最近のニュース 新着一覧≫


2020/09/02ギアニュース

松山英樹が1W投入 「スリクソン ZXシリーズ」10月発売

慣性モーメントを実現。ミスヒットに強い寛容性がさらに高まった。 ZX5はソール後方に1カ所のウェイトを設置。ZX7よりも深重心で高い慣性モーメントに設定され、しっかりとつかまる高弾道が特徴。やさしさと
2020/10/20優勝セッティング

“曲がらない男”稲森佑貴 こだわりの優勝セッティング

、ドライバーはトゥ側とヒール側の2カ所でウェイト調整ができるダンロップの新作「スリクソン ZX7」を投入した。2gから14gぐらいまで変動させることができ、ドローボールが持ち球の稲森はトゥ側を2g<…
2015/04/22佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑154>アーロン・バデリー(後編)

&ティルト”というスイング理論に基づき、バデリーもスイングのチューンナップを開始した。3年間、懸命に取り組んだが、期待したほどの効果は得られず、2013年から、新鋭のクリス・コモと元ツアー選手のグラント
2020/11/23新製品レポート

これぞタイトリストの真骨頂! TSi3 ドライバー

スイートエリアが狭いわけでもないし、右にしか飛ばないようなモデルでもありません。とはいえ、使いこなせるのは上級者でしょうね。 【ミヤG】 ソール部分には、目立たない感じでトラック型の移動式ウェイトが搭載されてい
2020/09/18新製品レポート

しっかりつかまる直線番長 ピン G425 MAX ドライバー

ますよ。 【ミヤG】 「G425 MAX」には、「G400 MAX」にはなかった弾道調整のウェイトポートが搭載されています。僕のように球がつかまりすぎるゴルファーは、ウェイトをトウ側(フェード)に
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

・ゲイニーがPGAツアー史上最終日では3人目となる「60」をマークして優勝した。ちなみに1人目は1996年の「フェニックスオープン」でのグラントウェイトで、2人目は1年後の「ビュイックチャレンジ」に
2013/08/21佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 91>ダニエル・サマーヘイズ

一つは、元PGAツアー勝者でインストラクターに転身したニュージーランド出身のグラントウェイト(49)のサポートの効果が大きい。2年前の「テキサスオープン」で83-74の大叩きで予選落ちを喫した
2002/09/08ベルカナディアンオープン

ベル・カナディアンオープン3日目上位選手インタビュー

のスタートが切れて、フロント9で5つスコアを伸ばすことができた。バック9では10番、12番でボギーを叩きましたが、14番から3つバーディを奪えたのですぐに巻き返すことができました」 グラントウェイト