ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プレジデンツカップ
期間:10/03〜10/06 場所:Muirfield Village Golf Club

勝負の行方を占う3日目は長丁場の一日に

By Mike McAllister, PGATOUR.COM

「プレジデンツカップ」最初の2日間はいずれも、雨により試合が長引いた。

そして3日目の土曜日は、さらに長い一日になると見られる。

<< 下に続く >>

2日目に行われたフォアサム形式6試合のうち4試合は、日没のため翌日に延期され、土曜日の米東部時間午前7時35分に再開される。その後、フォアボール形式の5試合が行われ、そしてさらにその後は天候が許す限り、フォアサム形式の5試合が行われる。

「もう休んで明日に備える時間だよ」。世界選抜のスター選手、アダム・スコットは話した。

明日、選手たちの一日は何時にはじまるのだろう?米国選抜キャプテンのフレッド・カプルスは、チームのバスを午前5時にはスタンバイさせる。

大会ディレクターのスティーブ・カーマン氏は、土曜日の終わりには大会の進行が予定していたスケジュールに追いつき、日曜日には12のシングルマッチだけが行われる形にしたいと願っている。

フォアボール戦のペアは午前8時に発表され、午前8時33分にはセッションがスタートすると見られている。元々予定していた時刻より約1時間遅れのスタートだ。

「このスケジュールなら、日が暮れる前に両方のラウンドを終えることができる可能性がある」とカーマン氏は話す。

土曜日は長丁場の一日になるだけでなく、大会の行方を決めるかもしれない重要な一日となる。

どちらのチームも14ポイントを獲得できる可能性をキープしており、流れをつかめば一気にリードを広げるチャンスがある。

しかし今のところ、勝負は接戦だ。2日目の2試合を完了した時点で、米国選抜が4.5-3.5でリードしている。

延期となった4試合では、2試合で米国選抜が3アップとしており、他の2試合では世界選抜がそれぞれ4アップ、1アップでリードしている。2時間半に及ぶ雨天中断により、これらの試合は翌日に持ち越された。

もしこのままの状況で各試合が終われば、米国選抜は1ポイントのリードを保ち、フォアボール形式の試合に臨むことになる。フォアボール形式は、伝統的に世界選抜が得意としている試合のフォーマットである。

「もし明日の朝を終えた時点でタイに持ち込めたら、我々にとっては完璧だ」と、世界選抜キャプテンのニック・プライスは話す。「でも、まだまだ試合は残っているからね」。

一方のカプルスも、ここまでの戦況に満足している。「我々の調子は良いよ」。

明日の各セッションでは5試合しか行われないため、それぞれのキャプテンはセッション毎に出場しない2選手を選ぶ。

43歳のフィル・ミケルソンは、出場しない選手の一人になりそうだ。ミケルソンは金曜日の第1試合でキーガン・ブラッドリーと共に、ジェイソン・デイ&グラハム・デリュー組を4&3で破ったため、少しばかり余分に休みが取れるにも関わらず、だ。

「今日試合を終えたおかげで、明日の朝に他の選手たちがプレーしている間も休めるのは良いことだよ」とミケルソンは話した。

ミケルソンは、米国選抜の他のどの選手よりも「プレジデンツカップ」の経験が豊富だ。世界選抜では最も経験豊かなアーニー・エルスは、2日目にビル・ハースハンター・メイハンのペアを4&3で下したため、ミケルソンと同じく明日の朝は少し休むことができる。

まだ終わっていない4試合の状況は以下のようになっている。

スティーブ・ストリッカージョーダン・スピース組は、14番を終えてブランデン・グレースリチャード・スターン組を3アップとリード。3番からリードをキープしている。

「調子は良いけど、明日は日が暮れる前に試合を終わらせなくちゃね」とストリッカーは話した。

アンヘル・カブレラマーク・レイシュマン組は、ウェブ・シンプソンブラント・スネデカー組を相手に序盤苦戦したが、13番を終えて1アップとリードしている。

「自分たちとチームのために、この試合は勝ちたい」とレイシュマン。「これをものにできたら、チームに勢いがつくと思う。そうならない理由がないね」。

タイガー・ウッズマット・クーチャー組は、ルイ・ウーストハイゼン&チャール・シュワルツェル組を相手に試合を序盤から支配し、12番を終えて3アップとしている。ウッズとクーチャーは最初の7ホールで6つバーディを奪い、一方のウーストハイゼンとチャーシュワルツェルもフロントナインの連続する6ホールで5つのバーディを奪った。

「ただただ、信じられないゴルフだよ」とクーチャー。「彼らも本当に良いプレーをしているから、素晴らしい試合になっている」。

ウッズはこう加えた。「我々は我々の仕事をしなければね」。

アダム・スコット松山英樹は、ジェイソン・ダフナーザック・ジョンソン組との対戦で、11番を終えた時点で4アップとリード。スコットと松山は既に12番をパーで終えており、明日はダフナーのショートパットから試合は再開する。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!