ニュース

米国男子ザ・マックグラッドリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・マックグラッドリークラシック
期間:11/07〜11/10 場所:シーアイランドリゾート(ジョージア州)

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

By Jeff Shain, PGATOUR.COM

10月23日から26日まで行なわれる「マックグラッドリークラシック」のコース詳細やこれまでの歴史、昨年の模様などをまとめてご紹介する。

コース:
シーアイランドGC(シーサイド)は7,005ヤードのパー70。米ジョージア州・セントサイモン島の南端に位置し、文字通り海沿いにあるこのコースは、1929年にイギリスの設計士、ハリー・コルトとチャールズ・アリソンが9ホールのコースとして造ったことに遡る。ボビー・ジョーンズはかつて、自分にとっては最高の9ホールの1つだとシーサイドを評していた。1973年にはジョー・リーが“マーシュサイド・ナイン(直訳:湿地帯の9ホール)”を設計し、トム・ファジオが1999年にこの2つを一緒にすることになった。干満のあるクリークや砂丘、塩沼に向かって造られたシーサイドのコースは、ショットの選択やコースマネジメントの点ではこの上ない場所だろう。

フェデックスカップ:
優勝者は500ポイントを獲得する。

チャリティ:
子供やファミリー向けのプログラム支援を掲げる、大会ホストのデービス・ラブ基金では、「スペシャルオリンピック」や「ボーイズ&ガールズ・クラブ・オブ・サウスイースト・ジョージア」をサポート。その他にも大会の“バーディズ・フォア・ラブ”を通じ、数十もの慈善団体に寄付している。

出場選手:
前回覇者で、2013-14シーズンのフェデックスカップレースで2位だったクリス・カークが出場。「ライダーカップ」米国選抜チームのメンバー、マット・クーチャーザック・ジョンソンも名を連ねている。クーチャーとジョンソンはセントサイモン島のご近所さんでもある。現時点での公式世界ゴルフランキングの上位35人からは4人がプレー予定で、その中で一番上なのはウェブ・シンプソンだ。シーアイランド“軍団”には、大会ホストのデービス・ラブIII、「ジョンディアクラシック」覇者のブライアン・ハーマン、「全米オープン」勝者のルーカス・グローバー、PGAツアー5勝のジョナサン・バードが含まれている。また87人の初出場組の多くにとっては、数あるツアーの今季スケジュールの中での3戦目。その中にはPGAツアーの新人王に選ばれたチェソン・ハドリーや、スチュアート・アップルビーアーロン・バデリーD.A.ポインツチャールズ・ハウエルIIIといったベテラン勢もいる。

72ホールの記録:
264ストローク(トミー・ゲイニー、2012年)。

18ホールの記録:
60ストローク(トミー・ゲイニー、2012年大会 最終ラウンド)。

2014年:
ブライニー・ベアードが最終ホールでまさかの失速をする一方で、冷静にプレーを続けたカークがシーサイド軍団としては初の大会覇者となった。ベアード、カークが首位タイで臨んだ最終18番では、ベアードが4番アイアンでフェアウェイバンカーからの脱出を図ったものの、ハザードへと打ち込む結果に。一方のカークはパーセーブに成功し、4アンダーの「66」でホールアウト。PGAツアー2勝目を飾った。ベアードはバック9で首位に2打差から1打リードの逆転に成功し、365試合目にして初優勝に弾みをつけたかにみえた。そんな彼はパー5の15番で池に入れてしまったカークに対し、勝負をつけることもできた。だがイーグルチャンスを3パットでフイにしてしまい、一方のカークは約6メートルのパーパットを決めた。カークは17番でバーディを奪ってベアードに並び、勝負の行方は最終18番に持ち越された。

筋書き:
アトランタに戻る前の6年間、セントサイモン島に住んでいたカークは新シーズンの旅を慣れ親しんだ環境でスタートさせる。彼は「ドイツバンク選手権」で優勝し、プレーオフ最終2大会をビリー・ホーシェルが制すまではフェデックスカップで1位だった。「マックグラッドリークラシック」は開催時期を変更したことで、孤立気味だった中国での「WGC HSBCチャンピオンズ」を含むアジアンスイングに向けた格好の大会となった。「WGC…」に出場しないプレーヤーには、ミシシッピ州での「サンダーソンファームズ選手権」があるが、今大会は2014年に米国で開催される、フルポイントが獲得できる最後の大会でもある。

その他:
まだ4回と歴史の短い「マックグラッドリークラシック」だが、いずれも1打差以内で勝負が決まっている。そのうち2011年大会はプレーオフに持ち込まれ、ベン・クレインウェブ・シンプソンを下した。2012年大会の最終日では、トミー・ゲイニーがPGAツアー史上最終日では3人目となる「60」をマークして優勝した。ちなみに1人目は1996年の「フェニックスオープン」でのグラント・ウェイトで、2人目は1年後の「ビュイックチャレンジ」に出場したスティーブ・ローリーだ。大会ホスト、ラブの成績は4位タイ(2012年)、33位タイ(2010年)、そして予選落ちが2回となっている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・マックグラッドリークラシック

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!