ニュース

米国男子プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プレジデンツカップ
期間:10/03〜10/06 場所:Muirfield Village Golf Club

松山英樹&スコット、ウッズ組を追い詰めるも惜敗

米国オハイオ州にあるミュアフィールドビレッジGCで行われている「プレジデンツカップ」の3日目。午前7時35分から再開された前日未消化のフォアサムマッチで、松山英樹アダム・スコット(オーストラリア)は、ジェイソン・ダフナーザック・ジョンソン組を2&1で撃破。続いて行われたフォアボールマッチで、再びスコットと組んだ松山は、ここまで2戦全勝のタイガー・ウッズマット・クーチャー組と対戦した。

松山とスコットは最初の3ホールで2アップとリードを奪い、有利に試合を展開。しかし、ミュアフィールドを知り尽くす米国選抜最強ペアは中盤から牙をむき始めた。

<< 下に続く >>

13番でウッズが2打目をピンそば1.5メートルに突き刺してバーディを奪うと、続く14番(325ヤード、パー4)では、フェアウェイに刻んだ3人に対し、クーチャー1人が果敢にグリーンを狙った。大きく左ラフに曲げたものの、そこから1.5メートルにつけてバーディ奪取。続く15番(パー5)では、ウッズがピンそば60センチに2オンさせるスーパーショットで、あっさりと3連続アップとした。

米国選抜の2アップで迎えたアップドーミーホール(ホールを獲られたらマッチ終了)の16番(パー3)。このマッチではパット不調のスコットを引っ張り、1人でポイントを稼いできた松山が、再び躍動した。クーチャーがピン奥3メートルにつけてバーディ濃厚とした一方で、松山は5メートル強の下りのラインを残した。慎重にグリーンを読んだ松山の打った球は、わずかにフックラインを描きながらゆっくりと転がり、一瞬、カップの縁で止まりかけたが、最後は吸い込まれるように消えた。

世界選抜の1ダウンで迎えた17番は共にパーとして、勝負の行方は最終ホールへ。松山が初日、会心の第2打を放って“魅せた”ホールだったが、このマッチではピンを5メートルもオーバー。パットはカップの横をすり抜け、最後はクーチャーにバーディを決められて息の根を止められた。

世界ランク1位を擁する米国選抜を最後まで追い込んだ松山組だったが、惜しくも1ダウンで金星をもぎ取ることはできなかった。松山は「悔しいです」とひと言だけ残し、30分後にスタートする次のマッチへの準備に急いだ。(オハイオ州コロンバス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プレジデンツカップ




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!