2013/11/08PGAコラム

復活したベアードが2位タイで発進

ブライニーベアードは米国ツアーでのキャリアにおいて、可能な限り試合に出場し続けている。手にしていないのは勝利だけだ。 しかし今週は、未勝利のキャリアについにピリオドを打つかもしれない。 「マック
2014/10/24PGAコラム

パーなら御の字?シーサイドの超難関ホール

グラッドリークラシック」の短い歴史でもかなりのドラマを生んでいる。 「シーサイドの18番は間違いなく、難関ホールだ」と言うのは、ディフェンディングチャンピオンのクリス・カーク。昨年、ブライニーベアードと最終
2014/10/19PGAコラム

「マックグラッドリークラシック」アラカルト

)。 2014年: ブライニーベアードが最終ホールでまさかの失速をする一方で、冷静にプレーを続けたカークがシーサイド軍団としては初の大会覇者となった。ベアード、カークが首位タイで臨んだ最終18番では
2013/11/11PGAコラム

マックグラッドリークラシック、最終日の分岐点

いるようにみえた。直後に6メートルのパーパットを沈め、一方で動揺したブライニーベアードは1.2メートルのパットを外した。2打差がつく可能性があった、いやほぼそうなるはずだった状況だったが、カークは1
2013/11/11PGAコラム

勝者のクラブセッティング:クリス・カーク

「マックグラッドリークラシック」最終日は、4アンダー「66」とチャージを見せたクリス・カークが、追いすがるティム・クラークやブライニーベアードを振り切って1打差で優勝した。PGAツアー通算2勝目を
2014/10/21マックグラッドリークラシック

フェデックスカップ2位 クリス・カークがタイトル防衛に挑む

大会は、クリス・カークがベテラン、ブライニーベアードを1打差でかわして優勝。シーズン終盤のフェデックスカップ・プレーオフ第2戦「ドイツバンク選手権」でシーズン2勝目を挙げたカークは、同ランク2位で
2013/11/13佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 100>ブライアン・ゲイ

だった。2勝目は翌年2009年の「ヘリテージクラシック」。同大会は20アンダーの大会記録で逃げ切る新記録の優勝で、2位ルーク・ドナルド、ブライニーベアードに10打の大差をつけての勝利だった。3勝目は
2014/02/28PGAコラム

ベアトラップ基礎知識

成績はブライニーベアードが記録した26オーバー(18ラウンド)。次点はクリス・ディマルコの24オーバー(13ラウンド)、デビッド・デュバルの23オーバー(14ラウンド)。 ・ベアトラップでプレーした
2013/11/09ザ・マックグラッドリークラシック

強風の中、クリス・カークが首位へ浮上

、ケビン・チャッペル、ブライニーベアード、ウェブ・シンプソン、ジョン・センデン(オーストラリア)の4選手。シンプソンは、今季2勝目に向けて好位置で決勝ラウンド進出を果たした。 第1ラウンドを首位で
2013/11/10ザ・マックグラッドリークラシック

C.カークとベテランのB.ベアードが首位タイ

ホールアウト。決勝ラウンドに入っても首位と2打差に7人が集団をつくる大混戦が続いている。首位は通算10アンダーで並んだ28歳のクリス・カークと41歳のブライニーベアードの2人。 昨年5月にツアーを離れ、両肩
2013/11/10PGAコラム

初勝利に向け、“淡々とした”日曜日を望むベアード

これまで米国ツアーの大会に何度も出場しているブライニー・べアードは、まだ一度も勝利を手にしたことがない。 「マックグラッドリークラッシック」3日目、3アンダー「67」をマークしたベアードは通算10
2013/11/11ザ・マックグラッドリークラシック

C.カークが終盤の逆転劇でツアー2勝目を達成

優勝を目指す41歳のブライニーベアードの戦いは、劇的な形で決着。通算14アンダーで4日間を終えたカークが、1打差の僅差で後続を振り切った。 勝負は終盤に大きく動いた。ベアードが1打リードして迎えた15
2013/11/12OHLクラシックatマヤコバ

シーズン6戦目 2013年ラストゲームを制すのは

果たしたクリス・カークや、ツアー通算365試合目での初優勝まであと一歩で力尽きたブライニーベアードも参戦。今週を制し、一時のオフシーズンを最高の形で迎えるのは誰か。
2013/11/08ザ・マックグラッドリークラシック

マクニールが暫定首位、シンプソンらが追う

サスペンデットとなった時点で、2ホールを残しているジョージ・マクニールが8アンダーの暫定首位。7アンダーには、共に18ホールを終えたブライニーベアードとブライアン・ゲイが続いている。ゲイは、前週に中国でのWGC
2012/10/10佐渡充高のPGA選手名鑑

佐渡充高が簡単解説!初めてのPGAツアー【第五十五回】

選手が、再び試合を制して復活を遂げたいと、虎視眈々と勝利に挑んでくる。昨年はブライス・モルダーが、ブライニーベアードとの6ホールにも及ぶプレーオフを制してツアー初優勝を飾った。このときのモルダーの必死
2012/10/09フライズ・ドットコム・オープン

エルス、ビジェイらベテランも参戦 今田竜二の奮起に期待

・ウッズが出場し大きな話題を呼んだが、優勝争いはプレーオフにもつれ込む混戦となり、ブライス・モルダーがブライニーベアードを6ホールにわたる熱戦の末にツアー初勝利を飾っている。今年はその
2011/11/08WORLD

【WORLD】フォールシリーズは魅力いっぱいの締めくくり

ブライニーベアードが6ホールのプレーオフをプレー。タイガーの参戦にも関わらず、2人の死闘はフォールシリーズを語る素晴らしい例となったのだ。この大会についてラブIIIは「素晴らしいコースでの最高の
2011/10/10フライズ・ドットコム・オープン

B.モルダーがツアー初勝利!T.ウッズは30位タイフィニッシュ

カリフォルニア州にあるコルデバレーGCで開催されている、米国男子ツアー第43戦「フライズ・ドットコム・オープン」の最終日。ブライス・モルダーがブライニーベアードをプレーオフで制してツアー初勝利を