ニュース

米国男子クライスラー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 クライスラー選手権
期間:10/30〜11/02 場所:ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

V.シンはE.エルスと並び1アンダー12位スタート!!

米国男子ツアーの第43戦「クライスラー選手権」が、フロリダ州パームハーバーにあるイニスブルックリゾート・コパーヘッドコースで開幕した。最終戦の「ツアー選手権」に向け、今週がフルエントリー最後の試合となる。今週もっとも注目されているビジェイ・シンは1アンダーの12位スタートとなった。

今週シンが優勝した場合、最終戦を待たずにシンの賞金王が決まる。1番ホールをバーディでスタートしたシンだったが、パーセーブを続けると12番でボギーを叩き、なかなかスコアを伸ばせなかった。最終の18番ホールでバーディを奪い1アンダーで初日を終えた。

<< 下に続く >>

初日首位に立ったのは5アンダーをマークしたチャールズ・ハウエルIIIだ。10番ホールからスタートしたハウエルは、14番パー5でイーグルを奪った。16番、3番と2つのボギーを叩いたが、バーディを5つ奪いスコアを伸ばしていった。

今シーズンは29試合に出場し予選落ちはたったの2回と安定したゴルフを見せている。しかし、トップ10以内に入ったのが5回しかなく、優勝争いとなるとマイク・ウィアにプレーオフで敗れた「NISSANオープン」ぐらいしかない。若手の注目選手としては、この辺りで爆発しておきたい。

首位と1打差の4アンダーはダン・フォースマン。3アンダー3位タイにはチャド・キャンベルなど4人が並んでいる。さらに1打差の2アンダーは賞金王争いで一歩遅れてしまったデービス・ラブIIIと欧州ツアーの最終戦をパスして米ツアーに出場しているレティーフ・グーセンが並んでいる。

欧州ツアーキャンセル組は、グーセンと賞金王に決まっているアーニー・エルスだ。エルスは米ツアーにおいて現在賞金ランキング8位だが、グーセンは28位。次週のツアー選手権出場を確定させるためには、少なくとも予選通過だけはしておきたい。

今週日本からは久保谷健一が唯一出場している。前半1バーディ、1ボギーのイーブンで耐えていた久保谷は、11番パー5でダブルボギーを叩いてしまった。結果的にこのダブルボギーが後を引いて2オーバーの61位。明日以降の巻き返しが期待される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 クライスラー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!