろう。

<大会形式>
4日間での合計ポイント数で争われる。初日はフォアサム(同じチームの2人が1つのボールを交互に打ちあうダブルスマッチプレー)が5マッチを実施。2日目にフォアボール(4人がそれぞれひとつのボールを打ち、同じチームの2人の良い方のスコアを採用するダブルスマッチプレー)5マッチ。3日目にフォアサム、フォアボールを4マッチずつ。最終日は全選手が出場しシングルスのマッチプレー12試合を行う。それぞれのマッチで勝つと1ポイント、引き分けは0.5ポイントを獲得する。同点で並んだ場合、今大会はプレーオフを行わずドローとなる。

【世界選抜】ニック・プライス主将
ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)、松山英樹ブランデン・グレース(南アフリカ)、マーク・レイシュマン(オーストラリア)、アニルバン・ラヒリ(インド)、シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、トンチャイ・ジェイディー(タイ)、ダニー・リー(ニュージーランド)、スティーブン・ボーディッチ(オーストラリア)、ベ・サンムン(韓国)

【米国選抜】ジェイ・ハース主将
ジョーダン・スピースバッバ・ワトソンジミー・ウォーカーザック・ジョンソンリッキー・ファウラーダスティン・ジョンソンパトリック・リードマット・クーチャークリス・カークJ.B.ホームズビル・ハースフィル・ミケルソン

関連リンク

2015年 ザ・プレジデンツカップ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~