ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 全米オープン
期間:06/13〜06/16 場所:メリオンGC(ペンシルベニア州)

トップとは4打差 メリオンを知るR.ファウラー

ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊にあるメリオンGCで「全米オープン」が開催されたのは、今年が32年ぶり5回目。ウィッカー・バスケットがグリーン上のピンとなる名門は、ボビー・ジョーンズが1930年にグランドスラムを達成、ベン・ホーガンが49年の交通事故の翌年に復活優勝を飾るなど、歴史に残る勝利が重ねられてきた場所だ。前回の1981年大会は、デビッド・グラハムが優勝。ちなみに日本勢では、ジャック・ニクラスとの“バルタスロールの死闘”を前年に演じた青木功が、11位タイでフィニッシュしている。

その32年前、当時の一戦に出場していた選手は、今回はいない。それでもメリオンでは近年、2005年に「全米アマチュア選手権」が、09年には「ウォーカーカップ」が開催されている。そして今年、最終日を首位のフィル・ミケルソンに4打差の3オーバー9位で迎えるリッキー・ファウラーは、その学生時代の対抗戦で輝かしい戦績を残したプレーヤーだ。

<< 下に続く >>

ファウラーはオクラホマ州立大時代、米国代表の一員としてこのウォーカーカップに出場。チームに4戦全勝でポイントをもたらし、欧州代表を破った。そして直後にプロ転向。ツアーに新しい風を吹き込ませた。

当時のメリオンを振り返るファウラー。「あの時とは特にラフが違う。フェアウェイやバンカーもね。ただ、グリーンはもっと硬かった」。「でもやっぱりウォーカーカップの時の方がはるかに易しいセッティングだったよ。チームでたくさんバーディを獲ったからね」。トップクラスの選手が集結する世界最高の“テスト”とは、やはり勝手が違うという。

それでも、記憶は心の拠り所でもある。「ここでいいプレーができたことは、すごく助けになってるんだ。たくさんパットを決められたことを覚えてるしね。今週、最も大事なことはとにかく我慢を続けて、焦らず、事態を受け入れること。今日は最後までそれができた」。

周囲がこの日、ファウラーを称賛したのはその我慢。第3ラウンドのプレーをともにしたロバート・カールソンは「86」の大崩れ。セルヒオ・ガルシア(スペイン)は後半に巻き返し「75」だったが、15番でティショットを3度OBゾーンに打ち込み、10打を叩く荒れ模様だった。その一方で、4バーディ、1ボギーの「67」はこのラウンドのベストスコアをマークしたのだった。

残りは18ホール。経験と度胸を武器に、難コースだけにもちろん逆転の可能性を探っていく。(ペンシルベニア州アードモア/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 全米オープン

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!
ユニクロは、2013年マスターズ優勝者のアダム・スコット選手を”グローバル ブランドアンバサダー”として迎え入れました。 アダム・スコット選手がトーナメントで着用しているウェアは、胸ロゴを除いてユニクロ店舗で販売しているウェアと一緒です。 つまり、普段の生活でも使えるものを、トッププロがゴルフで着用できるのがユニクロの良さです。 彼がPGAツアーで着用するウェアをスペシャルサイトにて紹介しています。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!