ニュース

米国男子フライズ・ドットコム・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 フライズ・ドットコム・オープン
期間:10/12〜10/15 場所:TPC at サマリン、TPC at キャニオンズ(ネバダ州)

今田竜二が不運の失格!馴染みの地で巻き返し狙う!

ネバダ州ラスベガス郊外で行われたアメリカPGAツアー競技「フライズ・コムオープン」で今田竜二が3日目のスタートに間に合わず失格となってしまった。

この大会は予選ラウンドがプロアマ形式(プロ1人に対しアマチュア1人)でTPCサマリン(パー72)とTPCキャニオン(パー71)と2つのコースが使用される。今田は初日サマリンで4アンダー、2日目キャニオンを3アンダーとし通算7アンダーで予選通過をほぼ確定にしていた。砂漠地帯のラスベガスはこの時期にほとんど雨の降ることがないというが、【13日の金曜日】には珍しく天気が崩れて雷雨の為、1時間8分プレーが中断。22名の選手がプレーを終えずに2日目は日没サスペンデッドとなってしまう。翌朝も雨でプレーが時間通りにスタートできなかったが、2ラウンド目の残りが終了した結果、予選カットラインは5アンダーとなり90人の選手が予選を通過することになった。

今田の第3ラウンドのスタート時間はインスタートの第1組、午後12時15分となっていたがそのとき今田の姿は10番ティーにはなかった。ラスベガスのホテル街から西に21キロのところにあるTPCサマリンまでの高速道路95号線が交通事故と洪水の影響で全く動かず今田は交通渋滞に巻き込まれてしまっていた。同じティータイムのダニエル・チョプラ(スウェーデン)も裏道を探して2時間かけてコースに到着したときは「ぎりぎり間に合い、靴を履いて2球練習場でボールを打つだけだった」と語った。チョプラは今田がコースに来ていないのに気づき、携帯電話で話をしたが今田がコースに到着したのは第1組がスタートして2打目を打ち終えていた。

チョプラはその3日目を64、最終日も66とスコアーを伸ばし2位タイとし35万2000ドル(約4220万円)を稼いだ。ツアー2年目の今田は失格で今週の稼ぎはなし。ここまで賞金ランキング93位と来期のシード権は確保している位置にいるが痛い週となってしまった。ツアーの残り試合は今田が育ったフロリダ中部開催(フナイクラシック、クライスラー選手権)が続くということで活躍に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 フライズ・ドットコム・オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。