ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

世界で活躍する日本の選手たち(10月4日-10月14日)

【 先週のREVIEW 】 10月 4 ‐ 7日

★ USPGAツアー Michelob Championship at Kingsmill
今年の8月全米プロを制覇したデビッド・トムズが 通算15アンダーで大会連覇を飾る。 トムズは今年3勝目、ツアーは7勝となった。 1打差の2位にはカーク・トリプレット。 3位には今年好調な新鋭チャールズ・ハウエルIII。 17歳(高校2年生)でプロに転向、プロデビューとなったタイ・トライオンは76‐72で予選落ち。 丸山茂樹は初日65、トムズの64に次いで2位タイというスタートだったが、55位という最終成績で競技を終了。スコアーは65-74-76-71=286 +2。 横尾要は予選ラウンドを7オーバー(74-75)で予選落ち、賞金ランキングは110位から117位にランクダウン。 シード権は125位まで。最終戦のツアー選手権は賞金ランキング30位までの選手が出場できる。残りの試合は4週間で5試合(最後の週はツアー選手権と裏開催のサザンファームビューロークラシック。)
賞金ランキング: 丸山茂樹 35位 ($1,377,602) 25試合出場
横尾要 117位 ($396,356) 24試合出場
尾崎直道 146位 ($271,202) 17試合出場
世界ランキング: 伊沢利光 31位、片山晋呉40位、谷口徹 59位、丸山茂樹 60位、田中秀道68位。

★ Buy.Com ツアー Monterey Peninsula Classic
チャッド・キャンベルが今シーズンツアー3勝目を飾り、「バトルフィールド・プロモーション」というツアールールでPGAツアーに昇格した。 これまでシーズン2勝(リッチモンドとパーミアンベースン)をしていたキャンベルは難コースのベイヨネットコースを8アンダー(69‐72‐70‐69)で回った。 賞金ランキングもヒース・スローカムを抜いてトップになっている。獲得賞金は$363,959。 今田竜二は78‐75、国吉博一は77‐74で予選落ち。 残りは最終のツアー選手権も含めて3試合。 最終戦は賞金ランキング55位までの選手が出場できる。
賞金ランキング: 今田竜二 16位 ($149,431) 23試合に参加
国吉博一 155位($13,490) 12試合に参加

★ アジアPGA ダビドフ ツアー 【 Open Week 】
次のツアー競技は10月18-21日ボルボ中国オープン(中国・上海)。 現在の賞金ランキングを見ると石垣聡が54位(8試合に出場 $19904)、柳沢克巳が60位、深沢直人が73位、倉本泰信78位、大井手哲85位、坂上真之介87位、辻村明志92位。 シード権は60位まで(最低出場義務数は6試合)

★ USシニアツアー Turtle Bay Championship
ヘール・アーウィンが69‐68‐68、11アンダーで優勝、今シーズン3勝目、ツアー32勝目を飾る。 賞金ランキングの3位は変わらないが、上位のドイル、フラッシャーとの差は縮まってきた。 青木功は4アンダー(69-73-70)で7位に入賞。 賞金ランキングを上げ、ツアー選手権出場をほぼ確定にさせた。 最終戦のツアー選手権には賞金ランキング31位までの選手が出場できる。 山本善隆は8オーバー(76-76-72)と奮わず、64位。 シニアツアーも残すところあと3試合。
賞金ランキング : 青木 功 24位 ($676,735) 20試合出場
山本 善隆 86位 ($120,982) 11試合出場

★ ヨーロピアンシニアツアー Dan Technology Senior Tournament of Champions
ジャマイカ出身のデルロイ・カンブリッジが嬉しいツアー初優勝を飾る。イングランドのメアーGCCを69‐67‐69(8アンダー)で回る。 カンブリッジの賞金ランキングは9位にジャンプアップ。 現在、賞金ランキング4位の海老原清治と準メンバーの岡庭一芳は出場していない。 海老原清治は先週宮城県で行われた日本プロシニア選手権に出場、2位になった。 岡庭一芳はアメリカに戻って、USシニアツアー Qスクールに備えて練習中という情報。

★ LPGAツアー Samsung World Championship
20人の招待選手が出場したサムソン世界選手権を制したのはツアー2年目、フィリピン系アメリカ人のドロシー・デラシン。 デラシンは21歳で去年の新人王を獲得している。優勝スコアーは11アンダー(70‐71‐67‐69)。 注目された賞金ランキングトップのソレンスタムは10位、朴セリとウエッブはデラシンとは4打差の2位で終了。JLPGAツアーの賞金ランキングトップにいる天沼知恵子にも招待状は来ていたが、テロ事件の影響もあり、参加はしなかった。
賞金ランキング: 福嶋晃子 45位 ($239,414)
小林浩美 73位 ($122,230)

★ フューチャーズ 女子ツアー 【 シーズン 終了 】
2001年シーズンの20試合は全て終了。 賞金ランキングトップは アメリカのベス・バウワー、4勝をして獲得賞金は$81,529。 日本人選手では シーズン8試合目ミシガンでの試合に優勝した中島真弓が14試合に参加して$34,607を稼ぎ、ランキング6位と健闘する。 全米女子オープンにも出場した 石井明子(リンダ石井)は21位、小山美保(デビー小山)は27位という最終順位でシーズンを終了した。フューチャースツアーは2002年シーズンの為の予選会(Qスクール)を11月に予定している。

【 今週の PREVIEW 】 10月11 ‐ 14日
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!