2002/01/17

世界で活躍する日本選手たち(1/10-1/20)

-------------------------------------------- 最終予選までシードされる日本人は 木村忠昭、深沢直人、坂倉俊哉、土山陽源、辻村明志、坂上真之、貞方章男、白石達也の8名。 最終予選で40位まで入るとジョイント共同開催3試合以外のほぼ全試合
2003/12/12

国内男子Qスクール最終日

-73-75) 79/+8/坂上真之/440(75-72-71-73-77-72) 80/+8/岡地直紀/440(74-70-72-73-76-75) 81/+9/萩原浩一/441(72-76-73
2001/08/09

世界で活躍する日本の選手たち(8月2日-8月12日)

・チャンド、P.マークセン、などが久々の参加。 日本からは現在賞金ランキング51位につけている石垣聡、清水一浩、辻村明志(ハルユキ)、上田友昭、坂上真之、市原弘大、深澤直人、坂倉俊哉、篠田宗一郎 ら10人
2001/09/13

世界で活躍する日本の選手たち(9月6日-9月16日)

)。 石垣聡は78-81で予選落ち。 (今週は50位まででカット) 試合終了後のランキングを見ると石垣聡が48位(8試合に出場 $19904)、柳沢克巳が55位、深沢直人が68位、倉本泰信72位、坂上真之
2002/12/10

国内男子Qスクール最終日

来季2003年国内男子ツアーへの参戦権をかけたクオリファイングスクールが、高知県にあるKochi黒潮カントリークラブで12月5日から10日までの6日間行われ、谷原秀人がトータル8アンダーでトップ通過を果した。注目の選手では、ツアー6勝を誇る川岸良兼がトータル2アンダーで12位フィニッシュ。 2003年度のツアーメンバー資格を取得できるのは、上位90位タイまでのプレーヤーとなる。上位者のランキングにより2003年度のツアートーナメント及びチャレンジトーナメントの出場資格及び出場優先順位を獲得する。 ※2001年度のツアートーナメントに出場できた、各順位別の出場試合数実績は以下の通り 27試合中 ...